スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Swallow Quintet / Into the Woodwork

1

Chris Cheek (ts)
Steve Cardenas (g)
Carla Bley (org)
Steve Swallow (b)
Jorge Rossy (ds)

Rec. November 15-16, 2011, at Studios La Buissonne, Pernes-les-Fontaines
Engineer: Gerard de Haro and Nicolas Baillard (Xtra Watt/13 2798380)

フェリーニの映画のようなイメージが広がる静かなる絶品

 これほどイマジネーションを刺激された作品はひさしぶりだ。M-1冒頭のギターの音が出た瞬間、ノーテンをぶっ叩かれたような衝撃を受けた。スティーヴ・カーディナスの意味深なフレージングとクリス・チークのテナーのからみがまるでフェリーニの映画のよう。そこには何か得体の知れないストーリーが隠されているのではないか? そんな物語性を感じさせる深みのある世界が広がる。御年72才のベーシスト、スティーヴ・スワロウが発表したばかりの最新作だ。

 メンバーはチークとカーディナスのほか、公私共にスワロウの伴侶である才女カーラ・ブレイ(org)と、ホルヘ・ロッシ(ds)。90年代に一時代を築いた個性あふれる面々である。

 それにしてもカーディナスにいったい何があったのか? いや私は彼のリーダー作なら全部もっているし客演作もけっこうな数を保有しているカーディナス・マニアである。だが彼のいいところ(特にメロディー作りのセンス)は惜しいかな微妙にパット・メセニーとかぶっており、時代的に「二番煎じ感」がぬぐえなかった。

 ところがこのアルバムのカーディナスのギターは、そんなチンケな世界をもう完全に突き抜けてしまっている。飾り気のない自然な音色と味のあるフレージングが本当にすばらしい。なんだか吹っ切れて悟りを開いて達観し、ものすごく渋い大人のギタリストとしてそこに佇んでいる。そんな感じだ。年季が入る、ってこういうことなのか、と妙に感心してしまう。

 ああ、私情が入って手順が前後しちまった。その前に主役の話だ。ダリの絵みたいにシュールなデザインのエレベをピックで弾き、あんまりミュートを使わない「ブー・ビー・ベース」のスティーヴ・スワロウ御大――。すごく個性的ではあるけれど特別好きでもなく、いやむしろずっとどうでもいい部類のプレイヤーだった。ノリがスッ軽く音が細いところがどうにも好きになれず、正直、本作を買うときも「ベーシストがスティーヴ・スワロウであること」が最後の最後まで手に取ることをためらわせた。

 だがそんな彼の誰にも似ていない際立った個性が、本作にはハマりまくっている。独特の硬めで抜けのいい人工的な音色と軽っちいグルーヴが、楽曲のミステリアスな雰囲気をいやが上にも盛り立てている。演劇的なストーリーを感じさせる音使いを操り、作品のもつ物語性を巧みに浮かび上がらせている。

枯山水のように幽玄で枯淡な味わい

 全12曲、すべてスワロウによるオリジナル。ギターソロの入り方が絶妙なM-3にまずざわっと鳥肌が立つ。続くM-4は短いドラムソロを断続的にはさみながらギターとテナー、ベースがユニゾンでリフを刻む。後半、突然ウォーキング・ベースになるところがかっこいい。

 M-5ではプルースっぽい茶目っ気のあるベースラインにギターとテナーが合いの手を入れ、オルガンが独り言のようなフレーズを弾く。子供がいたずらしているみたいな、効果音的に入るドラムもおもしろい。M-6は冒頭からノリノリの正統派4ビートだ。本作では珍しく軽く歪ませたギターが躍動的に空間をえぐる。続くテナーのソロもチークにしては捻らないまっすぐな演奏をしている。

 M-11は聴きながら眠りたくなるような美しい佳曲だ。ここでのカーディナスのふんわり包み込むような優しい指使いにはうっとりさせられる。続くチークのソロもこれまた極上のワインを思わせる芳醇ぶりだ。

 各メンバーの持ち味に目を移せば、まずチークのテナーはフェリーニの映画に出てくるヨーロッパの片田舎をドサ回りして歩くサーカスの楽隊みたいな侘びさび感がある。決して熱くならない醒めたテイストで、摩訶不思議な魅力にあふれている。

 それから特筆すべきはブレイのオルガンだろう。とにかく、とってもかわいらしい。いかにも女性があやつる楽器の音だ。女性にしか出せない特有のコケティッシュな色艶がある。アルバム全編を覆う彼女の味つけは大きく、本作のテイストを強く決定付けている。

 一方のロッシは、近ごろ流行りのエリック・ハーランドのような重いドラムとはまるで対照的な(いい意味で)軽いドラミングである。楽曲を決して壊すことなく妨げにならず、スワロウとのコンビも暑苦しさのない涼やかな軽快さでマッチングもぴったりだ。

 さてこのアルバムは、とにかくあっというまに曲が終わってしまう。別に曲が短いわけじゃなく、深く聴き入ってしまうせいで「えっ、もう終わりなの?」感があるからだ。で、思わずアルバムの頭から何度も繰り返し聴いてしまうが、このまま聴き飽きちゃうのがとても惜しくて「やっぱりちょっとつづ小出しに聴こうか?」などとヘンなことを考えてしまったりする。

 本作にはパッと1小節聴いただけで「すごくいい!」と飛びつきたくなるような大仰な美しさなどないし、アッと驚く大胆なアレンジが施されているわけでもない。ただひたすら素朴で慎ましい。枯山水のように幽玄で枯淡な味わいがある。肩の力が抜け切った80代の剣の達人のような、相応の人生経験を経ないと出せない音が聴ける。とてもリラックスでき、気がつけばあっというまにアルバムの最終曲になっている――そんな素敵な作品だ。

 まだ5月の梅雨の季節だというのに、早くも2013年の(本ブログ選出)ベスト・アルバム入りは確実だ。このメンツ、このコンセプトでスワロウが物作りをする限り、私は永遠に彼の作品を買い続けるだろう。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Gary Versace / Outside In

1

Gary Versace (org)
Donny McCaslin (ts, ss)
Adam Rogers (g)
Clarence Penn (ds)

Rec. April 11, 2007, at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: Max Bolleman (Criss Cross 1298)

世紀末っぽい陰鬱な現代オルガンジャズ

 この盤はディスクユニオンにずっと中古があったので気になっていたのだが、試聴してみたら暗い印象だったのでなんとなく手が伸びなかった。今や売れっ子のオルガン奏者、ゲイリー・ヴァセイシが2008年にCriss Crossデビューを飾った最新リーダー作である。

 さわりだけ聴いてわかる通り、旧来の熱血コテコテ系オルガン・ジャズとは対極にある現代的な演奏だ。クールでダークで重苦しい。まあヴァセイシは変人アルト奏者のローレン・スティルマンとプロジェクトを組んでいるくらいだから推して知るべしだが。

 彼は1968年4月、コネチカット生まれ。2002年にニューヨークへ進出した。デビュー作は「Winter Sonata」 (2004)だ。以後、Steeple Chaseレーベルから「Time and Again」 (2005)、「Many Places」 (2006)、「Reminiscence」 (2007)の3枚をリリースしている。

 さて本作のメンバーはご覧の通り、えらく豪華だ。サックスにドニー・マッカスリン、ギターはアダム・ロジャース、ドラムはクラレンス・ペンという人気者ばかり。クレジットを見ただけで思わず買ってしまいそうな企画である。

 全8曲、ヴァセイシによるオリジナル。アルバムを通し、いかにも世紀末っぽい陰鬱なムードが匂う。この暗さにハマれるかどうかで作品の評価が分かれるだろう。モーダルでいま風の漂うようなノリがまさにNYコンテンポラリー真っ只中、という感じだ。

 その背骨になっているのは、厭世観を漂わせるヴァセイシのコンポジションとオルガンである。M-3のようにブルースっぽい明るい曲もあるが、やはり圧倒的にネガティヴ系のダークなトーンが全体を支配している。

 個人的にはお気に入りのロジャースとペンが心なしか控えめな演奏なのがやや物足りないが、さすがはロジャース。決めるところはバッチリ決めてくれる。M-4のソロの導入部あたりはかなりゾクゾクきた。ペンもアルバム途中から尻上りに熱を帯びて行く感じだ。

 久しぶりにこのテの屈折系ジャズを聴いたが、しっくりくるまで少し時間がかかった。「どう作れば売れるのか?」などとセールスを考えず、こういうわかる人にしかわからない作品を掲げてやっていこうというのだから、ヴァセイシはある意味すごい。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

George Garzone & Jacek Kochan Trio / Filing The Profile

1

George Garzone (ts)
Jacek Kochan (ds)
Dominik Wania (p)
Andrzej Swies (b)

Rec. Jnne 6, 2008, at Studio Radio Gdansk, Poland
Engineer: Jacek Puchalski (Intchr 71304)

重く疾走するリズムセクションにガゾーンが咆哮する

 かっこいいテーマに乗ったスピード感のある現代ジャズだ。ダークなメロディと重みのある疾走感がガツンと脳天を直撃する。テナー奏者ジョージ・ガゾーンと、ドラマーのJacek Kochan率いるポーランド人トリオが放つワンホーン・カルテットの快作である。

 リズムセクションの好サポートを得て、御大ガゾーンがフルスロットルで吠えまくる。絶叫するように力強くブロウするその様はまるで鬼神のようだ。彼は60年間蓄積した人生の薀蓄を本作で出し切ったと言えるだろう。それくらいの快演だ。

 かたやポーランド人トリオに目を移せば、ピアノのDominik Waniaが群を抜いている。いかにも東欧的な翳りと愁いのあるフレージングがすばらしい。緊張感ビンビンのプレイスタンスやグルーヴ感にも痺れる。彼の演奏がもっと聴きたくなり作品を探したが、リーダー作はちょっとひねりすぎでピンとこなかった。もっとストレートに真っ向勝負してほしい逸材だ。

 一方、Jacek Kochanはかなり重いドラムを叩く。ほとんど「重たい」へ行ってしまう寸前でかろうじて食い止まっているかのようなノリだ。個性的でいいドラマーだが、あえて辛めに採点すればどの曲でも同じように重いスタイルなのでやや一本調子になりがちかも。相方のベーシスト、Andrzej Swiesは彼より軽やかによく弾み、気持ちよく躍動するいいベースだ。

 全8曲すべてドラマーのKochanによるオリジナル。プロデュースも彼が務めた。通して聴くと似たような楽曲が並んでおり変化には乏しいが、そのぶんアルバムとしての統一感はある。どの曲もスタイリッシュで粒ぞろいだ。ただし曲調が東欧ならではの重苦しさと裏腹なので人によっては少し聴き疲れするかもしれない。

 本作はぱっと見では颯爽とした「アメリカ人の音楽」のように聴こえるが、根っ子には東ヨーロッパ的な歴史を背負った沈鬱さがある。アメリカ人みたいに能天気なハジけ方じゃない。陰にこもった部分をどこかに抱えて心の底から笑えない――そんな東欧的なメンタリティが透けて見える。音楽とは、人のお国柄をはっきり映し出すリトマス試験紙みたいなものである。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Jesse Van Ruller / Circles

1

Jesse Van Ruller (g)
Seamus Blake (ts)
Sam Yahel (org)
Bill Stewart (ds)

Rec. December 15, 2002, at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: Max Bolleman (Criss Cross 1235)

オーソドックスを究めた極上のギタリズム

 ジェシ・ヴァン・ルーラーといえばオーソドックスな4ビートを主戦場にするギタリストというイメージが強く、ひとひねりあるジャズが好きな私としてはなんとなく縁遠かった。だがたまたま彼がサイド参加した演奏を聴き、今さらながらそのすばらしさに驚嘆しあわてて旧作を聴き漁っている。

 Criss Crossレーベルからの2作目に当たるこのアルバムも2002年録音と新しくはないが、サム・ヤエルをフィーチャーし洗練された極上の現代オルガンジャズを聴かせている。テナーにシェイマス・ブレイク、ドラマーはなんだか懐かしささえ感じさせるビル・スチュワートである。

 余談だが今や新譜は「なんでもかんでもエリック・ハーランド」な状況で、2000年代初頭までのあの「なんでもかんでもビル・スチュワート」な時代はいったい何だったんだという気がするが、本作のビル・スチュはもちろん古さなどかけらも感じさせないトップクラスのプレイを見せている。

 さて主役のジェシ・ヴァン・ルーラーは、1972年オランダ・アムステルダム生まれ。95年のモンク・コンペで優勝したテクニシャンだ。そのカッチリした正確無比な超絶ピッキングにはまったく驚かされる。しかもこれだけみじんも狂いがないと、ややもすれば機械が演奏しているような無味乾燥で味のない「うまいだけ」、「速いだけ」のギターになりそうなもの。だが彼の場合はまるでそんな気配さえない。情感豊かな顔の見えるいいギターで、間の取り方や陰影感の漂うフレージングにはうっとりさせられる。

 本作はオリジナル6曲のほか、シェイマス曲、スタンダード曲の合計8曲。ヤエルの現代的なオルガン・ベースに乗り、本格志向の4ビートあり、ワルツあり、ファンク調ありの展開だ。シェイマス・ブレイクのクールなテナーはいつも通り、ビル・スチュの腕が遅れて出てくるような「しなるグルーヴ」も相変わらず。その意味では完全品質保証で安心して楽しめる1枚といえるだろう。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

アダム・ロジャースの鼻血が出そうなファンク・ギター



破壊的なギターを弾くワイルドなやつ

 同じように両手でギターを弾いてるのに、なぜこうも人と差が出るかなぁ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

ギター以外はすばらしいギタリストのバンド



リズム隊とマーク・ターナーが超かっこいい

 ギラッド・ヘクセルマン以外はみんな超かっこいい、ギラッド・ヘクセルマンのカルテット(笑)。

 リズム隊の躍動的でクリエイティヴな遊び方と、それとは逆にクールに浮遊するマーク・ターナーとの対比が実に鮮やか。痺れるわぁ。

 それに引きかえヘクセルマンは……音色といい、フレーズといい、ノリといい、技術はあるが個性のない、まだママとお風呂に入ってるマザコン坊や、みたいなプレイ。にじみ出てくる味がない。山あり谷ありの人生の機微をまだ知らない人がギターを弾くとこうなります、みたいな感じ。

---------------------------------------

Gilad Hekselman (g)
Mark Turner (ts)
Joe Martin (b)
Marcus Gilmore (ds)

Live in Denmark - 23th May 2012

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

デヴィッド・サンチェスの緊張感バリバリなライヴ



このドラマー、かっこいいなぁ

 張り詰めた緊張感がすごい。ルンドはいつもよりやや歪んだ音調。かたやレフレミングはちょっとブリブリした音色でいただけない。

 ドラマーは初聴きだが、かなりよくてびっくりした。検索してみたが彼の情報はあんまり出てこない。残念。

----------------------------------

David Sanchez (ts)
Lage Lund (g)
Orlando LeFleming (b)
Tony Escapa (ds)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Chris Potter / The Sirens

1

Chris Potter (ts, ss, bcl)
Craig Taborn (p)
David Virelles (prepared piano, celeste, harmonium)
Larry Grenadier (b)
Eric Harland (ds)

Rec. September 2011, at Avatar Studios, NY
Engineer: James Farber (ECM 2258)

クリス・ポッター、ECM初リーダー作の出来栄えは?

 なんかクリス・ポッターとECMってイメージ的に結びつかない。で、「ハズしそうだなぁ」とリリース後しばらくためらっていたのだが、結局買ってよかった。このエリック・ハーランドの重いドラミングを聴けるだけで幸せだ。そんなポッターの最新作である。

 ポッターはポール・モチアンのリーダー作「Lost in a Dream」(2010)で客演して以来のECMだ。いかにもECMっぽい、よくいえば叙情的で余韻を生かした(退屈な)曲が数曲散らばっているのには閉口するが、残り3分の2ではハーランドのずっしり重いドラミングが堪能できる。そのノリと緊張感は、最近リリースされたアレックス・シピアギンの傑作「Overlooking Moments」(レヴュー記事はこちら)に近い。

 半透明の濁った水中を泳ぐ海の精(セイレーン)が目の当たりにした光景を音にしたような感じ。アルバムタイトルになっているギリシャ神話のセイレーンは半女半鳥の美女で、その美しい歌声で近くを通る船乗りを誘い船を難破させた。リスナーを幻惑し、誘惑する罠を仕掛けてくるような演奏だ。

 メンバーはサックスにクリス・ポッターのほか、ピアノがクレイグ・テイボーン、プリペアード・ピアノ(グランドピアノの弦にゴム等をはさんで音色を変えたもの)にキューバ出身のダヴィ・ヴィレージェス。リズム隊はラリー・グレナディアとエリック・ハーランドの黄金コンビだ。

 ポッターのオリジナル8曲に、メンバーのテイボーンとヴィレージェスが共作した1曲の合計9曲。M-1の勇壮なダイナミズムとM-6のサンバ的な明るさが特にいい。ほかにシュールな幕開けから複雑な展開に雪崩れ込むM-2の妖しさ、美しいバラードのM-4、儚くやるせないM-5も目を引く。

 テナーとピアノ、ドラムの演奏は非常にいいが、個人的にはベースのグレナディアは特に彼である必然性が感じられない。持ち前の重さと太さはあるが、まあいえば仕事でこなしてる普通のプレイだ。名前を貸した意味が大きいのだろうが、元メルドー・マニアとしてはちょっと寂しい。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Pete Zimmer / Prime Of Life

1

Pete Zimmer (ds)
George Garzone (ts)
Peter Bernstein (g)
Peter Slavov (b)

Rec. May 18, 2011, at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: Jon Rosenberg (Tippin' Records TIP1108)

明るく陽気な4ビートにのんびりリラックスする

 NYをベースに活動するドラマー、ピート・ジマーがリリースした5枚目の最新リーダー作だ。ポストバップな4ビート、非4ビートが中心で、聴いてるうちに思わずリズムを取ってしまう。明るく陽気にリラックスできるノリが楽しい。

 自身のオリジナル6曲に、ガゾーン作の3曲を加えた全9曲。冒頭ののんびりほんわかしたM-1が流れたとたん、ソファにゆったりめり込んで聴く気になる。本作にはシリアスで突き詰めた作品性のようなものはないが、とにかくなごめるところがいい。これと同時に5枚のCDをまとめ買いしたが、ふと気づくといつまでも聴いているのはこのアルバムだった。そんな1枚だ。

 大御所ジョージ・ガゾーン(ts)とピーター・バーンスタイン(g)のツートップが、陰影感豊かに楽曲を謳い上げる。ガゾーンは暖かみのある大らかなソロを取り、そのパックでバーンスタインの美しい七色のコードワークが冴える。

 バーンスタインは、パット・メセニーのような正確無比で流麗なソロを取るタイプではない。リズムがいい意味でルーズなところがいい。前へ後ろへ微妙に揺らぎ、彼独特のうま味を聴かせる。味わい深いギタープレイだ。

 主役のジマーはけっこう抑えた演奏が渋い。ハデな技巧を見せつけるタイプでなく、軽めのあっさりしたドラミングで楽曲のよさを引き出すタイプだ。それにジャケ写で見えるお腹のでっぱりがちょっとかわいい(笑)。顔はお澄まししているけれど、とっちゃん坊やなところがおかしい。

 ジマーは1977年、ウィンスコンシン州生まれ。2001年にNYへ進出した。続く2004年5月には自身のレーベル「Tippin' Records」を設立し、同年9月にファーストリーダー作「Common Man」をリリース。ガゾーンとはサードアルバム「Judgment」(2006)でも顔を合わせている。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。