Myron Walden / Momentum

1

Myron Walden (ts)
Darren Barrett (tp)
David Bryant (Rhodes)
Yasushi Nakamura (b)
Kendrick Scott (ds)

Released 2009, at Acoustic Recording, NY
Engineer: Michael Brorby (Demi Sound Records DSR 0003 - Off Minor OFM-007)

ケンドリック・スコットが弾ける王道ジャズの威力

 ホットなフロント2管が爆発し、ピアノとリズム隊も負けずに熱い。4ビートをメインにしたエネルギッシュなメインストリーム・ジャズである。アルト奏者のマイロン・ウォルデンがテナーに初挑戦した意欲作だ。

 メンバーは、1997年のモンク・コンペで優勝したダレン・バレット (tp) との2管に、ローズ・ピアノがニューイングランド音楽院卒のデヴィッド・ブライアント。リズム隊は中村恭士 (b) とケンドリック・スコット (ds) だ。

 ウォルデンはブライアン・ブレイドのFellowship Bandに参加するなど路線が紆余曲折したが、個人的には4ビートを中心にしたデビュー盤の 「Hypnosis」 (1996) と本作がいちばんしっくりくる。特にデビュー盤のインパクトは強く今でもときどき聴いているし、本作は次点ではあるが今も聴く点では同じだ。

 全12曲すべてオリジナル。あまり聴き手を選ばないまっすぐな王道ジャズが続く。ハードバップあり、モーダルありという構成だが、ひとことでいえばジェレミー・ペルトがやっている60年代マイルス路線をもっと熱くエネルギッシュにしたような内容である。

 個々のプレイヤーを見ると、まずダレン・バレットのパンチ力が強烈だ。主役を食っている感さえある。本作で彼を初聴きし、あわててリーダー作を探し回った思い出がある。

 かたやウォルデンはテナーに持ち替えた違和感こそないが、バレットほどのインパクトはない。可もなく不可もなくだ。彼はマーク・ターナーのような屈折した侘びサビ系ではない。とすれば必然的に剛球一直線にならざるをえないが、そっち系統のすごいテナーならクリス・ポッターはじめいくらでもいるので相対的に目立たない、みたいな感じだ。ピアノのブライアントに関しても似たようなことがいえる。

 一方、リズム隊は満点に近い。中村恭士はとても日本人と思えないノリのベースを弾くし、なによりケンドリック・スコットの弾けぐあいがすごい。ひねりのあるコンポジションじゃないので少し聴き飽きる面もあるが、やはり個人的にはウォルデンといえばイチにデビュー盤、2に本作、という感じだ。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Ben Allison / Action-Refraction

1

Michael Blake (ts, b-cl)
Jason Lindner (syn, p)
Steve Cardenas (g)
Brandon Seabrook (g on 3,7)
Ben Allison (b)
Rudy Royston (ds)

Rec. December 6-7, 2010, at Maggie's Farm, PA
Engineer: Matt Balitsaris (Palmetto Records PM2149)

煌びやかなアレンジがまぶしいNY発・先端系カヴァー集

 セロニアス・モンクやダニー・ハサウェイ、ニール・ヤング、サミュエル・バーバー――原形を留めないほど凝ったアレンジのカヴァー曲がノン・ジャンルでずらりと並ぶ。シンセとロックビートを大胆に取り入れた煌びやかな音作りがまぶしい。ニューヨークの先端系ベーシスト、ベン・アリソンの最新作だ。

 フォーク・ロックからR&B、オルタナティヴ、クラシックまで。まるでおもちゃ箱を引っ繰り返したような賑やかさだ。オリジナリティがモットーのアリソンが、全7曲中6曲でカヴァーに挑戦した。とはいえ彼らしく、計算された編曲ですべてを自分色に染めている。もはやジャズというより 「アリソン・ミュージック」 と呼ぶのが正しい。

 僚友のスティーブ・カーディナス (g) とルディ・ロイストン (ds) が音の骨格を作り、マイケル・ブレイク (ts) 、ジェイソン・リンドナー (syn, p) がその土台の上で複雑に入り組んだモチーフに彩りを添える。音楽的にはまったくカテゴライズできない音だが、あえていえばオルタナやミニマル・ミュージックを融合させたロックに近い。

 アリソンは1966年コネチカット生まれ。NYコンテンポラリージャズの一翼を担う才人で、フレッド・ハーシュやラリー・ゴールディングスらと並び Palmetto Records の主要アーチストである。本作は1996年にリリースされたデビュー盤 「Seven Arrows」 から数えて10枚目のアルバムに当たる。

 保守的なジャズファンには敷居が高いが、偏食しないリスナーなら試してみる価値はある。ひょっとしたら自分の古い価値観が粉みじんに崩壊する快感が得られるかもしれない

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Loren Stillman / It Could Be Anything

1

Loren Stillman (as)
Gary Versace (p)
Scott Lee (b)
Jeff Hirshfield (ds)

Rec. April 21, 2005, at Skyline Productions, NJ
Engineer: Paul Wickliffe (FSNT 230)

先鋭的なアルトが生み出すアブストラクトな世界

 アンダーグラウンドな香りが漂う妖作だ。エネルギッシュに躍動することを禁じたストイックな音楽の面白さ。しんと静止したような独特のグルーヴに引き込まれる。アルト奏者、ローレン・スティルマンがピアノトリオを従えた作品だ。

 ひょうひょうと浮遊する神経質なアルトの響きが、ゆらゆら揺れるリズム隊と共同でアブストラクトな世界を構築して行く。ときにカン高い音で繰り出す速いパッセージがツンと脳にくる。

 ピアニストとして参加しているゲイリー・ヴァセイシの任務も重要だ。バッキング時にはひらひらと蝶のように舞うコードワークで浮遊感を演出し、ソロを取れば突き放した妖しい音使いでクールな雰囲気を漂わせる。

 スティルマンのオリジナル8曲に、ベーシストのスコット・リーが2曲を持ち寄った計10曲。どこまで聴き進んでもキャッチーなメロディーなど出てこない。聴き手を拒むかのように哲学的だが、ハマるとくせになるアルバムである。

 主役のスティルマンは80年ロンドン生まれ。2002年モンク・コンペで最終選考に残り注目を浴びた。ゲイリー・ヴァセイシ (org) やネイト・ラドリー (g)、テッド・プア (ds) らと組んだグループ 「Bad Touch」でも作品をリリースしている。先鋭的な現代ジャズ界では見逃せない存在だ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Ravi Coltrane / Spirit Fiction

1

Ravi Coltrane (ts, ss)
Luis Perdomo (p on 1,3,4,7,11)
Drew Gress (b on 1,3,4,7,11)
E.J. Strickland (ds on 1,3,4,6,7,11)

Joe Lovano (ts on 9,10)
Ralph Alessi (tp on 2,5,8,9)
Geri Allen (p on 2,5,8-10)
James Genus (b on 2,5,8,9)
Eric Harland (ds on 2,5,8,9)

Released 2012. (Blue Note 509999 18937 27)

豪華メンバーが競うフリー寸前の際どいスリル

 フリー・インプロヴィゼーション寸前の楽曲が続くミステリアスな内容だ。あるときは激しく、またあるときは静かに瞑想的。目をつむり聴いているとあれこれイマジネーションがわいてくる。お香を焚きながら楽しむのがオツである。

 冒頭にあげた超豪華メンツが、AチームとBチームに分かれワザを競う。リーダーのラヴィ・コルトレーンはもちろん全面参加だ。ジョー・ロヴァーノもゲスト的に2曲で吹いているが、ロヴァーノ特有の手クセ丸出しで思わずニヤリとしてしまう。お気に入りのラルフ・アレッシも聴けて満足だ。

 ドラマー陣では、エリック・ハーランドがエンジン全開で「らしさ」を見せる。かたやE.J.ストリックランドは不器用なイメージがあったが、こういうのを叩かせると意外に小技が利くのが発見だった。

 最近たまたまフリーっぽいのを聴く機会が多いが、スタイル的に考えれば似たような演奏になるように見えて案外まったくちがう。人間は貧乏ゆすりにさえその人特有のクセが出るが、フリー・インプロヴィゼーションも同じなのだ。(当たり前か)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

David Binney / Barefooted Town

1

David Binney (as, voices)
Ambrose Akinmusire (tp)
Mark Turner (ts)
David Virelles (p)
Eivind Opsvik (b)
Dan Weiss (ds)

Rec. November 15, 2010, at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: Michael Marciano (Criss Cross 1335)

複雑なリズムパターンが織りなす先鋭的3管セクステット

 複数の管をうまくアレンジした複雑なテーマが続く。随所に顔を出すリフレインが効果的だ。トリッキーな音を使いながら、メロディラインとキメを聴き手の脳に刷り込んで行く。アルト奏者、デヴィッド・ビニーのクリスクロス・レーベル5作目だ。

 主役のビニーは、ときにブルックリン先端系のプレイヤーらしからぬエネルギッシュなソロを取る。逆にアンブローズ・アキンムシーレ (tp) はクールに醒めたひねりのある演奏をしている。マーク・ターナー (ts) はいつもの調子だ。淡々と熱くならず、抑制的でストイックな自分の美学を貫いている。またキューバ出身の若手ピアニスト、ダヴィ・ヴィレージェスも今っぽく枯れた味わいの思索的なピアノを弾く。

 彼らがソロを取る間、リズム隊が絶妙のコンビネーションで一定のモチーフを描きながら自由度の高い動きをする。いかにも現代ジャズらしい。ドラマーのダン・ワイスが繰り出すリズムパターンと、テーマを奏でる管とのリズミカルな絡みもおもしろい。ワイスのクリエイティヴィティがひときわ光っている。ベースのアイヴィン・オプスヴィークとの呼吸もぴったりだ。

 全7曲すべてオリジナル勝負。これもNYコンテンポラリー・シーンではよく見かける。内省的で翳りがあり、ちょっとシュールで先鋭的な楽曲が並んでいる。特に6人のメンバーをめまぐるしく動かす計算されたアレンジには耳を奪われる。

 レコーディング・エンジニアは、名手ではあるも最近、デキ不出来の激しいマイケル・マルシアーノ。だがご安心あれ、本盤は大当たりだ。音像がクッキリ生々しく、サウンドステージの立体感も申し分ない。なぜこの人はこんなに波があるのかホントに謎だ。

【関連記事】

『David Binney / Graylen Epicenter』

『David Binney / Bastion of Sanity』

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Sebastian Noelle / Koan

1

Loren Stillman (as)
Sebastian Noelle (g)
Thomson Kneeland (b)
Tony Moreno (ds)
George Colligan (p)

Rec. April 22-24, 2010, at West Village Studios, NY
Engineer: Chris Kaufmann (FSNT 391)

ブルックリン最先端、浮遊しながら壊れて行くアルトとギター

 淡々と何の感情も込めず、静かに詩を朗読しているかのような作品だ。クールで無機的なギターとアルトが交互にソロを取り、機械っぽいメカニカルな楽曲が続く。最初は取っ付きにくいが何度も聴くうち暗示にかかったように気持ちよくなる麻薬盤だ。

 2002年からニューヨークで活動しているドイツのギタリスト、セバスチャン・ノエルの最新作 (セカンド・リーダー作) だが、なによりローレン・スティルマンの冷たく醒めたアルトがアルバム全体の印象を強く決定付けている。実質的には、スティルマンとの双頭バンドといっていいだろう。

 ノエルの作風とプレイスタイルはギタリストのネイト・ラドリー (レヴュー記事はこちら) に近く、スティルマンを交えた人脈的に言っても遠くないのだろう。ニューヨークの若手の中では、「フリー・インプロヴィゼーションまでは行かないけれどちょっと前衛的で、決して熱くならない淡白な無機質さがおもしろい」 みたいな位置づけのプレーヤーたちだ。

 全11曲すべてオリジナル。このアルバム構成が、自分色の独自コンセプトで勝負する種類のアーチストであることを物語っている。バンドとしてのノリはあるが何拍子だかわからないようなリズムが続き、徹頭徹尾、ふわふわと漂うように最終曲を迎える。ドラマーはけっこう強いビートを叩き出しているのだが、なぜか浮遊感の漂う展開になるのが不思議だ。

 気の抜けたサイダーのようなこのギターとアルトの壊れ方は、とにかくふつうじゃない。サイド参加しているジョージ・コリガンのソロになると、突然ものすごく 「まとも」 に聴こえるのがおかしい。

 使用上の注意としては、興味のない人はハナもひっかけないが好きな人はすごく好き、なタイプのジャズだ。 「熱い50年代のハードバップ以外はジャズじゃない」 みたいな好みの人は近づかないほうが無難だろう。

 でもめっちゃ、イイけどねぇ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Noah Haidu / Slipstream

1

Noah Haidu (p)
Jeremy Pelt (tp)
Jon Irabagon (as)
Chris Haney (b)
John Davis (ds)
Willie JonesⅢ (ds on 1,3,6)

Rec. July 30, August 25, November 24, 2009, at Systems Two, NY, etc
Engineer: Mike Marciano, Sal Mormando, Paul Wickliffe

イラバゴン&ペルトの2管が熱い新世代ハードバップ

 ひさしぶりに正統派のジャズを聴いた感じだ。ハードバップの文法を用いながら、ありきたりの予定調和な演奏に陥らない新世代型ハードバップ。これは手ごたえアリである。

 2008年モンクコンペ優勝者のジョン・イラバゴン (as) と、ジェレミー・ペルト (tp) 。個性が靴を履いて歩いているようなワザ師の彼らツートップが、くんずほぐれつ絡みながら煽り合いを繰り返す。手に汗握る熱いジャズだ。

 この種の王道ジャズは 「70年前の演奏をそのままやってます」 みたいな退屈な定型文にハマりがち。ところがどっこい、本作は2管のキャラの強さとアレンジがよく、ハードバップに軸足を置きながらも、ひとひねりある新しいスタイルを提示している。

 本作が初リーダー作になるピアノのNoah Haiduもいい。1曲を除き、残り7曲すべてが彼のオリジナルによる構成だが、古きよきものと新しさを融合させたコンポジションが光る。地味だが水準を軽くクリアしたリズム隊の好サポートもマルだ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Nils Wogram & ROOT 70 / Listen to Your Woman

1

Nils Wogram (tb, melodica, overtone singing)
Hayden Chisholm (as, melodica, overtone singing)
Matt Penman (b)
Jochen Rueckert (ds)

Rec. January 2010, at Studio P4, Berlin
Engineer: Oliver Bergner (Nwog Records 001)

アヴァンギャルドなユーモアの悦楽

 アヴァンギャルドにユーモアをまぶして毎回食卓に提供しているグループ 「ROOT 70」 だが、この最新作のテーマはなぜか 「プルース」 だ。なぜいまごろブルースなのか? 訝る向きもあるだろうが、別に古めかしい定型文のブルースをそのままやってるわけじゃない。

 ブルースの持つ陽気さや躍動感をおいしく真空パックし、凝ったアレンジを振りかけてタダでは終わらせない。そんな古くて新しいブルースのエッセンスが光るコンテンポラリー・ジャズに消化している。

 ROOT 70はドイツの個性派トロンボーン奏者、ニルス・ヴォグラムが率いるグループだ。トボけた味のヘイデン・チスホルム (as) との2管を、マット・ペンマン (b)、ヨッケン・リュッカート (ds) という強力リズム隊が支える。

 全11曲中、3曲をメンバーが持ち寄ったほかは全てヴォグラムのオリジナルだ。2管のヴォグラムとチスホルムは、メロディカ (鍵盤ハーモニカ) やオーヴァートーン・シンギング (アルタイ山脈周辺の民族に伝わる特殊な歌唱法) まで動員し、おもちゃ箱をひっくり返したような賑々しさを演出する。

 バンドを引っ張るグルーヴはペンマンが完全に主導権を握っており、ベース1本で生み出す彼のぐりぐり弾けるグルーヴ感がすごい。チスホルムのどこか 「笑い」 を感じさせるトボけた味のアルトにもやられた。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Matt Slocum / Portraits

1

Gerald Clayton (p on 2,4-9)
Massimo Biolcati (b)
Matt Slocum (ds)
Walter Smith III (ts on 1,3)
Dayna Stephens (ts on 6,8)
Jaleel Shaw (as on 6)

Rec. December 7, 2008, and January 13, 2009(tracks 1,3), at Peter Karl Studios, NY
Engineer: Michael Perez Cisneros (Chandra Records CHR8093)

ジェラルド・クレイトンのピアノに酔う

 ほとんどの曲でピアノを弾いているジェラルド・クレイトンが事実上の主役だ。陰影感に富む彼のピアノには本当にうっとりさせられる。

 一部の曲でウォルター・スミスⅢ (ts) とデイナ・スティーブンス (ts)、ジャリール・ショウ (as) が彩を添えているが、ピアノのクレイトンの存在感があまりにも突出しており、「なぜこれに管が入ってるの?」 てな気分にさせられるのはご愛嬌である。

 本盤が初リーダー作だったドラマーのマット・スローカムも反省したのか、次作のセカンド盤 「After the Storm」 (2011年、レヴュー記事はこちら) ではクレイトン中心に完全なピアノトリオ構成にしているのがおもしろい。

 さて主役のスローカムはドラマーとしては軽快なノリでツボを押えた地味めの人という印象だが、プレイヤーとしてだけでなくコンポーザーとしての能力も高い。

 1曲を除き8曲すべてがオリジナルだが、美メロなピアノトリオのM-2やM-5、M-7は秀逸だし、管とピアノが入り乱れるM-6のアレンジやメロディも印象的だ。音楽性が偏っておらず、本作は恐らくどんな好みの人が聴いても楽しめてしまうだろう点には感心する。

 特定の嗜好を追究した独自性や専門性にも一聴の価値があるが、こういう徹底的な普遍性をもつ作品というのもある意味すごい。スローカムはどうやら 「売れるもの」 を作る才があるようだ。本作がクレイトンのピアノに負うところが大きいのは事実だが、それ以前に楽曲がつまらなければこんなふうに楽しめる作品にはならない。楽曲の重要性を思い知らされる1枚だ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR