Donald Edwards / Prelude To Real Life

1

Donald Edwards (ds)
Walter Smith III (ts)
David Gilmore (g)
Orrin Evans (p)
Luques Curtis (b)

Nicholas Payton (key on M-1, 3, 6)
Vivian Sessoms (vo on M-3, 5, 10)
Antoine Drye (tp on M-12)

Recorded: September 14, 2015, at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: Michael Marciano (Criss Cross 1386)

ベーシックなのにエッジの利いた現代ジャズ

 ストレート・アヘッドなんだけど、エッジの利いた新しい要素も入れてくる。聴きやすいけどベタじゃない。4ビート曲もあるが、手垢のついた既製品とはひと味ちがうーー。そんな不思議な湯加減の新作が登場した。ドラマーのドナルド・エドワーズが放つ、Criss Crossレーベル第2弾になる最新リーダー作だ。

 メンバーにはウォルター・スミス3世(ts)やデヴィッド・ギルモア(g)、オリン・エヴァンス(p)と、おいしいところがズラリ。このところの彼の売れっ子ぶりを反映したラインナップである。

 それにしてもエドワーズはそう若くないのに、Criss Crossから前作「Evolution Of An Influenced Mind」(2014年、レヴュー記事はこちら)を出してからというもの、あれよというまの売れっぷり。苦労人に陽が当たるのを見るのはいいものだ。

 さて本作には、3曲を除き全てオリジナルの計12曲が収録されている。例によってエドワーズの作曲の才が冴えており、何度聴いても聴き飽きない。本ブログの「2014年・イチ押し新譜ベストテン」(こちら)にもチャートインした彼の前作は、凝ったアレンジで非常によくできた作品だったが、今回はまったくちがう切り口なので驚いた。エドワーズの引き出しは広そうだ。

 実はリリースされてすぐ試聴した際にはもっとキワモノに感じ、スルーしようかと思ったのだが……買って聴いてみると思いのほかベーシックな音でいい意味、裏切られた。非常に楽しめる作品だ。3曲にあしらわれた女性ヴォイスの使い方も嫌味がなく、サラリとうまく処理されている。スタンダードなスタイルの中にも、随所にキラリと光る現代的な要素が散りばめられており退屈させない。

 ただM-1のような効果音をバックにドラムソロをやってるだけ、みたいなのはどうなんだろう? どうもアメリカ人って楽曲として成立してないこの種のギミック(こけおどし)が好きなようだが、退屈でしかない。前作でもM-1にお祈りヴォイスとドラムソロだけの不気味なギミック曲が入っていたが、しんどいので必ず飛ばして聴いていた。今回も同様そうなっているが、いちいち曲を飛ばすのが面倒だ。エドワーズさん、お願いしますよ。

 なお録音エンジニアは名匠マイケル・マルシアーノだ。相変わらず彼の手がけた作品は音質がすばらしい。音圧が高めで力感があり、ホログラフのように浮き立つ音像の立体感が芸術的。さすがはマルシアーノである。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Donald Edwards / Evolution Of An Influenced Mind

1

Donald Edwards (ds)
Walter Smith III (ts)
David Gilmore (g)
Orrin Evans (p)
Eric Revis (b)

Rec. October 28, 2013, at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: Michael Marciano (Criss Cross 1365)

要所で光るキメ、アレンジが飽きさせない

 このところクリスクロス作品でよく見かけるドラマー、ドナルド・エドワーズが同レーベル第1弾になるリーダー作を発表した。クリスクロスが今回同時リリースした4作品の中ではダントツの出来だ。

 メンバーはウォルター・スミスⅢ(ts)とデヴィッド・ギルモア(g, ピンク・フロイドのギタリストとは別人)、オリン・エヴァンス(p)。エドワーズとコンビを組むベーシストは売れっ子のエリック・レヴィスだ。

 ドラマーのリーダー作ってつまらないのが多いのでおっかなびっくりで買ったが、さにあらず。全11曲中、なんと10曲がエドワーズ自身による作曲と才能を見せつける。要所でアレンジがよく効いており、テナーとギター、またはベースがときおり放つキメのフレーズがめちゃかっこいい。

 ふっ、とペースだけが1人残ってリフを弾いたり、どこからがテーマでどこまでがキメなのかよくわからなくなるテナーとギターのユニゾンによる絡みなど、ソロプレイを楽しむというより巧妙な組織プレイに耳が引きつけられた。全体の印象としては、地下室のようにダークな色彩感が参加ギタリスト、ギルモアのリーダー作に近い気がした。(リズムパターンは除く)

 そんな中、アルバムの顔になっているのがギルモアのギターだ。ぶっとい音で空間を切り裂くように吠えるワイルドなプレイはインパクトがある。彼のギターは本作で初聴きだが、ずっぽりツボにきたので過去の全リーダー作を速攻でまとめ買いしてしまった(すでに毎日聴いてます)。

 関係ないけどウォルター・スミスⅢは最近リーダー作を出さないが大丈夫なんだろうか。ちょっと心配だ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR