スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Noah Haidu / Infinite Distances

Noah_Haidu_Infinite_Distances.jpeg

Noah Haidu (p)
Sharel Cassity (as)
Jon Irabagon (ss, ts)
Jeremy Pelt (tp,flh)
Peter Brendler (b on M-1, 2, 3, 7)
Ariel Alejandro de la Portilla (b on M-4, 5, 6, 8, 9, 10, 11)
John Davis (ds on M-4, 5, 6, 8, 9, 10, 11)
Mark Ferber (ds on M-1, 2, 3, 7)

Recorded: June 24, 2015 & Feb 15, 2016 at Skyline Productions, NJ
Engineer: Paul Wickliffe (Cellar Live Records CL080216)

緻密なアレンジで現代ジャズに踏み込む野心作

 十重二十重(とえはたえ)に張り巡らされた緻密なアレンジが圧倒的で、聴く者はただひれ伏すのみ。作品性の高いアルバムだ。過去作とくらべ、みなぎる緊張感でピリピリしている。エンターテインメントとしてのジャズに「芸術」をふりかけたようなアルバムだ。ブルックリン在住の若手ピアニスト、ノア・ハイドゥがリリースしたばかりの3枚目のリーダー作である。

 デビュー盤の『Slipstream』(2011年、レヴュー記事はこちら)では2管を配した大らかな現代版ハードバップを提示し、セカンド盤『Momentum』(2013年、レヴュー記事はこちら)ではコンセプトはそのままにピアノトリオで同じ表現をした。で、迎えた本作では、デビュー盤でもフィーチャーしたジョン・イラバゴン(ss,ts)とジェレミー・ペルト(tp)を配し、よりコンテンポラリーな方向に舵を切っている。

 本盤を入手する前、断片的にネット試聴したときには「ああ、この人はまたきっちり水準をクリアする作品を作ってきたな」と感じた。フタをあけてみれば案の定、すごい凝りようだ。

 ただ肩に力が入っているぶん、過去作のように理屈抜きでは楽しめないようなところがある。少なくともハードバップ的な大らかさや能天気さとは無縁だ。おそらく50年代の古き良きジャズしか聴かない層にとっては「頭でっかちなジャズ」と映るかもしれない。まあ好みの問題である。

 全11曲のうち、ジョー・ヘンダーソン「Serenity」以外の10曲すべてが自身のオリジナルと気合いを入れてきた。過去作で提示した2000年代版メインストリームな世界に新味を加え、化学反応を起こすことでより現代的なジャズに軸足を移した。アレンジの緻密さまで含め、作り込みの深さでいえば傑作と呼べるだろう。

 それほど細部まで念入りに作られた世界を構築している。力作だ。ただそのぶん「笑い」がない。わざとあいまいにしておいたパートが結果的に生み出す「余裕」や「ゆらぎ」みたいなものはない。作者が計算した通りに解釈してください、という音だ。その意味では1度や2度聴いたくらいじゃよさがわからず、聴き込むことを要求する作品といえるかもしれない。

 肩の凝らないジャズを聴きたい人にはやや重く、ちょっと聴き疲れするかも? だがそのぶん芸術としての完成度は高いし聴き応えがある。いつの時代も、芸術にエンターテインメントを差し込むときのサジ加減はむずかしいものだ。

ここで全曲試聴できます。



スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

​Noah Haidu / Momentum

Noah_Haidu_Momentum.jpeg

Noah Haidu (p)
Ariel de la Portilla (b)
McClenty Hunter (ds)

Recorded: June 25, 2012 at Acoustic Recording, NY
Engineer: Michael Brorby (Posi-Tone Records PR8109)

メインストリームに新味を加えた大人の大吟醸

 ツヤと潤いのあるピアノの音色にうっとりさせられる。​ストレート・アヘッドで​ちょいバップ的ななかにも、キラリと光るアレンジで新味を感じさせる。単なる懐古趣味に終わらせない。ブルックリン在住の若手ピアニスト、ノア・ハイドゥが2013年にリリースしたセカンド作である。

 彼の存在はデビュー盤『Slipstream』(2011年、レヴュー記事はこちら)で見つけマークしていたが、いつのまにか知らない間にセカンド盤を出していた。うっかりだ。聴いてみたらば前作に負けず劣らずすごくいい。デビュー作では2管をフィーチャーしていたが、今回はシンプルなピアノトリオで攻めてきた。

 オリジナル4曲に、「I Thought About You」(Jimmy Van Heusen)、「A Child Is Born」(Thad Jones)、「Rainbow」(Keith Jarrett)、「Serenity」(Joe Henderson)など計9曲。メインストリームな世界に軸足を置きながら、でもちょっとどこかが新しい。デヴィッド・ヘイゼルタインほど保守的じゃないが、いい意味でコンサバティブな流れはキッチリ抑えている。そんな現代型ハード・バップから進化した正統派のピアニズムが心地いい。

 それにしても彼はいいリズム隊を見つけたものだ。いい意味でアクがなく主役であるピアノのよさを引き立ててくれる。それでいてテクニカルで決して聴き手を飽きさせない。渋くて巧くて出しゃばらない。NYCには味なスゴ腕がいるものだ。

 ノア・ハイドゥは1972年7月・ヴァージニア生まれ。Bill CharlapやKenny Barron、Bruce Barthらを師と仰ぎ、ニューヨーク州立大学で音楽学修士号を取得した。2017年2月10日(予定)には、ジョン・イラバゴンやジェレミー・ペルトをフィーチャーしたサードアルバム『Infinite Distances』の発売を控えている(アマゾンのページはこちら)。

*ファースト&セカンド作はここで試聴できます。



テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Noah Haidu / Slipstream

1

Noah Haidu (p)
Jeremy Pelt (tp)
Jon Irabagon (as)
Chris Haney (b)
John Davis (ds)
Willie JonesⅢ (ds on 1,3,6)

Rec. July 30, August 25, November 24, 2009, at Systems Two, NY, etc
Engineer: Mike Marciano, Sal Mormando, Paul Wickliffe

イラバゴン&ペルトの2管が熱い新世代ハードバップ

 ひさしぶりに正統派のジャズを聴いた感じだ。ハードバップの文法を用いながら、ありきたりの予定調和な演奏に陥らない新世代型ハードバップ。これは手ごたえアリである。

 2008年モンクコンペ優勝者のジョン・イラバゴン (as) と、ジェレミー・ペルト (tp) 。個性が靴を履いて歩いているようなワザ師の彼らツートップが、くんずほぐれつ絡みながら煽り合いを繰り返す。手に汗握る熱いジャズだ。

 この種の王道ジャズは 「70年前の演奏をそのままやってます」 みたいな退屈な定型文にハマりがち。ところがどっこい、本作は2管のキャラの強さとアレンジがよく、ハードバップに軸足を置きながらも、ひとひねりある新しいスタイルを提示している。

 本作が初リーダー作になるピアノのNoah Haiduもいい。1曲を除き、残り7曲すべてが彼のオリジナルによる構成だが、古きよきものと新しさを融合させたコンポジションが光る。地味だが水準を軽くクリアしたリズム隊の好サポートもマルだ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。