Jason Seizer / Time Being

Jason Seizer  Time Being

Jason Seizer (ts)
Marc Copland (p)
Matthias Pichler (b)
Tony Martucci (d)

Rec. August 20-21, 2006, at Pirouet Studios, Munich
Engineer: Stephan van Wylick (Pirouet Records PIT3027)

コープランドのピアノが際立つ優良盤

 ドイツのテナー奏者、ジェイソン・ザイツァーの最新リーダー作だ。アレンジ面ではピアノを弾くマーク・コープランドの出番がふんだんに用意されており、いわば双頭バンドのような内容である。同じくコープランドをフィーチャーし、2004年にザイツァーがリリースしたアルバム「Serendipity」(レヴュー記事はこちら)と対になるような作品だ。

 ザイツァーのしっとり潤いのあるサックスもいいが、やはりどうしても妖しく光るコープランドのピアノに耳が引き付けられる。リズム隊は初聴きだが、まあ可もなく不可もなく。参加作を名前でわざわざ指名買いするほど際立った個性はない。

 ザイツァーのオリジナルが3曲、コープランドの曲が2曲、スタンダード1曲の合計6曲。楽曲はどれも水準をクリアしている。退屈な曲は1曲もない。なかでも叙情的なピアノのイントロからサックスが入るととたんに妖しい雰囲気になるM-1や、サックスのテーマが親しみやすいオーソドックスな4ビートのM-2とM-5、同じくテーマが秀逸なバラードのM-3が印象に残った。

 それにしてもコープランドは自分を変えないピアニストだ。サイド参加したときも、リーダー作とほとんど変わらないプレイをする。「共演者のタイプに応じて」とか、「クライアントの要求に合わせて」みたいな自分の変え方をしない。むしろサイド参加作で「自分を出す」ことが、その作品に得もいわれぬ「色」をつける。逆に言えばサイド参加するときには、コープランドは自分の色を出してこそ意味があるのだ。

 このへんは、サイド参加作では注意深く自分を抑えてプレイしている才人ブラッド・メルドーと対照的で興味深い。自分を出すとバンドのアンサンブルをぶち壊しにするタイプのプレイヤーがいるかと思えば、自分を出してこそサイド参加作に呼ばれた意味が出る人もいる。プレイヤーのタイプというのは、本当に千差万別でおもしろい。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

立ち飲みで盛り上がる「西成ジャズ」っておもしろいね

nishinari.jpg
※撮影・伊藤菜々子、朝日新聞から引用。

西成は大阪のニューオリンズだった

 大阪・西成のドヤ街にある立ち飲み屋で、最近、夜な夜なジャズのライブをやってるらしい。 「投げ銭」 がチャージ代わりで、この街に流れてきた日雇い労働者の憩いの場になってるんだとか。(引用元の朝日新聞の記事はここ)

 演奏するプロのミュージシャンもどんどん増え、今では35人。 「西成ジャズ」 と銘打ち、近くのおでん屋などにもライブ会場が広がってるらしい。

「西成ジャズ」 のブログもあって、こちらもおもしろい。ブログのサブタイトルが 「此処は大阪のニューオリンズ。演奏家も聴衆もマルハダカ」 。大阪のニューオリンズってのがいいねえ。行ってみたいなぁ。でも遠い……。

 関西の人は、ぜひ覗いてみるべし。きっとワイルドだぜー (スギちゃん風に)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR