スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Patrick Cornelius / Fierce

1

Patrick Cornelius (as)
Michael Janisch (b)
Johnathan Blake (ds)

Nick Vayenas (v-tb on 4, 6, 9)
Mark Small (ts on 5)

Recorded: January 22, 2009, at Bennett Studios, NJ
Engineer: Alessandro Perrotta (Whirlwind Records WR4614)

野生的でアグレッシヴなサックストリオに燃える

 サックストリオがアグレッシヴに暴れる爽快感! NYCで活動する若手アルト奏者、パトリック・コーネリアスが2010年にリリースしたセカンド・リーダー作である。サックストリオで鍵になるベースのマイケル・ジャニッシュがゴリゴリぶっちぎりのプレイで飛ばす。ドラムスのジョナサン・ブレイクともども重厚で攻撃的なリズム隊が圧倒的だ。

 メンバーは主役のパトリック・コーネリアス(as)にマイケル・ジャニッシュ(b)、ジョナサン・ブレイク(ds)。このサックストリオが基本になる。ほかにゲスト参加として、バルブトロンボーン奏者のニック・ヴァエナス、マーク・スモール(ts)が計4曲でプレイしている。

 トリオ編成のためたっぷりある空間を背に、ジャニッシュとブレイクのリズム隊が音数多くバリバリ煽る。それに触発されたコーネリアスが知性を漂わせながらも躍動的に咆哮する、という構図。サックストリオの見本みたいな展開である。ベースソロあり、ドラムソロありでリズム隊の見せ場も多い。

 コード楽器の不在はマイナスどころか、むしろ3人による広いスペースを生かした激しいインプロヴィゼーションのためのトリガーになっている。そのためノリノリの演奏に身をまかせ、理屈抜きで楽しめるアルバムに仕上がっている。

 コーネリアスは「Lucid Dream」(2006)でデビュー以来、「Fierce」(2010)、「Maybe Steps」(2011)、「Infinite Blue」(2013)と秀作を連発しているが、その中で本盤は最もワイルドでエネルギッシュなアプローチをした作品といえる。

 コーネリアスは2005年にアメリカ作曲家作詞家出版者協会(ASCAP)主催のYoung Composer Awardsで優勝し、2011年にはダウンビート誌で「将来を嘱望される若きタレント」に選ばれた。また2012年にはアメリカ室内楽協会(CMA)のNew Jazz Works Commissionを受賞している。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Anne Mette Iversen Quartet / Milo Songs

1

Anne Mette Iversen (b)
John Ellis (ts, cl)
Danny Grissett (p)
Otis Brown III (ds)

Recorded: Feb & March, 2011, at Peter Karl Studios, NY
Engineer: Michael Perez-Cisneros (BJUR 025)

知的でハイセンスな作曲のうまさに酔う

 ブルックリンを拠点に活動するデンマーク出身の女性ベーシスト、Anne Mette Iversenの2011年作品だ。彼女のアルバムの中ではいちばんメロディアスな逸品である。知的でハイセンスな構成のうまさが光る。渋い組み合わせのプレイヤーたちのワザも聴き物だ。

 メンバーはジョン・エリス(ts)とダニー・グリセット(p)のツートップに、オーティス・ブラウンIII(ds)とAnneがリズム隊を組む。全7曲すべてオリジナルだ。

 まず1曲目イントロのエリスによるメロディアスなテーマに後頭部ズゴン。(しかもこのフレーズは数小節あとでベースによってリプライズされる、というアレンジの凝りよう)。またM-2冒頭のエリスとグリセットの掛け合いに、ベースがスッとかぶってくるところなんかも計算されている。

 アルバム全編この調子で、主役のAnneは痺れるような名コンポーザーぶりを見せつける。そして大団円の最終曲ではエリスがまた哀感のあるテーマをリフレインして泣かせてくれる。実に曲がよくできており、「次はどんな仕掛けが出てくるのか?」と興味をかき立てられたまま、あっという間にアルバム1枚が終わってしまう。

 もちろん楽曲だけでなく各プレーヤーの演奏もいい。特にエリスとグリセットは代わる代わるほとんどの曲でソロを取っており、「自分のリーダー作よりデキがいいんじゃないか?」と思わせるようなプレイをしている。2人とも力でごまかすのでなく、インテリジェンスで聴かせるタイプである。

 この点はドラマーのブラウンにも共通しており、彼は巧妙に手数を増やしたり減らしたりしながら楽曲に山あり谷ありの表情をつけて行く。M-2ではドラムソロも聴かせているが、決して力まかせにドカドカやるのでなく微妙に抑えをきかせながらメリハリをつけて非常に知的なソロを取っている。

 そんなわけで楽曲のよさと各プレイヤーの迫真の演技におなかいっぱい。深い満足感をあたえてくれる1枚でした。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Frederic Borey Group / Maria

1

Frederic Borey (ts, ss)
Pierre Perchaud (el-g, ac-g)
Clement Landaies (b)
Eric Bedoucha (ds)

Recorded: November 4-5 2005, at Studiolane, FR
Engineer: Bruce Cherbit (FSNT 295)

10月の秋空のように涼やかなコンテンポラリー

 フランス人サックス奏者、フレデリック・ボレイが、2007年にFSNTデビューを飾った3枚目のリーダー作だ。哀愁のあるメロディと10月の秋空のように涼やかな演奏がいい。全員がさらりとクールに決めたコンテンポラリー・ジャズである。

「エネルギッシュに躍動する」とか、「白熱のプレイに手に汗握る」なんて場面はまったく出てこない。全身の力を抜き、力まず淡々としたプレイが展開する。フランス人ではあるが、NYCのコンテンポラリー・シーンの一断面を垣間見せるような演奏だ。

 トリスターノ門下の筆頭格、ウォーン・マーシュをフェイバリット・アーティストに挙げている点からも、主役のボレイがどんなプレイをするかは想像できるだろう。そう、マーク・ターナーっぽいクールな脱力系である。本作は1曲を除きすべてオリジナルの計8曲で構成されているが、楽曲のテイストもプレイとまったく同じ。暑苦しさのない醒めたテイストが心地いい。

 メンバー全員がそんなアルバム・コンセプトを理解し、揃って低い温度感の演奏をする。リズム隊も「ブンブン行きまくる」なんてことは絶対ない。あっさりしたプレイスタイルでサポートしている。ノリノリで聴くジャズも楽しいけれど、ときにはこういうクールな演奏もいいものだ。

 ちなみに彼はFSNTから「The Option」(2012)、「Lines」(2010)などのリーダー作も出しているが、個人的には本盤がいちばん彼らしさが出ているように思う。

 フレデリック・ボレイは1975年生まれ。リック・マーギッツァやジェリー・バーガンジに師事し、ONJ(オーケストラ・ナショナル・ドゥ・ジャズ)、Y'akasaxなどのユニットを経て、2002年から自身のバンドを率いて活動している。リーダー作5枚のほか、これまでにユニット名義の作品を3枚リリースしている。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Lars Danielsson / Liberetto II

1

Lars Danielsson (b, cello, p, piano melody)
Tigran (p, fender rhodes)
John Parricelli (g)
Magnus Öström (ds, per, electronics)

Mathias Eick (tp)
Dominic Miller (g)
Cæcilie Norby (voice on M-12)
Zohar Fresco (per, vocals)

Released: 2014 (ACT 9571-2)
Engineer: Bo Savik and Jan Erik Kongshaug

日本人好みの甘い哀愁が漂う

 スウェーデン人ベーシスト、ラーシュ・ダニエルソンのカルテットによる人気作「Liberetto」(2012)の続編が登場した。ダニエルソン盤は日本でも毎回評価が高いが、甘く哀愁のあるメロディがいかにも日本人好みな音という感じだ。

 アコギとトランペットが効果的に配置されており、そこにティグラン・ハマシアンが奏でる美しいピアノがからむ。あるいは主役ダニエルソンのベースソロが挿入される。複数の楽器が重層的に積み上げられたその様は、計算された作曲者の意図を感じさせる。

 緻密にアレンジされた(いい意味で)自由度の低い音であり、基本的にはスタジオ入りまでに完成している種類の音楽である。作曲者が練りに練った楽想を楽しむための作品とでもいえようか。

 構成的には、クラシックの室内楽を聴いてるかのように錯覚させられる瞬間があったり、かと思えばヨーロッパの古いフォークソングの要素が漂うなど、かなり多面的な音楽性を感じさせる。こうしたさまざまな要素をミクスチャーした上で、甘い味付けをして売れる音を作りました、という感じだ。

 ダニエルソンは1958年スウェーデン生まれ。ヨーテボリの音楽院でクラシックのチェロを学び、その後ジャズに転向しベースを弾くようになる。80年代初めにはデイヴ・リーブマン、ボボ・ステンソンらとカルテットを結成し、ジョン・スコフィールドらアメリカのビッグネームと共演し評価を得ている。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Brice Winston / Child's Play

1

Brice Winston (ts)
Mike Moreno (g)
David Virelles (p)
Joe Sanders (b)
Marcus Gilmore (ds)

Recorded: January 31, 2014, at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: Michael Marciano (Criss Cross 1374)

オリジナリティはないが演奏は悪くない

 一発目の音が出た瞬間、「あー、こりゃウィル・ヴィンソンの『Stockholm Syndrome』(2010年、レヴュー記事はこちら)だな」とすぐわかった。ベースとピアノのアレンジ、ギターのかぶせ方がそっくりなのだ。M-2のピアノソロもすごくいいが、同アルバムでのアーロン・パークスのプレイに劇似している。そんなわけでオリジナリティはないが、バンド全体の演奏の質は高い。クリスクロス・デビューとなったサックス奏者、ブライス・ウィンストンがリリースしたばかりのセカンド・リーダー作である。

 メンバーは売れっ子のマイク・モレノ(g)にダヴィ・ヴィレージェス(p)、リズム隊はジョー・サンダース(b)とマーカス・ギルモア(ds)という超豪華布陣だ。まさにNY最先端、余裕たっぷりのプレイが繰り広げられる。アルバム構成は主役ウィンストンのオリジナル5曲にウェイン・ショーターの「JUJU」と「FALL」、スタンダード1曲の合計8曲だ。

 さて本盤をカテゴライズするならば、冒頭にあげたウィル・ヴィンソンやラーゲ・ルンドあたりと同じ(いい意味で)冷たい寒色系の音である。いかにもNYコンテンポラリー最前線、みたいなコンセプトだが、ただし惜しむらくは本人がやりたくてそうしてるのでなく、売れセン狙いでやってるみたいな印象を受けてしまう。

 たとえばヴィンソンやルンドは自分をそのまま出して作品を作れば「ああなる」のだが、この人はそれを「マネして」やってるみたいな感じ (現にアレンジがそっくりだ)。また作曲面だけでなく、プレイも同じ。おそらく彼のサックスをブラインドで聴き、「ああ! あのブライスのサックスだよね、これ」とわかる人はいないだろう。一撃でリスナーの耳をからめ捕るような強烈な個性がないのだ。

 たとえば本盤を通して聴くと、この人のサックス・プレイはバラードで感情を熱く表に出すようなウォームなプレイのときのほうが自分のよさが出る。現に彼がいちばん本領を発揮しているのは (本作で唯一の暖色系である) スタンダードのM-7だ。

 なのに「いま風であること」を意識しすぎ、意図的にクールで現代的な曲を書いてプレイしようとしている感じがする。もっと自然にやればいいのにと思うが、自分はどんな役柄を「演じ」ればいいのか、自分で自分の立ち位置を決めかねているのだろうか。どうも「自分がない」感じがする。

 その点、逆にギターのモレノとピアノのヴィレージェスにはたっぷり出番があり、彼らはふんだんに自分を出している。2人はほとんどの曲でソロを取っており、モレノとヴィレージェスは本盤でその才能をはっきり証明したといえるだろう。

 モレノはどの曲のソロを聴いても本当にすばらしいし、以前からその才能に一目置いていたヴィレージェスに今回スポットライトが当たったのはうれしい。本作を聴いて魅了され、ヴィレージェスのフォロワーになる人も多いのではないだろうか。一方、リズム隊はサポートに徹しているが、ギルモアは局面によっては持ち前の凄みを見せる。特にM-3の終盤で見せるドラムソロ的なプレイは目茶かっこいい。逆にいえば豪華メンバーに主役がすっかり食われた一作である。

 ただしオリジナリティがないだけで曲はいいし、バンド全体の演奏も実にハイレベルだ。現代ジャズの先端を体験し、モレノとヴィレージェスのプレイを堪能するには格好の作品といえるだろう。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Jason Palmer / Take A Little Trip

1

Jason Palmer (tp)
Greg Duncan (g)
Jake Sherman (p, fender rhodes)
Edward Perez (b)
Lee Fish (ds)

Recorded: October 2011
Engineer: Chris Sulit (SteepleChase SCCD31750)

ミニー・リパートンのカバー集を聴いてハッピーになる

 若手トランペッターのジェイソン・パーマーは、百鬼夜行の現代ジャズ界にあってひときわスペシャルな異端児だ。作風だけでなく奏法にも独特のユーモアを感じさせる。そんな陽気な彼の作品中、いちばん明るいアルバムがこれ。ダウンビート誌で4ツ星がついた4枚目のリーダー作だ。

 オリジナル勝負の彼にしては珍しいカバー集である。1979年に31歳の若さで亡くなった伝説的シンガー・ソング・ライター、ミニー・リパートンの作品を取り上げている。どの曲もメロディラインがとってもチャーミングで、聴いてるうちに思わず頬がゆるんでしまう。ただし単なるカヴァーでは終わらせず、パーマーらしい躍動感のあるリズムアレンジでラストまでノリよく突っ走る。

 参加メンバーは、まずピアノにジェイク・シャーマン。彼が随所に散りばめたラヴリーなエレクトリック・ピアノは実に効果的だ。またパーマーのセカンド作「Nothing To Hide」(2010)でもプレイしていたグレッグ・ダンカン(g)、リー・フィッシュ(ds)の顔も見える。さらに同じくダウンビート誌で4ツ星半と高評価だったパーマーの第3作「Here Today」(2011)、最新作「Places」(2014)にも参加しているエドワード・ペレス(b)もいい仕事をしている。

 では音を聴いてみよう。

 まず愛らしいメロディの軽快なアルバム・タイトル曲で幕が開く (M-1のみスティービー・ワンダー作)。M-2は、日本でも平井堅やMISIAらがカヴァーした大ヒット曲「Lovin' You」だ。続くM-3では静かなバラードでほっとひと息。お次はホットな大盛り上がり大会が10分以上も続くM-4が待っている、てなぐあい。とにかくどの曲もメロディがいい。パーマーはこれら素材を生かしながら、メンバー個々のインプロヴィゼーションやインタープレイを織り交ぜ楽しい作品に仕上げている。

 主役のパーマーは、トランペッターらしからぬひねったプレイをする。顔を真っ赤にして力みまくるのでなく、逆にすっかり脱力した軽いプレイでひょいひょい踊るようなグルーヴを生み出す。ストレートな重戦車型のトランペッターが多い中、ひらりひらりと小鳥のように軽快なそのプレイはオンリー・ワンの個性を放つ。

 一方、パーマー作品では常連のラテン系ベーシスト、エドワード・ペレスのプレイも光る。跳ねるようなリズムのいいベースを弾き、リーダー作「The Year of Two Summers」(2008)もリリースしている。パーマーが書く楽曲のグルーヴは、ほとんど彼が作り出しているといっても過言ではない。かたや2009年のGibson Montreux Guitar Competitionファイナリストでもあるダンカンも、パット・メセニー系の繊細で魅せるギターを弾いている。

 メロディ、リズムともにバリエーション豊富でめくるめく魅力の本盤は、オリジナル楽曲の多いパーマー作品のなかではひときわ異彩を放つ隠れ名盤といえそうだ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Anne Mette Iversen / This Is My House

1

Anne Mette Iversen (b)
John Ellis (ts)
Danny Grissett (p)
Otis Brown III (ds)

Recorded: August 14-15, 2005, at Tedesco Studios, NJ
Engineer: Tom Tedesco (Okapi Records Okapi002)

ジョン・エリスが舞い、ダニー・グリセットがきらめく

 ジョン・エリス(ts)とダニー・グリセット(p)のファンならぜひ聴いてほしい1枚。ニューヨークで活動するデンマーク出身の女性ベーシスト、Anne Mette Iversenの好アルバムだ。とにかくコンポジションのよさが飛びぬけており、渋い作風で何度聴いても飽きがこない逸品である。

 なんといってもまずメンバーがいい。主役のAnne(b)にエリス(ts)とグリセット(p)、それにオーティス・ブラウンIII(ds)を加えたレギュラー・カルテットだ。彼らは完全固定メンバーで、Anneが書いた数枚のアルバムを連発している。バンドとしてのまとまりと楽曲のよさがキラリと光る。

 ジョン・エリスは決して熱くならないクールな侘び寂びプレイを決めまくる。かたやグリセットはときに美しく、またあるときはモーダルな得も言われぬピアノを聴かせる。このツートップの演奏を聴いているだけで幸せになれる。

 主役のAnneは裏方に徹したベースプレイだが、とにかく作曲能力がすばらしい。派手にドンパチやる作風ではなく、あくまで渋く4ビートをからめながらも非4ビート系ではNYブルックリンっぽい新しさを感じさせる。随所に哀感漂う耳に残るいいメロディーを散りばめた、おいしい楽曲の宝庫である。なぜこんな才能のある人の作品が、日本でもっと評価されないのか不思議でならない。

 彼女のアルバムはどれもいいが、最新作の「So Many Roads」(2014)はストリングス入りで好みが分かれるかもしれない。初めて聴く人なら本作か、「Milo Songs」(2011)あたりが入りやすい。またDISC-1が弦楽器入りカルテット、DISC-2が通常のレギュラー・カルテットという2枚組「Best of the West + Many Places」(2008)もすごくいい。エネルギッシュでノリノリのジャズもいいけれど、ときには落ち着いた大人の音も聴きたい、という人にはおすすめだ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。