Jaleel Shaw / Soundtrack of Things to Come

1

Jaleel Shaw (as, ss)
Lawrence Fields (p)
Boris Kozlov (b)
Johnathan Blake (ds)

Rec. December 28-29, 2011, at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: Joe Marciano (Changu Records CR002)

濃厚なブラック・フィーリングを浴びる

 ブラック・フィーリングあふれるコンテンポラリー・ジャズだ。濃厚にうねるモーダルなM-1を聴いただけで思わずノックアウトされそうになる。若手アルト奏者、ジャリール・ショウが今年3月にリリースしたばかりの最新サード・アルバムである。トータル志向の彼らしく、全10曲すべて自身によるオリジナルだ。

 前作 「Optimism」 ではアンビエントやミニマルミュージックの要素を入れ、「いろいろやってみました」 的な多彩さを見せた。そこが逆に聴く人を選んだが、本作はよりまっすぐジャズ寄りに仕立てられている。この剛球一直線ぶりなら前作で腰が引けた人も入りやすいだろう。

 楽曲のバリエーションも豊富で、同じことを二度やらないショウの才能が発揮されている。例えばM-2ではベースのリフをうまく使いアルバムにアクセントをつけているが、同じパターンは出てこない。ただ大人しいだけで退屈なバラードのM-3や、M-10では静かな前半部分を5分以上も引っ張り、なかなか山場に行かないなど凝り過ぎなアレンジに一部疑問もあるが、総体としてはかなり高水準をマークしている。

 メンバーは、まずピアノにローレンス・フィールズ。彼はバークリー音大に入学し、二学期で同校のジェームズ・ウィリアムズ賞を受賞した初の若手ビアニストだ。今年6月には渡辺貞夫カルテットの一員として、中村恭士 (b)、グレッグ・ハッチンソン (ds) らとともにニューヨークで開かれたブルーノート・ジャズフェスティバルに出演している。

 一方、ベースはアレックス・シピアギン (tp) との共演で知られる業師、ボリス・コズロフ。ドラムスは、ショウのファースト盤やセカンド作にも参加しているジョナサン・ブレイクである。

 キラーチューンは冒頭でも触れたM-1のほか、明るいメロディの静かな幕開けから次第に激しく盛り上がるM-4、のたうつ前半のリズムがおもしろいM-6、疾走感のあるスタイリッシュな4ビートのM-8、ソプラノ・サックスが涼やかなM-9あたりだ。

 プレイヤー別でみると、本盤はローレンス・フィールズというピアニストを世界が発見した作品になるだろう。抑えた調子になってから始まるM-1のピアノ・ソロは猛烈にかっこいいし、M-6とM-8のモーダルなソロもすばらしい。ともすれば渋すぎるM-7に輝きを与えているのも、中盤で繰り出される彼の秀逸なソロ・プレイである。

 そして最後になんといっても光るのはジョナサン・ブレイクのドラミングだ。ショウの初リーダー作では力まかせなパワーヒッター的な印象だったが、その後の進歩が目覚しい。M-1やM-8のぶっちぎりなソロ的プレイはわかりやすいが、ほかにも例えばM-2ではベースのリフに反応し絡んで行くドラミングが絶妙だ。楽曲に表情をつけるのがすごくうまい。彼のクリエイティヴなプレイにより、それぞれの楽曲に異なる目鼻がくっきり入り、曲のもつ個性がひときわ際立っている。

 実は本作を半分ほど聴いたあたりで、ブレイクのリーダー盤 「The Eleventh Hour」 (2012年、レヴュー記事はこちら) を思い出した。この2枚は明らかにR&Bやゴスペル、ファンクなどブラック・ミュージックを通過してきた黒人ミュージシャンでなければ作れない作品であり、彼らの間から次なる新しいジャズが生まれてくるのかもしれない、という可能性を強く感じた。

【関連記事】

『Jaleel Shaw / Perspective』

『Jaleel Shaw / Optimism』
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Jaleel Shaw / Optimism

Jaleel_Shaw_Optimism

Jaleel Shaw (as)
Lage Lund (g)
Robert Glasper (p, except 3,5,9, Rhodes on 2,4,6,8)
Joe Martin (b)
Johnathan Blake (ds)
Jeremy Pelt (tp on 7, flh on 11)

Rec. June 25-26, 2007, at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: Joe Marciano (Changu Records CR001)

音楽的な多様性を見せたメロウな快作

 アルト奏者、ジャリール・ショウが、2008年にリリースした2枚目のリーダー作だ。前々回にレヴューしたファースト・アルバムとくらべアンビエントで静かな楽曲も目立つが、テーマをばっちり決めた4ビートなどもあり満足度は高い。ショウが音楽的な多様性を見せつけた意欲作だ。

 ショウのオリジナルが9曲、スタンダードが2曲の計11曲。キメを多用したテーマがかっこいい4ビートのM-1に、浮遊するリズムが妖しい3拍子のM-3、ロバート・グラスパーがメロウなローズピアノを聴かせるM-4、ジェレミー・ペルトのトランペットが利いたM-7、シリアスでフュージョン的なM-10がいい。

 メンバー的には、ベーシストが前作のヴィセンテ・アーチャーからジョー・マーティンに替わり、新たにトランペッターのジェレミー・ペルトが2曲参加している。あとは前回と同じメンバーだ。

 ドラマーのジョナサン・ブレイクは前作とくらべ、バタバタした「あたふた感」がなくなり、プレイが落ち着いた。いい意味で力を抜き、抑えた演奏をするようになったようだ。相変わらず音数は少なくはないが、以前とちがい枯れた味わいが漂ってきた。

 また前作で抜群のメロディーセンスを発揮したギタリストのラーゲ・ルンドは、本作ではややサポートに回っている(M-5のソロは美しいが)。個人的にはルンドのソロがもっと聴きたいが、静的な楽曲を増やした関係上しかたないだろう。

隠れた主役はアンビエントな安らぎ感だ

 ルンドがバッキングに回ったこととも符合するが、今回のアルバムを象徴しているのは冒頭で挙げた派手な楽曲ではない。スローバラードのM-8であり、アンビエントなM-9、ミニマルミュージック的なM-11である。悠久の母なる海をゆらゆら漂うような、心地よくリラックスできる楽曲群だ。前作でも一部、「こっち系」の片鱗は見えたが、今回はそれが全面開花した感じである。

 一方、M-6はラップ的なビートだが嫌味にならず、たゆたうようなノリを気持ちよく聴かせる。若い黒人ジャズマンはとかく新しいことをやりたがり、ヒップホップやエレクトリックな要素を取り入れるなどして自己崩壊するパターンが多い。だがショウの場合はそうした要素を、あくまでピリッと利いたワサビ程度に留めているところがうまい。

 さて本作のキーマンはズバリ、ピアニストのロバート・グラスパーである。アコースティック・ピアノのみだった前作から今回は一気に4曲でローズを採用しており、サウンド面でかなりの化学変化を生んだ。グラスパーの操るローズが独特のメロウな音色をいかんなく発揮し、これがアルバムのカラーを決定付けている。

 シングルカット向けのメロディアスな要素やノリのよさでは前作が鮮烈だが、本作は一度ハマると飽きない味わい深さがある。冒頭で挙げたキャッチーな楽曲とミニマル&アンビエントな楽曲、それにスタンダードをアレンジした王道系の楽曲がばっちりハーモナイズしている。

 アルト奏者としてだけでなく、コンポーザー、メロディメイカーとしての才能も見せつけたショウは、次はいったい何をプレゼントしてくれるのか? 今年発売されるサードアルバムがいよいよ楽しみだ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Jaleel Shaw / Perspective

Jaleel Shaw Perspective

Jaleel Shaw (as)
Mark Turner (ts, on 8, 10)
Lage Lund (g, except 8, 9)
Robert Glasper (p, except 9)
Vicente Archer (b)
Johnathan Blake (ds)

Rec. February 12-13, 2004, at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: James Farber (FSNT 222)

ポスト・バップへの回答

 ミンガス・ビッグバンドやロイ・ヘインズのグループで頭角を現したフィラデルフィア生まれのアルト奏者、ジャリール・ショウが2005年にリリースしたデビュー盤だ。

 ショウの手によるオリジナルが7曲、その他3曲の全10曲。冒頭からメロディーが耳に残る明るい佳曲が続く。なかでもコンテンポラリーで軽やかなM-1、哀感漂うメロディアスなM-2、気だるいミディアム4ビートのM-3、キメを多用したノリのいいM-5が印象に残った。(M-1イントロでのロバート・グラスパーのピアノが、モロにメルドーの手クセそのものなのが微笑ましい)

 楽曲だけでなくメンバーもいい。2005年モンク・コンペで優勝したラーゲ・ルンドのギターはどの曲もすばらしい。特に導入部がわくわくするM-1のソロはリズムが面白く、M-2のアドリブは構成がいい。

 グラスパーのピアノがリズミカルに爆発するM-5では、ドラマーのジョナサン・ブレイクが背後でドカドカ煽るわ、煽るわ。彼のバタつくドラミングは個人的には好みじゃないが、非常に個性的なドラマーといえる。このほかコルトレーン曲をショウがアレンジしたM-8、M-10の2曲でマーク・ターナーが参加しているのも話題だ。
 
 ただひとつ文句をいえば、低域がモワつき、ベースのフレーズが聴き取りにくいのがいただけない。(ヴィセンテ・アーチャーはもっとエッジの利いたベースを弾く。音がボケているのはたぶんエンジニアのせいだろう)。だがそんな音質面のマイナスを差し引いても、やっぱりもう一度聴きたくなるコンテンポラリー・ジャズの好盤だ。

 なおショウは2作目の「Optimism」(2008年、レヴュー記事はこちら)に続く最新サードアルバムを録り終えたばかりで、2012年中にリリースする予定のようだ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR