スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Alex Sipiagin / Overlooking Moments

1

Alex Sipiagin (tp,flh)
Chris Potter (ts, ss)
Scott Colley (b)
Eric Harland (ds)

Rec. October 15, 2012, at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: Michael Marciano (Criss Cross 1354)

クリポタ、ハーランドら豪華メンツが放つ緊張感が凄い

「圧倒的」 としか言いようのない作品だ。ヒリヒリするような極度に緊張感の高い演奏が続く。それがアルバム1枚通してだから思わず息が詰まりそうになる(もちろんいい意味で)。トランペット奏者、アレックス・シピアギンがリリースしたばかりの最新作、クリスクロス10作目になるリーダー作だ。

 メンバーは売れっ子クリス・ポッター(ts, ss) に、リズム隊がこれまた人気者のスコット・コリー (b) とエリック・ハーランド (ds) の最強布陣。オリジナル4曲にメンバーが持ち寄った3曲、奥さんであるMonday満ちるの作品1曲の合計8曲だ。

 興味深い点は、これだけのメンバーがハイテンションな演奏を繰り広げているにもかかわらず、演奏がわかりやすく躍動してないところだ。「止まっている」 かのような不思議なノリ、とでもいえばいいだろうか。楽曲そのものは静かなわけでもないのだが、演奏が明るくノーテンキに跳ねたり弾んだりしていない。ひたひたと深く静かに哲学的な思考をするかのようだ。

 ハーランドなどは常にブチ切れて行きまくるイメージがあるが、本作ではエネルギーを内に秘めながらも微妙に抑えて叩いているかのような、「寸止めの美学」 とでもいうような凄まじい悟りの境地に達している。

 プルージーで明るいM-4でホッとひと息つくが、M-5からはまたすごい緊張感に支配される。特に終盤のM-7が放つ、静的でありながら壮絶なテンションには本当に息が止まりそうになった。

 ピアノ・ギターレスでコード楽器がないのも理由だろうが、「緩み」 とか 「なごみ」 みたいなものとはまったく縁がない。このテの演奏が好みでない人には聴き疲れするかもしれないが、私はすごく楽しめた。

 前作の 「Destinations Unknown」 (2011) も本作同様、神経質でやや聴き疲れする内容だったが、アレンジがよりシンプルになり、前作の路線を継承しながらいい形で昇華した。シピアギンの作品としては、2作前の 「Generations - Dedicated to Woody Shaw」 (2010) 以来の傑作としておきたい。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

エリック・ハーランドのリズムキープに痺れる



ゆったりうねる大海原のようなノリが凄い

 イントロの何気ないリズムキープだけで、もうぐいぐい演奏に引き込まれて行く。こんな静かなリズムキープなのに、その1打1打に宿るエネルギー感とノリの凄みったら、もう。

 やっぱりエリック・ハーランドはふつうじゃないなぁ。


※Charles Lloyd Quartet 「Caroline No」 

 Charles Lloyd (ts)
 Jason Moran (p)
 Reuben Rogers (b)
 Eric Harland (ds)

 Jazz à Porquerolles, 13 juillet 2011

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

クリポタとホーニグのデートが熱い



俺たちキャラが濃いから2人で充分さ

 そう言いたげな特濃コンビのライヴ映像だ。個人的にはソロやデュエットってあんまり興味ないのだが、この2人はすごいぞぉ。クリス・ポッター(ts)とアリ・ホーニグ(ds)が2011年にパリのクラブでやったライヴである。

 いきなりクリポタのピアノで始まるが、彼がファンキーなリフを弾き始めるとすかさずホーニグがそれに反応。今度はクリポタが立ち上がり、ホーニグに近づきながらサックスを吹き始める。この冒頭のやり取りが、お客さんをビンビン刺激していやがおうにも期待が高まる。

 ホーニグは相変わらず独特のぎこちないフォームで叩いているが、その吐き出すグルーヴたるやすさまじい。もう耳の穴からグルーヴ感が立ち上っちゃってる。それに呼応してクリポタがブリブリ吹きまくりはじめると、もう阿鼻叫喚の渦。ジャズ界屈指の濃いキャラ同士の組み合わせだけに、「メンバーはもう2人で充分」てな感じだ。熱いです。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Marc Mommaas / Global Motion

1

Marc Mommaas (ts)
Nikolaj Hess (p)
Rez Abbasi (g, electric sitar)
John Hebert (b)
Tony Moreno (Drums)

Rec. January 5-6, 2003, at Charlestown Road Studios, NJ
Engineer: Paul Wickliffe (Sunnyside SSC1119)

クリス・チークの影響が見えるモマースの初期傑作

 当ブログが最近猛プッシュしているプレイヤーの初期傑作だ。ニューヨークで活動するオランダ人テナー奏者、マーク・モマースのセカンド・リーダー作である。そこかしこにクリス・チークの影響が垣間見えてとても興味深い。この人もチークの 「Vine」 (2000) を聴いて 「人生変わりました」 みたいなクチなのかなぁ? とニヤニヤしながら過去の音楽遍歴を想像できて楽しい。

 メンバーは核となるベースに名手ジョン・エイベアを据え、ドラマーは個性派のクセ者トニー・モレノ。ギタリストには、これまた個性の固まりみたいなレズ・アバシをフィーチャーした。さらにモマースとのデュエット作 「Balance」 (2005) にも参加しているデンマーク人ピアニスト、ニコライ・ヘスの顔も見える。

 全8曲すべてオリジナル。非4ビート系のコンテンポラリーなジャズが展開されている。モマースはフレーズの端々から、最新作 「Landmarc」 (レヴュー記事はこちら) へと到る道程が見て取れる。ただし最新作のように弛緩した脱力系のプレイスタイルへは完全に進化しておらず、一部にまだ力強さの残るコルトレーン的な要素も見える。

 まずM-1は90年代後半から2000年代にかけ、クリス・チークやマーク・ターナーが流行らせた浮遊感のあるノリである。続くM-2はアバシによる幻想的な導入部で幕が開く逸品。一方、M-5は中盤以降にテナーが印象的なフレーズをリピートするキラーチューンだ。アバシの破壊的なギターソロも聴ける。ほかにM-6とM-8の美しいバラードも印象に残った。脱力系あり、ストロング・スタイルあり、バラードあり。バラエティに富む内容だ。

 本作が録音・リリースされた2003年といえば、来るべき2000年代以降の新しいジャズの雛形を作ったマーク・ターナー 「Yam Yam」 (1995)、クリス・チーク 「Vine」 (2000) の興奮醒めやらぬころである。浮遊する独特のリズムと無機的でメカニカルなフレージングが猛威をふるい始めた時期だ。

 かたや90年代に颯爽と現れた3人の天才たちも、それぞれカート・ローゼンウィンケル 「The Next Step」 (2000)、ブラッド・メルドー 「Places」 (2000)、ジョシュア・レッドマン 「Beyond」 (2000) というキャリア最高傑作を世に問い、栄華を極めていた時代だ。まだ 「これからの人」 だったモマースも、さぞ刺激を受けていたことだろう。

 97年にニューヨークへ乗り込み7年目でモノにしたSunnysideデビュー盤。当時の彼の興奮が伝わってくるような力作だ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Tony Moreno / Trio Music

1

Tony Moreno (ds)
Bill Gerhardt (p)
Mike Holstein (b)

Rec. Jun & July, 2006, at Bond Street Studio, NY
Engineer: Tom Hamilton (Art of Life Records AL1028-2)

聴き手を絶対にリラックスさせない硬派なピアノトリオ

 大仰な美メロをいっさい使わない硬派のピアノトリオである。どこまで行ってもあきれるぐらいキャッチーなメロディが出てこない。世のピアノトリオが売りにしたがる甘く美しい旋律を徹底的に排除している。ピリリと辛い山葵なジャズ。ニューヨークで活動する個性派ドラマー、トニー・モレノの初リーダー作だ。

 真冬の渓流のように冷たい無機的なテイストだが、決して味気ない音ではない。ピンと張り詰めた緊張感があり、テンションの高い演奏だ。聴き手を絶対にリラックスさせないような、緩みのないアンサンブルが最終曲まで続く。

 主役を張るピアニストは、Bill Gerhardtである。1962年ミズーリ州生まれ。89年にアムステルダムへ移り、ヨーロッパのほかアジア・アフリカでも活動した。99年からはニューヨークへ拠点を移し、テナー奏者のマーク・モマースや本作のベーシストMike Holsteinらとともに、自身のカルテット 「Cotangent」 を率いてリーダー作を発表している。

 本盤はモレノ自身のオリジナル5曲のほか、メンバーのGerhardtが3曲、Holsteinが2曲の合計10曲を持ち寄った。全編インプロヴィゼーションのように聴こえるが、よく観察するとリズム隊の演奏がピアノの細かな抑揚にぴったり合っている。実は緻密にアレンジしているのでは? とも思わせる。

 ピアノの跳ね上がりや沈み込みにドラムとベースがスキ間なく寄り添い、3者がスリリングなアップダウンを繰り返す。どこまでが譜面で、どこからがインプロなのかまるでわからない。アドリヴでこの演奏をしているならすごい。

 トニー・モレノはフロアタムを多用し、ドコドコドコッという高速連打系のオカズをよく使う。重くゆったりタメを利かせて、みたいなタイプとは対照的だ。せわしなくリズミカルな演奏をする。ズン、ズンと横に揺れるのでなく、落ち着きなくぴょぴょんタテに跳ねるような独特のグルーヴを持っている。

 特に好きなタイプではないが、この個性はとにかく強烈だ。なんせ彼と似たタイプのドラマーなんて、まったく思いつかないのだから。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。