【’90~2000年代・名盤100選】Chris Potter Quartet / Sundiata

​Chris_Potter_Quartet_Sundiata

Chris Potter (ts, as, ss)
Kevin Hays (p)
Doug Weiss (b)
Al Foster (ds)

Recorded: December 13, 1993 at RPM Studio, NY
Engineer: Max Bolleman (Criss Cross 1107)

コンテンポラリー・ジャズはここから始まった

 いまをときめくコンテンポラリー・ジャズの雄、サックス奏者クリス・ポッターが1995年にリリースしたCriss Crossレーベル第2弾。92年に同レーベルで録音した『Presenting Chris Potter』でアルバム・デビューした彼が、まだ初々しかった初期の名盤だ。

 当時スティーリー・ダンのバック・バンドにも参加していた新鋭ポッターが「まだこれから」の時期である。本盤ではケヴィン・ヘイズ・トリオをバックに、ワンホーン・カルテットの編成で聴かせる。ドラマーはマイルス・デイヴィスとの共演で知られるアル・フォスターだ。

 この2nd盤は、エネルギッシュなプレイで知られる猛獣ポッターの「静の顔」が見られる、という意味で非常に貴重だ。

 といっても別につまらないバラードばかりで構成されているわけじゃない。ここでのポッターは決していまのように激しくブロウしないが、それはあくまで現在の彼とくらべてであり、またプレイスタイル上だけでの話だ。収録されている楽曲自体はどれもコクのある佳曲ばかりが揃っている。

 自身のオリジナル6曲に「Body and Soul」、ソニー・ロリンズ「Airegin」を加えた合計8曲。リリースから20年以上経たいま聴き直しても、色褪せるどころか作品としての完成度が傑出していることに驚かされる。まさにコンテンポラリー・ジャズはここから始まったのだ。

 個人的には、2000年代に彼が結成する奇をてらった「クリス・ポッター・アンダーグラウンド」などより本盤のほうがはるかに好みだ。本作が録音された93年といえば、まだあのブラッド・メルドーでさえ初期のころ。コンテンポラリー・ジャズを探求するなら、まずはこの作品からという感じである。

 クリス・ポッターは1971年イリノイ州シカゴ生まれ。11才でアルト・サックスを始め、高校卒業と同時にニューヨークへ移住した。ニュースクールに入学後、マンハッタン音楽院に編入。22歳の時に加入したミンガス・ビッグバンドでの演奏をたまたま観たウォルター・ベッカーがひと目惚れし、1993〜94年のスティーリー・ダンのツアーに参加した逸話は有名である。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Chris Potter / The Sirens

1

Chris Potter (ts, ss, bcl)
Craig Taborn (p)
David Virelles (prepared piano, celeste, harmonium)
Larry Grenadier (b)
Eric Harland (ds)

Rec. September 2011, at Avatar Studios, NY
Engineer: James Farber (ECM 2258)

クリス・ポッター、ECM初リーダー作の出来栄えは?

 なんかクリス・ポッターとECMってイメージ的に結びつかない。で、「ハズしそうだなぁ」とリリース後しばらくためらっていたのだが、結局買ってよかった。このエリック・ハーランドの重いドラミングを聴けるだけで幸せだ。そんなポッターの最新作である。

 ポッターはポール・モチアンのリーダー作「Lost in a Dream」(2010)で客演して以来のECMだ。いかにもECMっぽい、よくいえば叙情的で余韻を生かした(退屈な)曲が数曲散らばっているのには閉口するが、残り3分の2ではハーランドのずっしり重いドラミングが堪能できる。そのノリと緊張感は、最近リリースされたアレックス・シピアギンの傑作「Overlooking Moments」(レヴュー記事はこちら)に近い。

 半透明の濁った水中を泳ぐ海の精(セイレーン)が目の当たりにした光景を音にしたような感じ。アルバムタイトルになっているギリシャ神話のセイレーンは半女半鳥の美女で、その美しい歌声で近くを通る船乗りを誘い船を難破させた。リスナーを幻惑し、誘惑する罠を仕掛けてくるような演奏だ。

 メンバーはサックスにクリス・ポッターのほか、ピアノがクレイグ・テイボーン、プリペアード・ピアノ(グランドピアノの弦にゴム等をはさんで音色を変えたもの)にキューバ出身のダヴィ・ヴィレージェス。リズム隊はラリー・グレナディアとエリック・ハーランドの黄金コンビだ。

 ポッターのオリジナル8曲に、メンバーのテイボーンとヴィレージェスが共作した1曲の合計9曲。M-1の勇壮なダイナミズムとM-6のサンバ的な明るさが特にいい。ほかにシュールな幕開けから複雑な展開に雪崩れ込むM-2の妖しさ、美しいバラードのM-4、儚くやるせないM-5も目を引く。

 テナーとピアノ、ドラムの演奏は非常にいいが、個人的にはベースのグレナディアは特に彼である必然性が感じられない。持ち前の重さと太さはあるが、まあいえば仕事でこなしてる普通のプレイだ。名前を貸した意味が大きいのだろうが、元メルドー・マニアとしてはちょっと寂しい。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR