スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Danny Grissett / The In-Between

1

Danny Grissett (p)
Walter Smith lll (ts)
Vicente Archer (b)
Bill Stewart (ds)

Recorded: April 29, 2015, at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: Michael Marciano (Criss Cross 1382)

コンテンポラリー・ジャズへ舵を切った最高傑作

 クリスクロスから5作目になるダニー・グリセットの新譜がお目見えした。アルバム10曲中、5
曲を占めるオリジナル曲では過去のピアノトリオ作と異なり完全にコンテンポラリー・ジャズへと路線変更しており、渋めだが自身最高傑作といっていいデキだ。元気に弾けまくるビル・スチュワート(ds)との白熱のバトルも熱い、熱い。

 本作はウォルター・スミス3世(ts)をフィーチャーしたワンホーン・カルテットである。リズム隊にはグリセットの過去すべての作品でベースを弾いているヴィセンテ・アーチャーと、90年代終わりから2000年代にかけ一斉を風靡したビル・スチュワートが参加している。特に今作でのビルは圧倒的といっていいほどエネルギッシュに叩きまくっており、相変わらずパターン豊富な「ワザのデパート」ぶりを披露している。

 本作での彼のドラミングは、過去に参加したジョン・スコフィールド(g)のライブ盤「EnRoute」(2004年)やシェイマス・ブレイク(ts)の名盤「Bellwether」(2009年)で披露していた彼のベストプレイをも凌ぐか? という快演ぶりだ。この軽快なドラミングを聴いてるだけで楽しくなってしまう。

 さて本題のアルバムだが、前半を目玉のオリジナル曲で固め、後半にはキラ星のごとく輝くスタンダードとジャズメン・オリジナルの名曲を配した構成になっている。クリスクロス盤ではよく見かけるバランスを考えた構成の仕方だ。前半のオリジナル群がやや重苦しい曲調のため、後半に来て明るいスタンダードでホッとひと息、という趣向である。

 特に3曲めにもってきた、いかにもジョー・ヘンダーソンらしい明るく弾ける「The Kicker」(1967年)がよく効いている。またオリジナル曲がすべて終わった直後の7曲めに収録してあるヘンリー・マンシーニの名バラード「Dreamsville」が、これまた息が止まりそうになるほど美しい。こんなふうにオリジナルと既成曲をうまく組み合わせたプロデュースが実にうまい。

 肝心のオリジナル曲は過去作とくらべ飛び切りコンテンポラリー度がアップしており、好きな人は好きだがダメな人は……という曲調。かくゆう私も最初はとっつきにくかったが、1ヶ月かけてじっくり聴き込んだらじんわり良さが滲み出てきた。パッと聴きで捨ててしまわず、カラダに馴染むまで聴き続けるのがコツだ。典型的な「噛めば噛むほど」のスルメ度満点なラインナップである。

 グリセットのプレイはオリジナル曲ではキレよくスピード感にあふれ行きまくりだが、個人的には7曲めや10曲めみたいに波間を漂うような弱音を生かしたバラード・プレイももっと聴きたかった。彼のバラード・プレイは本当に最高なのだ。まあ、そのへんは次回のお楽しみにしておこうか。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

2度めの「モテ期」を謳歌するビル・スチュワート

1
*ダニー・グリセット(p)の新譜「The In-Between」

ビルの参加作が立て続けに雨あられのリリース

 このところ、ビル・スチュワート(ds)が参加したニューアルバムを聴く機会が多い。

 レヴューはまだ書いてないが、最近ではダニー・グリセット(p)の新譜とジョン・スコフィールド(g)の新譜を立て続けに聴いた。

 どちらもいい作品だが、特にグリセットのアルバムでは、ビルがまさに水を得た魚のような状態でエネルギッシュに叩きまくっている。ちょうどあのジョンスコのライブ盤「EnRoute」(2004年)や、シェイマス・ブレイク(ts)の名盤「Bellwether」(2009年)で聴かせていた彼のベストプレイといえる客演と同レベルの快演ぶりである。

1
*ジョン・スコフィールド(g)の新譜「Past Present」

90年代から2000年代にかけ一時代を築いた名ドラマー

 ビル・スチュワートといえば、90年代後半から2000年代にかけて一時代を築いた名ドラマーだ。誰かの新譜が出れば、その作品ではたいていビルが叩いているーー。そんな乱れ咲きのような引っ張りだこの有様だった。

 だがその後エリック・ハーランド(ds)が台頭するにつれ、今度は出る新譜、出る新譜、みんなハーランドが参加している「第二のビル」状態になり、相対的にビル・スチュワートの出番が減って行った。いやハーランドのドラミングは確かにすごいが、ノリのよさを前面に出した楽しいプレイではビルもぜんぜん負けていないし、なのにまるで火が消えるかのようにビルの参加作を見かけなくなって行くのが正直さみしかった。

 別にドラミングのスタイルが古くなったとかいうわけでも何でもなく、単にマスコミが人工的に作り出すアイドル・タレントのブームみたいに火がついたり消えたりするのがなんだかとても腹立たしかった。

 だが、ここへ来て冒頭に挙げた2作品での立て続けの爆発である。思わず快哉を叫んだのは言うまでもない。

 そんな感慨に耽りながらこれら2作品を聴くと、本当にビルのワザのパターンのすごい豊富さに改めて驚かされる。ぜひこのペースでガンガン演ってほしいし、ハーランドといい意味で「殴り合いのケンカ」をしながら互いに高みを究めてほしい。

 がんばれ、ビル。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Devid Berkman / Old Friends and New Old Friends

1

David Berkman (p)
Dayna Stephens (ss, ts)
Billy Drewes (as, ss)
Adam Kolker (ss, as, ts, cl, bcl)
Linda Oh (b)
Brian Blade (ds)

Recorded: March 16-17, 2014, at Maggie’s Farm, PA
Engineer: Matt Balitsaris (Palmetto Records PM2177)

超豪華メンバーで放つバークマンの最新作

 ピアニストのデヴィッド・バークマンが超豪華メンバーを揃えて世に問う、リリースされたばかりの最新作である。彼にとっては古巣Palmettoレーベルからの10年ぶりのリリースになる。オリジナル満載で佳曲ぞろいの秀作だ。

 メンバーはフロントにデイナ・スティーブンスとビリー・ドリューズ、アダム・コルカーを配し、リンダ・オーとブライアン・ブレイドの豪華リズム隊が低域を引き締める。アルバムタイトルの「Old Friends and New Old Friends」は、「旧友」であるブレイドとドリューズ、コルカーに加え、新しくリンダとデイナを迎えた陣容を意味している。

 それにしてもリンダ・オーの売れ方には感心させられる。ここ数年、重要なレコーディングがあれば必ずリンダの姿がある。単に人気があるだけでなく、類まれなる実力も兼ね備えている。私はジャズの歴史にそれほど詳しくないが、女性ベーシストでこれほど活躍した例は長いジャズ史上、初めてではないだろうか。大したものだ。

 さて全9曲すべてバークマンのオリジナル。静粛でミステリアスな魅力いっぱいのM-1、明るくメロディアスなM-2、1曲めに続き清楚で美しいM-3、軽やかな4ビートのM-4など、力の入った内容で手応えがある。

 私がバークマンの作品を初めて聴いたのはアルバム「Leaving Home」(2002)だった。まだ2000年代初頭の録音にあって時代を先取りした先進的、かつチャレンジャブルな作風に感心し、以来、注目し続けている存在だ。

 そんな彼が放った渾身の最新作。今回も期待にたがわぬ「バークマン・マジック」を楽しめた。おすすめである。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。