Ralph Alessi / Cognitive Dissonance

Ralph Alessi_Cognitive Dissonance

Ralph Alessi (tp)
Drew Gress (b)
Jason Moran (p)
Andy Milne (p on 7, 12)
Nasheet Waits (ds)

Rec. September 10-11, 2004 and December 19, 2005, at Context Studios, NY
Engineer: Bobo Fini (Cam Jazz CAMJ 7827-2)

ジェイソン・モランの「隠れ名盤」である

 サンフランシスコ交響楽団出身で、M-BASSを通過してきたトランペット奏者、ラルフ・アレッシが2010年にリリースしたリーダー作だ。

 フリー人脈のメンバー構成だが、演奏はマニアックなひとりよがりに終わっていない。アヴァンギャルドでやや難解なのはM-9だけ。どの曲もメロディーが非常によく、退屈な楽曲は1曲もない。とてもエキサイティングな作・編曲能力である。また才人、ジェイソン・モランのピアノを楽しむアルバムとしても聴ける。ひと粒で二度おいしい作品だ。
 
 アレッシのオリジナルが11曲、メンバーとの共作が2曲、その他2曲の全15曲。3分台の短い曲が多く、変拍子の曲もあるが畳みかけるように一気に聴かせる。

 アレッシはなんというか、フェリーニの映画に出てくるような、ヨーロッパの片田舎を巡業する鄙びたサーカスの音楽隊みたいな味わいの曲を書く(どないやねん)。きっとユーモアのセンスがある人なのだろう。冒頭からいきなり大仰でこっけいなメロディーをトランペットが奏でたかと思うと、後を引き継いだジェイソン・モランが必殺のピアノソロを決める。このM-1でつかみはOKだ。

 個人的にいちばんのキラーチューンはM-10だった。ドラムスのリズムキープで始まり、次にベースとピアノが「せーの」で入るのだが……この2楽器がインした瞬間にドッと鳥肌が立つ。モランの挑発的な音の選び方と、のたうつようなベースのリフレインにはまったく痺れる。

 かたやモランのピアノに目を移せば、脳天ワシづかみなソロを取るM-2に、ベースが打ち出すフレーズに呼応したシュールなM-4、間を生かしたソロが鮮烈なM-5もいいし、M-10はバッキング時の音の使い方が絶妙だ。このCDは彼のピアノを聴くだけでも価値がある。本当にすごいピアニストである。

 さてこんなふうに楽曲のよさとモランのプレイに目を奪われがちになるが、実はこのアルバムで重要な役割を演じているのがベースのドリュー・グレスである。

 彼はリフレインを効果的に使い、ちょっと奇妙で耳に残る印象的なフレーズを提示する。それにナシート・ウェイツがフリーっぽく崩したドラミングで応じる。で、この土台の上にモランとアレッシが乗っている、という構造になっている。

 余談だが、本盤は録音が2004年9月と2005年12月なのに、発売されたのは2010年。5~6年も遅れてリリースされているわけで、「いったい何があったんだろう?」と野次馬的な興味をかき立てられる。制作のウラにはいろいろあるんだろうなぁ、みんな大変だよねぇ、的な感慨もひとしおの深い一作だ。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR