スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

David Binney / Graylen Epicenter

1

David Binney (as, ss, vo)
Gretchen Parlato (vo)
Ambrose Akinmusire (tp)
Chris Potter (ts)
Wayne Krantz (g)
Craig Taborn (p)
Eivind Opsvik (b)
Brian Blade (ds)
Dan Weiss (ds)
Kenny Wollesen (per, vib)
Rogerio Boccato (per)
Nina Geiger (vo)

Released. 2011, at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: Mike Marciano (Mythology Records MR0008)

キラ星のようなメンバーが眩しいビニーの力作

 アルト奏者、デヴィッド・ビニーが (おそらく) 自分のやりたいことをやった上で勝負した作品としては最高ランクに位置するのではないか? あのクリスクロス・デビューを飾ったアルバム 「Bastion of Sanity」 (レヴュー記事はこちら) がセールスを考えた上での 「狙った傑作」 だとすれば、本作は彼が真っ向勝負してできた傑作といえるだろう。

 ヴォーカルあり、白熱の掛け合いあり、10分を超す長大な楽曲あり。アレンジも凝りまくりでバラエティに富む。7分以上もあるM-9のように盛り上がりながら難解モードに突入しても、途中で曲調をガラリと変え、聴き手を飽きさせない工夫をしている。翳りを帯びたメロディとちょっとシュールな雰囲気はいつも通りだが、「今回は引き出しを全部あけました」という総まくり感が賑々しい。

 全10曲すべてオリジナル。クリス・ポッター (ts) 以下、多彩な参加メンバーがそれぞれよさを発揮している。ウェイン・クランツ (g) はM-2で、空間を感じさせるスペイシーなギターソロを弾く。M-3ではビニーとクレイグ・テイボーン (p) が渾身のバトルを繰り広げ、かたやM-8ではグレッチェン・パーラトが相変わらずのワン・アンド・オンリーな痺れるヴォーカルを聴かせている。

 圧巻は2人のドラマー、ダン・ワイスとブライアン・ブレイドによるM-1とM-9のツイン・ドラムスである。M-1は壮大なスケール感で、M-9は楽曲冒頭の掛け合いの妙味がとても効果的だ。

 ワイスに刺激されたのか、ブレイドのドラミングがすごくいい。M-3のバスドラを踏むタイミングやリズムパターンもおもしろい。ひさしぶりにブレイドのすごさを聴かせてもらった感じだ。

 レコーディング・エンジニアは、名手マイク・マルシアーノ。だが惜しいかな、音が中高域に偏り低域が弱いため、アイヴィン・オプスヴィークが弾くベースに量感が足りない。また曲によってはドラムも遠い。

 例えばM-5とM-6ではドラムの音量がけっこう違う。そのため 「アルトはすごく手前で聴こえるが、ドラムははるか後方で鳴っている」 みたいな現象が起こる。まあそれだけ「奥行き感がある」ともいえるが、低域の量感不足を除けば解像感もあり音質はいいだけにもったいない感じがした。

【関連記事】

『David Binney / Barefooted Town』
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

David Binney / Bastion of Sanity

1

David Binney (as)
Chris Potter (ts)
Jacob Sacks (p)
Thomas Morgan (b)
Dan Weiss (ds)

Rec. April 28, 2004, at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: Max Bolleman (Criss Cross 1261)

熱くエネルギッシュな新境地を見せたビニーの傑作

 クリポタとビニーの熱いバトルが聴ける優良盤だ。暗くシュールな独特の作風で一部の固定ファンに支持されてきたアルト奏者のデヴィッド・ビニー。そんなアンダーグラウンドな彼がメジャー志向をのぞかせ、クリスクロス・レーベルからのデビュー作としてぶっ放したのがこのメガトン爆弾だった――。過去の路線から一転し、明るくエネルギッシュに弾けた快作である。

 参加メンバーは爆裂番長クリス・ポッター (ts) のほか、ピアノに端麗辛口ジェイコブ・サックス。リズム隊は最近出番の多いトーマス・モーガン (b) と、七色のパターンを持つ業師ダン・ワイス (ds) がコンビを組む。

 本作はレーベル・デビューを意識してか、ビニー作品にしては親しみやすくキャッチーな内容だ。人気者のポッターをフィーチャーし、フロント2管が元気に大暴れする。

 そのウラで全体のノリを支配するのはドラマーのワイスだ。テーマやキメに合わせた巧妙なドラミングで、楽曲に山あり谷ありの起伏をつけて行く。フロントがリードするリズムパターンと、ワイスとの絡みに注意して聴くと楽しめる。

 オリジナル7曲のほか、ウェイン・ショーター、デューク・エリントン作品を収めた合計9曲。よく聴くとM-2やM-7のようにヘビーな曲もやっているが、冒頭と中盤にメロディーが覚えやすくノリノリのM-1とM-4をバランスよく配したおかげで全体のイメージが明るくなった。特に2管の掛け合いでドシャメシャになるM-5には大ウケだ。

 また中にはM-6のように古典的なバラードまであり、通して聴くとかなり硬軟取り混ぜた構成になっている。そのためビニーが本来やりたい難解なことをやりながらも、聴く人を選ばずわかりやすいアルバムに仕上がった。

 ビニーは1961年マイアミ生まれ。初リーダー作は 「Point Game」 (1989) 。90年代初めにニューヨークへ進出し、現代ジャズシーンの先端に長く立ち会ってきた通好みのプレイヤーだ。本作はそんなビニーが新しい一面を見せつけた記念すべき1枚である。

【関連記事】

『David Binney / Graylen Epicenter』

『David Binney / Barefooted Town』

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

David Binney / Barefooted Town

1

David Binney (as, voices)
Ambrose Akinmusire (tp)
Mark Turner (ts)
David Virelles (p)
Eivind Opsvik (b)
Dan Weiss (ds)

Rec. November 15, 2010, at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: Michael Marciano (Criss Cross 1335)

複雑なリズムパターンが織りなす先鋭的3管セクステット

 複数の管をうまくアレンジした複雑なテーマが続く。随所に顔を出すリフレインが効果的だ。トリッキーな音を使いながら、メロディラインとキメを聴き手の脳に刷り込んで行く。アルト奏者、デヴィッド・ビニーのクリスクロス・レーベル5作目だ。

 主役のビニーは、ときにブルックリン先端系のプレイヤーらしからぬエネルギッシュなソロを取る。逆にアンブローズ・アキンムシーレ (tp) はクールに醒めたひねりのある演奏をしている。マーク・ターナー (ts) はいつもの調子だ。淡々と熱くならず、抑制的でストイックな自分の美学を貫いている。またキューバ出身の若手ピアニスト、ダヴィ・ヴィレージェスも今っぽく枯れた味わいの思索的なピアノを弾く。

 彼らがソロを取る間、リズム隊が絶妙のコンビネーションで一定のモチーフを描きながら自由度の高い動きをする。いかにも現代ジャズらしい。ドラマーのダン・ワイスが繰り出すリズムパターンと、テーマを奏でる管とのリズミカルな絡みもおもしろい。ワイスのクリエイティヴィティがひときわ光っている。ベースのアイヴィン・オプスヴィークとの呼吸もぴったりだ。

 全7曲すべてオリジナル勝負。これもNYコンテンポラリー・シーンではよく見かける。内省的で翳りがあり、ちょっとシュールで先鋭的な楽曲が並んでいる。特に6人のメンバーをめまぐるしく動かす計算されたアレンジには耳を奪われる。

 レコーディング・エンジニアは、名手ではあるも最近、デキ不出来の激しいマイケル・マルシアーノ。だがご安心あれ、本盤は大当たりだ。音像がクッキリ生々しく、サウンドステージの立体感も申し分ない。なぜこの人はこんなに波があるのかホントに謎だ。

【関連記事】

『David Binney / Graylen Epicenter』

『David Binney / Bastion of Sanity』

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。