スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お待たせ、クリス・ポッターの最新映像!



静から動へ、クリポタの盛り上げがニクい

 キューバ出身の若手ピアニスト、ダヴィ・ヴィレージェスを使っており 「おっ、ついに来たか、彼!」 と。

 リズム隊がジェラルド・クリーヴァーとジョー・マーティンなぶん、対応能力が高く融通がきく感じだ。

-------------------
Chris Potter (ts)
David Virelles (p)
Joe Martin (b)
Gerald Cleaver (ds)

Live at Blue Note Milan 07.03.2012

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

No title

松岡美樹さん、お久しぶりです。

ここで David Virelles の名前が数回登場しましたね。
キューバ出身、トロント経由のピアノ・プレーヤーですが2008年以来
マシュマロレコードの録音で初めて聴いてからのファンです。

去年は、Ravi Coltrane Quinted での彼の生の演奏を聴いて益々好きになりました。
この映像を観てまさに「彼の時」がやってきたようで嬉しくなりました。
これからの活躍がとても楽しみですね。

Virellesの事を少し書いています、お時間があれば覗いてみてくださいな。
http://nono54.blog88.fc2.com/blog-entry-122.html
 

おー、おひさしぶりです! クミさんー

クミさん、お元気ですか!

David Virellesのファンでいらしたのですね。
彼はトロント経由なのですか!

私は彼の演奏は、デヴィッド・ビニーのアルバムで初聴きして強く印象に残り、
以後、彼のリーダー作を何枚か物色し何度も試聴したりしていました。
今回クリス・ポッターに起用されたので、ブレイクするかなと密かに祈願しております(笑)
情報、ありがとうございます!
非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。