Brad Mehldau Trio / Ode

bm_o

Brad Mehldau (p)
Larry Grenadier (b)
Jeff Ballard (ds)

Rec. November 17, 2008 & April 19, 2011, at Avatar Studios, NY
Engineer: James Farber (Nonesuch 7559-79628-4)

ブラッド・メルドーと神の終わり

 泣く子も黙るブラッド・メルドー・トリオの最新作である。だがそこにはリスナーを戦慄させ、畏怖の念すら覚えさせた、あのメルドーという名の神はいない。ブラッド・メルドー「のような何か」があるだけだ。

 ひとことでいえば、ルーティン・ワークにいそしむ60代の老人たちのような演奏である。

 方向性としては明快で、単純に「Day Is Dane」 (2005年録音) 、「Live」 (2006年録音) の延長線上にある音だ。だが決してあれらのアルバムを上回るデキではない。(というか、あれらのアルバム自体、その前時代のような革新性や新規性はない)

 本作にはあの「Places」 (2000年録音) や、「House on the Hill」 (2002年10月に「Anything Goes」と同時録音) のように、「おや、ここには何か得体の知れないストーリーが隠されているようだぞ」と思わせるような、底知れなさはまったくない。あの頃のように時代を切り開き、何か新しいものを創造しようとしていたエネルギーはみじんも感じられない。メルドーという一定の方法論にのっとり、拡大再生産したただの楽曲群がころがっているだけだ。

 本作には「おお、ここ、いかにもメルドーっぽいな」と思わせる瞬間が数多くある。逆に言えばどれも、過去にメルドーの諸作で聴いたことのあるメルドー節だ。天才メルドーには明らかな手クセなんて2つくらいしかなかったと思うが、本作は手クセと思われるフレーズや聴いたことのある導入部、サビ、コード進行の連発だ。それらはあたかも本作がメルドーのパロディー集であるかのように何度も繰り出されてくる。拡大再生産とはそういう意味だ。

 私は別に、ギミックたっぷりで目新しい奇抜なものを求めているわけではない。拡大再生産として本作を見ても、その雛形になった原型(過去の諸作)を上回るものでは明らかにない、ということだ。これはいわば抜け殻であり、結局は黄金時代を共有したロッシと袂を分かったことが「終わりの始まり」だったのか、という気がする。

 これがそのへんのバンドなら、「なかなかのもんだね」ぐらいには褒められるのだろう。だがこれはそのへんのバンドではない。ブラッド・メルドー・トリオなのだ。リスナーには当然、「今度はどう驚かしてくれるのか?」という過大な期待がある。そのプレッシャーをことごとく跳ね返し、期待通りか、あるいはそれ以上に毎回リスナーの腰を抜かせ続けなければならないのだ。

 考えてみれば、「ブラッド・メルドーという仕事」は大変である。

 かつて私はメルドーを熱心に追いかける「メルダー」だった。90年代以降の新しいジャズを聴き始めたのも、メルドーに出会ったのがきっかけ(別頁あり)だった。

 だが「Highway Rider」 (2010) を店頭で全曲試聴して以降、その「Highway Rider」を含めて以後メルドーの作品はすべて完全スルーしてきた。「もう終わった」と思ったからだ。(おまえは 「Largo」 (2002) を知らないのか? などといわないでほしい。そういう問題じゃないのだ)。

 そして本作を聴くという作業は、結局その「終わりの確認」でしかなかった。

 そのうち彼らはキース・ジャレットの「年金トリオ」みたいになって行くのだろうか。メルドー・トリオという金看板があれば、「スタンダーズ・トリオ」と同じで一生食いっぱぐれなんてないだろうし、それもまたひとつの人生だろう。だれにもそういう生き方を批判する権利なんかない。

 最後に気になるのは、なぜ録音が2008年11月17日と、2011年4月19日の2回に分断されて行われたのか? ということだ。それが気になる。おそらく何かトラブルがあったのではないか? 2008年に録音した後いったんトリオが空中分解しかけ、その後なんとか持ち直して2011年に追加録音した上で形だけ整えた、とか何とか。そうすればこの抜け殻ぶりにも合点が行く。

 一応、各曲の印象も書き残しておこう。

【M-1】

 冒頭を一聴し、「そう、これ、あのメルドーっぽい」と思わせる感触のナンバー。だが逆にいえばメルドーの手クセを切り張りしたかのような曲だ。ベースラインは前出「Live」の M-1 の変形のようなリフ。断片をうすく引き伸ばしたような曲だ。というより、曲ではなく断片の引き伸ばし、か。

【M-2】

 ロマンチックなメロディー。随所にメルドー香が漂う。これは文句なく美しい。

【M-3】

 メルドーっぽい断片のただの繰り返し。ときどき「House on the Hill」の破片が顔を出す。どこかの大学の軽音楽部の子が3人集まり、その場でテープを回しました、みたいな感じ。

【M-4】

 メロディアスではあるが、コード進行はありがちなパターンだ。ミュージシャンの間で「黄金パターン」と呼ばれるコード進行である。すなわち「この進行通りにコードを組み立てれば必ずかっこよくなる」というマニュアルにのっとった曲だ。メルドーなら、足で弾いてもこの程度はできるのだろう。

【M-5】

 ブルースっぽいナンバー。M-1やM-3とちがい起承転結がある。ただしこの曲はキーさえ決めれば5分でできる曲だ。

【M-6】

 またもよくあるコード進行。この曲あたりから、印象をメモる気が失せてきた。この楽曲と同じく気持ちがフェイドアウトしそうだ。

【M-7】

 このベースラインを聴いているうち、なにか物悲しいこっけい感を覚えてきた。これがあの、私の前に超然として聳え立っていたラリー・グレナディアなのだろうか?

【M-8】 パターンナリズムの極致。ノーコメント。

【M-9】 数合わせの捨て曲。時間のムダ。

【M-10】

 冒頭を一聴し、「そう、この感じ。これ、メルドーっぽい」という懐かしい感情がわく。M-1の頭を聴いたときと同じ感じだ。だが逆に言えばこれはメルドーの手クセの集積であり、拡大再生産にすぎない……と思ったらすぐ終わった。

【M-11】 本作ではいちばん楽曲らしいか? メルドー節が聴ける。


(追記)

 本作は前々回で辛めに採点した「Introducing Joe Sanders」 (別頁あり)と同じく、メルドーを知らないふつうの人がふつうに聴いたらふつうに楽しめるアルバムだ。あるいはメルドーの作品なら何でもいい恋は盲目なファンが、メルドーの名場面集として聴くにも楽しい。偏屈者の戯言は話半分で聞いておいてほしい。

【関連記事】

「天才に賞味期限はあるか? -ブラッド・メルドーの軌跡」
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR