スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gian Tornatore / Blackout

1

Gian Tornatore (sax)
Nate Radley (g)
Jon Anderson (fender rhodes)
Thompson Kneeland (b)
Jordan Perlson (ds)

Rec. August 31 & September 1, 2005, at Acoustic Recording, NY
Engineer: Michael Brorby (FSNT 259)

ストイックなヤマ場のなさが新しい

 ニューヨークを拠点に活動する若手サックス奏者、ジアン・トルナトーレは 「やおいジャズ」 の使い手だ。楽曲に劇的なヤマやオチがなく、淡々とひたすら平坦に展開する。起伏に乏しく無機質だが、でもそこが先鋭的じゃん、という新世代ジャズである。

 彼は決して熱くならないクールなサックスを吹く。あえてカテゴライズすればクリス・チークやマーク・ターナー、ウィル・ヴィンソンあたりに近い。逆にマイケル・ブレッカーやクリス・ポッター、ラルフ・ボウエンみたいな熱血系とはまるで対極に位置している。

 バークリー音大卒、名手ジョージ・ガゾーンに師事した。2003年にFSNTからリリースされた 「Sink Or Swim」 でデビューし、2008年モンク・コンペではセミ・ファイナリストになっている。最新作は 「The Heights」 (2012) だ。現在まで4枚のアルバムを出しており、本作はセカンド盤に当たる。

 全7曲すべてオリジナル。ニューヨークにいる若手の例に漏れず、完全オリジナル志向である。テーマがかっこいいM-1やM-2、珍しくヤマ場で盛り上がるM-4、逆に何ごとも起こらないのが新鮮なM-5あたりが目を引く。

 メンツ的には、個人的に注目しているギタリストのネイト・ラドリーが2作目から最新作までずっと参加しているのが興味深い (ただしバッキング主体のかなり抑えた演奏だが)。バンド的にはキーボード奏者のジョン・アンダーソンがキーパーソンであり、要所で耳に残るソロやバッキングを聴かせる。またパワーヒッターのドラマー・Jordan Perlsonは、M-4で本領を発揮したハデなプレイをかましている。

 使用上の注意としては、好きな人はすごく好きだがハマれない人にはまるで乗れない音楽であること。特に熱くエネルギッシュなジャズが好みの人にはおすすめしない。同じジャズと名はつくが、音楽的にはずいぶん幅広いものである。いやはや。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

No title

はじめまして、ガーシャと申します。
いつも拝見させて頂いてます。
もし良かったら、相互リンクさせて下さい。
よろしくお願いします。

ガーシャさん、こんにちは。

はい、いいですよ。
こちらこそよろしくお願いします。
非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。