スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モントルー'76 のStuffライヴ、これ熱いわぁ



コーネル・デュプリーのグルーヴィーなバッキングがいい

 昔さんざん聴いたけど、いま聴いてもやっぱり熱くなる逸品。コーネル・デュプリーのバッキングが実にグルーヴィーです。

 あらためて聴くと、バンドの中でスティーヴ・ガッドのリズムがいちばん不安定なのは内緒だ。

※Stuff Live at Montreux 1976

 Eric Gale (g)
 Cornell Dupree (g)
 Richard Tee (key)
 Gordon Edwards (b)
 Steve Gadd (ds)
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

No title

カッコいいですねぇ!
エリックゲイルのソロは弦3本で事足りる位なのにカッコいい!
非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。