スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mike Moreno / Another Way

mm_a

Mike Moreno (el-g, ac-g)
Aaron Parks (p)
Warren Wolf (vib)
Mat Brewer (b)
Ted Poor (ds)

Chris Dingman (vib on 4)
Jochen Rueckert (ds on 1)

Rec. Aug 17-18, 2009 & Aug 16, 2011, at Avatar Studios, NY
Engineer: Anthony Ruotolo (World Culture Music)

モレノが仕掛ける夢幻の世界

 夢見るように時が過ぎて行く4枚目のニューアルバムだ。カート・ローゼンウィンケルを継ぐ若手No.1ギタリスト、マイク・モレノが仕掛ける夢幻の世界にたっぷり浸れる。翳りと愁いのある眩暈のしそうな佳曲が続き、コンテンポラリー・ジャズファンにはたまらない。

 テイスト的にはダークでミステリアス、ふんわり浮遊するノリが特徴だ。まだ彼が現代ブルックリン派丸出しでソフィスティケートされてなかった頃の初リーダー作 「Between The Lines」 (2007) に近いが、よりエレクトリックで線の太い演奏を楽しめる。

 本作は、ネットユーザにアルバム制作費のカンパを呼びかける資金調達サイト 「KICKSTARTER」 から生まれた。先日リリースされたジョナサン・ブレイクの新作といい (別頁あり)、この種のシステムでこのレベルの作品が誕生するのは歴史的だろう。インターネットのおかげで世の中はすごいことになってきた。

 参加メンバーはヒット作請負人のアーロン・パークス(p)のほか、ウォーレン・ウルフ(vib)の顔も見える。リズム隊は若手ベーシストのホープ、マット・ブリューワー(b)と、リーダー作 「All Around」 (2004) もあるNYの若手ドラマー、テッド・プワ(1981年生まれ)だ。ヨッケン・リュッカート(ds)も1曲だけ参加している。

楽曲の求心力が強くコンポジションに惹きつけられる

 全9曲すべてがオリジナル。自分の色を出し、ヘンにセールスを考えてないコンポジションだ。ピアノが光るM-1や、メランコリックなM-3~6が味わい深い。要所でパークスが絶妙のソロとバッキングを決めている。特にM-1、M-6、M-9のソロを聴いてほしい。

 おそらくパークスは、アレンジ面など裏であれこれ動いているのだろう。その証拠にキラー・チューンのM-6は、同じくパークスの参加作であるウィル・ヴィンソンの 「Stockholm Syndrome」 (2010) を思わせるアレンジが随所に見えた。モレノとパークスは雰囲気作りも近く、持ち味的に相性バッチリだ。

 もちろん主役のモレノは陰影感のあるいつものソロを連発している。特にM-4やM-6、M-9のパークスにインスパイアされたかのようなプレイは神々しく、神様が出そうだ。柔らかく広がりのあるバッキングもいい。ヴィブラフォンのウォーレン・ウルフもモレノ色に合わせて仕上げているし、ベースのマット・ブリューワーが非常にうまく曲の骨格を作っている。

 ドラマー2人は曲別のクレジットがないが、どの曲のドラマーがどっちかなんてどうでもよくなる。それほど楽曲の求心力が強く、コンポジションに惹きつけられる。

 ミディアム~スローの似た曲調が続き、やや変化に乏しいが、そんなこともどうだっていい。ただひたすら味わうのみ。ぶっちゃけ、過去作でいちばんキャッチーだったカバー中心のセカンド盤 「Third Wish」 (2008) みたいな親しみやすさはない。リスナーを突き放し、聴き手を選ぶ作品である。だがそのぶん飽きにくく、いつまでも味が出るスルメ化の香りも漂う。というか、まちがいなく最高傑作といっていいデキだ。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。