Nick Granville Group / Refractions

1

Nick Granville (g)
Roger Manins (sax)
Olivier Holland (b)
Ron Samsom (ds)

Recorded: November 13, 2012, at the Kenneth Myers Centre, NZ
Engineer: John Kim and David Rylands (Rattle Records Rat-j-1017)

ジョンスコ2世が暴れる超ゴキゲンなファンク・アルバム

 ジョン・スコフィールドにそっくりな粘着ファンク・ギターが暴れ回る。おまけにサックスまでロヴァーノ似なんだから念が入っている。ニュージーランドのウェリントンを拠点に活動するギタリスト、ニック・グランヴィルが発表したばかりの新譜である。

 本作はジョンスコをこよなくリスペクトするニックが、ニュージーランドのオークランドでは知る人ぞ知るオールスターを率いてレコーディングした作品だ。音楽的には、90年代初頭のジョー・ロヴァーノ(ts)入りのジョンスコ作品「Mean to be」(1991)、「What We Do」(1992)あたりのいちばんおいしい時期の音をスコっている。

 全10曲すべてニックのオリジナル。特に目を引くのは終盤M-8~10のノリのいいナンバーだ。まずM-8は「ドトート、トート、ドートト、トトト」という必勝パターンのかっこいいリフが繰り返される。これは楽しい。おまけに「今どきこんなに吠えるサックスはいないぞ」ってくらいサックスが吠えまくる。

 かたやM-9はジョンスコの「Mean to be」(1991)に収録されている「Chariots」にクリソツな曲だ。粘っこいグルーヴとトボけた味が楽しめる。ちなみに本家「Chariots」の収録メンバーはジョー・ロヴァーノ(ts)にマーク・ジョンソン(b)、ビル・スチュワート(ds)という黄金の4人である。

 ほかに同じくジョンスコ作品「Time On My Hands」(1990)を思わせるグルーヴィな4ビートのM-1、ブルージーでノリのいい4ビートのM-2、サンバっぽく跳ねる明るいM-3あたりがいい。

 ニックのギターはジョンスコみたいに派手なアウトこそしないが、リズムがラフでアバウトに揺れるところまでそっくりだ。音色はもちろんうりふたつで、特にM-1やM-5、M-9のギターはぶっちゃけ本物と区別がつかない。かなりジョンスコのセッティングを研究しているのだろう。いやはや、おみそれ致しました。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Florent Nisse / Aux Mages

1

Chris Cheek (ts)
Jakob Bro (g)
Maxime Sanchez (p)
Florent Nisse (b)
Gautier Garrigue (ds)

Released: 2014. Recorded at Studio des Egreffins, FR
Engineer: André Charlier (Nome 002)

クリス・チークとヤコブ・ブロが演出する静寂の美学

 ヤコブ・ブロ(g)が繊細なタッチのアルペジオで生み出した空間を、クリス・チーク(ts)がゆったりと泳ぐ。まるで湖面に落ちた水滴が描く波紋を音にしたような、沈黙が支配する粛然とした世界だ。若手フランス人ベーシスト、フローレント・ニッセがリリースしたしばかりの初リーダー作である。

 ブロの爪弾く柔らかなギターの余韻があたりを包み込み、チークが決してオーバー・ブロウしないクールなタッチで彩を添えて行く。なみなみと注がれることのないワイングラスのように、ある一線を絶対に越えない抑制を利かせた演奏が続く。メロディの美しさが凛として際立ち、リスナーの絵心を捕えて離さない。

 2000年代の新しいジャズの地平を切り開いてきたチークと、独特の空間サウンドでユニークな世界観を提示してきたデンマークの妖星、ブロのツートップを前面に立てた。彼ら2人はブロのリーダー作で幾度となく共演している旧知の仲だ。リズムセクションも質の高いメンバーで固めているが、特にドラマーのGautier Garrigueはポール・モチアンの影響がうかがえ表現力にあふれる。ニッセのベースも抑えた演奏ながらクオリティが高い。

 ニッセのオリジナル7曲に加え、参加メンバーのサンチェスが3曲を持ち寄った。アンビエントな雰囲気を漂わせながらも、微かにメロディックな波動をたたえた不思議なたたずまいの楽曲群だ。一度聴いただけではピンとこないかもしれないが、くり返し何度も聴くうちじんわり効いてくる。まだ若いのになんとも渋いセンスである。

 静寂の美学を音にしたようなM-1や、テーマが美しくキャッチーなM-3、本盤としては珍しくリズミックに躍動するM-5がひときわ目を引く。ヤコブ・ブロのリーダー作をもっと具象化し、メロディーラインを補強したような静謐感のある作風だ。モチアン・バンドやブロの世界が好きな人にはおいしい1枚だろう。

 ニッセは1983年生まれ。2008年に国立高等音楽院(パリ音楽院)に合格し、リッカルド·デル·フラ率いるジャズクラスで学んだ。現在は本作のピアニスト、マキシム・サンチェスとともにユニット「Flash Pig」で活動する一方、FSNTレーベルではフランス人サックス奏者、フレデリック・ボレイの「The Option」(2012)にも参加している。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Nate Radley / Morphoses

1

Nate Radley (g)
Loren Stillman (as, ts)
Matt Pavolka (b)
Ted Poor (ds)

Recorded: May 9-10 and June 19, 2013, at Bunker Studios, NY
Engineer: John Davis (FSNT 452)

ビルフリ調のカントリー・フレイバー漂う最新作

 オープニングでいきなりビル・フリーゼルみたいな朗らかで開放的なナンバーが飛び出してびっくり。アルバム全体にカントリー・フレイバー漂う奇妙な明るさを散りばめ、新境地を開拓した問題作だ。ニューヨークの個性派ギタリスト、ネイト・ラドリーがリリースしたばかりの3rdリーダー作である。

 参加メンバーは盟友ローレン・スティルマン(as, ts)にマット・パヴォルカ(b)、テッド・プア(ds)と、気心の知れた顔ぶれが揃った。ちなみに主役のラドリーは、スティルマン率いるグループ「バッド・タッチ」のメンバーでもある。

 全9曲すべてラドリーのオリジナル。だが中身は過去作とちょいちがう。アコギを使ったキャッチーなメロディのM-4や、ロック的でノリのいい8ビートのM-5、おおらかで気持ちよいバラードのM-6など、屈折した作風だった今までの彼からは考えられないストレートな曲作りをしている。

 とはいえよく聴くと、たとえば明るく開けっ広げに聴こえるM-1も、中間部ではラドリーらしい翳りのあるコード進行がスパイスとして顔を出す。また憂いのある従来路線の曲もM-2~3、M-7~9と巧妙に散らしている。そんなわけで新・旧路線の楽曲が複雑に絡み合い、アルバム全体が陰と陽のないまぜになった不思議な空間を形成している。意表を突くリズムの変化と七色のコードワークで聴かせる点は相変わらずだ。

 こんなふうに細かく聴くと、楽曲の構成やメロディー&リズム・アレンジに驚くほど凝っているのがわかる。なかでも陰影感のあるメロディがのたうつM-2や、リズミックな導入部がおもしろいM-3、イントロのアコギと冒頭のメロディが鮮烈なM-4、サビがよくギターソロがかっこいいM-8あたりが強く印象に残る。

 振り返ればデビュー盤の「The Big Eyes」(2011年、レヴュー記事はこちら)、セカンド作「Carillon」(2013年、レヴュー記事はこちら)のどちらにも似ていないが、ただし散りばめられたエッセンスはどこか共通している、という不思議なバランスを保っている。

 この3作目で次はどこへ行くのか、見当もつかなくなったラドリーの今後に目が離せない。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

SF JAZZ Collective / 10th Anniversary: Best of Live at the SFJAZZ Center, 2013

3

1

Miguel Zenon (as)
David Sanchez (ts)
Avishai Cohen (tp)
Robin Eubanks (tb)
Warren Wolf (vib)
Edward Simon (p)
Matt Penman (b)
Obed Calvaire (ds)

Recorded: October 10-13, 2013, at SFJAZZ Center, SF
Engineer: Jeff Cressman (SFJAZZ Records)

SFジャズ・コレ10周年記念、キラ星のようなスター軍団がずらり

 現代ジャズ界を代表するオールスターばかりを集めた豪華ユニット、SFジャズ・コレクティヴの10周年記念盤がリリースされた。2013年にSF JAZZセンターで開かれたライブが収録されているのだが、これがまたすごいことになっている。

 マット・ペンマン(b)とオベド・カルヴェール(ds)という超攻撃的なリズム隊の上空に、ミゲル・ゼノン(as)やらデヴィッド・サンチェス(ts)、はたまたアヴィシャイ・コーエン(tp)やらがキラ星のごとく並ぶ。メンバー表を見ているだけでお腹いっぱいになりそうだが、演奏がこれまたハンパない。

 オープニングはブルージーでオーソドックスなハンコックの「And What If I Don't」でほのぼのと幕が開く。おおらかなノリで誰もが楽しめるナンバーだ。ふと気づくと無意識のうちにカラダがリズムを取っている。だが、なんせこのメンバーである。曲目を追うごとに急速度でコンテンポラリー度合いが増して行く。

 デイヴ・ダグラス作のドラマティックなM-2「Alcatraz」で早くも彼らはエッジの利いた本性を現す。エドワード・サイモンのモーダルなピアノソロがぴたりと決まる。後半の演奏も熱い熱い。続くペンマン作のM-3「Frosted Evils」ではゆったりと漂うようなビートの中に現代性を煌めかせる。ホーン陣のソロ交換も唸らせるデキだ。

 M-4のコルトレーン「Moment's Notice」でホッとひと息ついたかと思えば、エリック・ハーランド作のM-7「Union」では地鳴りのようなカルヴェールの超絶ドラムソロが炸裂する。お祭り男の面目躍如だ。彼が爆発する前後の展開も山あり谷ありでスリリング極まりない。

 続くゼノンのかっこいいM-8「Lingala」は本作でいちばんのとんがり系か。難度の高いキメがズバズバ飛び出す。中間部の白熱するソロもすばらしい。かたやホーンセクションがえらくファンキーな最終曲のM-10は幕引きにふさわしいノリノリのナンバーだ。リズムの粘り方がアヴェレージ・ホワイト・バンドを思い起こさせる。カルヴェールのファンクなドラミングがめちゃいいわぁ。

 これだけのメンツが勢揃いしているとホーン・アレンジだけでも大変だろう。個人的にはもうちょい尖ったところが聴きたかった気もするが、まあこの種のプロジェクトはどうしても最大公約数的な出し物になるのだろうから贅沢はいわないでおこう。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Jesse Stacken / Helleborus

1

Jesse Stacken (p)
Tony Malaby (ts, ss)
Sean Conly (b)
Tom Rainey (ds)

Recorded: April 16, 2014, at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: Joe Marciano (FSNT 454)

トニー・マラビーが咆哮する超絶NYコンテンポラリー

 ぶっちゃけ、こいつはすごい盤だ。アルバム冒頭からトニー・マラビー(ts)が所狭しと暴れ回り、主役のジェシ・スタッケン(p)はフリーキーで素っ頓狂なきわどいプレイを連発する。ニューヨークで活動する若手ピアニストのスタッケンが、新カルテットで挑んだ渾身のニューアルバムである。

 リズム隊は、まずベーシストがグレゴリー・ターディ(ts)グループのレギュラーメンバーとしても知られるショーン・コンリー。一方のドラマーはサックス奏者ティム・バーンやクリス・デイヴィス(p)らとの共演が多く、最新リーダー作「Obbligato」(2014)をリリースしたばかりの名手トム・レイニーだ。この鉄壁の土台の上で、マラビーとスタッケンがやりたい放題なんだからたまらない。

 スタッケンといえば、アイヴィン・オプスヴィーク(b)、ジェフ・デイビス(ds)という強力なリズム隊を擁してFSNTデビューを飾った「That That」 (2007)からずっと注目していた。ちょっとフリーっぽくコンテンポラリーなそのスタイルが気になる存在だった。だが惜しむらくはバンド全体としてのトータルサウンド的な何かが足りない感がし、残念ながら弊ブログで紹介するには至らなかった。

 だが今回リリースされた本盤は、はっきり一線を超えている。文句のつけようがない突き抜けたデキだ。正気と狂気の境界を自在に行き来するマラビーの存在が大きい。全9曲スタッケンのオリジナルが詰まった本作では、そんなマラビーの太くて艶のある力強いブロウとスタッケンの尖った個性を存分に楽しめる。

 2人がユニゾンでテーマを煽るノリのいい4ビートのM-1から、コンリーのリズミックなペースがぐいぐいドライヴするM-3、こっけいなノリとメロディが交錯するM-4、またM-5のような美メロのバラードまで、まったく死角のないアルバム構成がリスナーを圧倒する。

 M-8のようにフリーキーな曲になるとレイニーのシンバルの使い方がまた絶妙で、ドリュー・グレスっぽい独特のノリを持つコンリーのベースとあわせリズム陣の貢献度も絶大だ。メンバー4人の才能の総和が、そのままアルバムのクオリティとして花開いた傑作である。

 スタッケンは1978年ミネソタ生まれ。2002年にニューヨークへ移住して以来、アイヴィン・オプスヴィーク(b)、ジェフ・デイビス(ds)とレギュラートリオを組み、FSNTからリーダー作「That That」 (2007)、「Magnolia」(2010)、「Bagatelles for Trio」(2012)を発表してきた。アメリカ最大のジャス・サイト「All About Jazz」では、"最も注目すべき若手ジャズ・ピアニスト"と称されている。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Sebastien Joulie Group / Green Waves

1

Sebastien Joulie (g)
Brice Berrerd (b)
Charles Clayette (ds)
Walter Smith Ⅲ (ts)

Recorded: February 16-17, 2013.
Engineer: Olivier Biffaud (FSNT 448)

W・スミス3世参加、ひんやりクールな現代ジャズ

 クールを絵に描いたようなコンテンポラリー・ジャズだ。バンド全体の音色がひんやり冷たく、演奏も抑えを利かせて淡々と進む。メロデイックなテーマと低い温度感のリフレイン。ブルックリン界隈ではポピュラーなスタイルだろう。フランス人若手ギタリスト、セバスチャン・ジュリが発表したばかりの新作だ。

 目玉は、なんといってもウォルター・スミス3世の参加である。彼のプレイはいつにも増してデリケートだ。かたやジュリのギターはシンプルで無駄がない。そのテナーとギターがユニゾンでテーマを奏でるのだから、放っておいても淡麗辛口な演奏になる。

 主役のジュリもソロを取るが、どちらかといえば売れっ子のスミスを前面に押し立てた作りをしている。そのため本作ではスミスのプレイをたっぷり堪能できる。M-1ではアルバムのコンセプト通りクールそのもの。またM-4やM-8では逆に熱くエネルギッシュなブロウが聴ける。このあたり、クール&ホットを器用に使い分けるスミスの特徴がよくわかっておもしろい。

 一方、ジュリのギターはグラント・グリーン系のテイストながら、楽曲に応じて繊細なタッチも見せる。特にバッキング時における単弦弾きのちょっとしたフレーズやコードワークに光るものがある。弾きまくるタイプではなくゴツゴツしたプレイで華やかさはないが、渋めのギターが好みの人にはツボだろう。リズム隊はサポートに徹しているが、全員が白熱するM-4ではベースソロも用意されている。

 アルバム構成は2曲を除きすべてオリジナルの計8曲。テーマがよくスミスがホットにぶっちぎるM-8がダントツでかっこいい。ほかに後半アッテンポになり津波のように盛り上がるM-4、軽快なノリがさわやかなM-5、ギターソロが冴えるM-6あたりが耳に残った。

 セバスチャン・ジュリはフランスの音楽院を卒業後、ニューヨークのニュー・スクールで学んだ。ジミー・レイニーやグラント・グリーンの影響が濃い。現在までに3枚のリーダー作をリリースしている新鋭だ。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Jochen Rueckert / We Make The Rules

1

Mark Turner (ts)
Lage Lund (g)
Matt Penman (b)
Jochen Rueckert (ds)

Recorded: February 10, 2014, at Acoustic Recording, NY
Engineer: Michael Broby (Whirlwind Records WR4658)

苦み走ったダークな迷宮世界

 目隠しをされて断崖絶壁の上を歩かされているようなスリルがある。次の展開がまったく読めない。このダークな世界に終わりはあるのか? ニューヨークを拠点に活動する売れっ子ドラマー、ヨッケン・リュッカートがリリースしたばかりの3枚目のリーダー作だ。

 覚えやすいメロディがまったく出てこない。漆黒の闇夜を疾走するかのようなモーダルな演奏が続く。少しくらいキャッチーな部分を作ってわかりやすくしてもよさそうなものだが、「わかる奴だけにわかればいい」というのがリュッカート流のようだ。苦み走った旨みの利いた全9曲、すべてオリジナルである。

 メンバーはマーク・ターナー(ts)にラーゲ・ルンド(g)、またマット・ペンマン(b)と主役のリュッカートがリズム隊を組む。前作「Somewhere Meeting Nobody」(2011年、レヴュー記事はこちら)でギタリストを務めたブラッド・シェピックが、今回ルンドに変わっただけの同じメンバー構成だ。

 前作のシェピックはかなり自分の色を出していたが、本盤のルンドはいつもの彼と音使いがちがう。何か未開の領域に挑戦しようとしているかのようなプレイをしている(おそらくアルバムカラーに合わせたのだろう)。そのため凍えるように冷たい普段の彼のトーンとはまた別の不思議な味がある。

 かたやマーク・ターナーはいつも通りだ。ひらひらと蝶が舞うように軽やかなプレイをしている。それにしても今年になって彼の参加作を聴くのはいったい何枚目だろう? 次から次へと出る新作には決まって彼のクレジットがある。いまやキャリアの頂点にいるのは明らかだ。

 一方、マット・ペンマンも相変わらず。弾けるようにブンブン躍動している。バンドをぐいぐい前に引っ張る彼の推進力には目を見張らされる。主役のリュッカートは軽いドラミングだが、リーダー作とあって手数が多い。かなり自分を主張している。

 前作は本盤とくらべアレンジ比率がやや高かったが、今回はインプロヴィゼーションがふんだんに聴ける。各人のインタープレイが作品のおもしろさを構築している。ただしどこまでが譜面に書かれた世界で、どこからがインプロなのか判然としない部分が多い。そのぶん予定調和がまったくなく、次はいったい何が飛び出すかハラハラさせられる。

 ひと口めは苦いが、慣れるとクセになる味だ。リュッカートはコンポーザーとしても一流のようである。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR