スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dave Douglas Quintet / Time Travel

1

Dave Douglas (tp)
Jon Irabagon (ts)
Matt Mitchell (p)
Linda Oh (b)
Rudy Royston (ds)

Rec. April 15-16, 2012, at Avatar Studios, NY
Engineer: Joe Ferla (Greenleaf Music)

ミステリアスな先鋭性と能天気さが同居する不思議ワールド

 余韻を感じさせるミステリアスな先鋭性と、4ビートで快活にぐいぐい前へ出るノリのよさとをうまく散りばめた良盤だ。トランペット奏者、デイヴ・ダグラスの最新作である。

 メンバーは、ジャズ界の妖怪・ジョン・イラバゴン(ts)と、マット・ミッチェル(p)、リズム隊には女性ベーシストのリンダ・オーとルディ・ロイストン(ds)を配した。

 全7曲オリジナルだが、コンポジションが個性的だ。M-5やM-7など、ベースのスペーシーなリフをうまく使ったミステリアスな曲が目立つ。M-3は2管が五月雨式にふわふわ宙を泳ぎ、ちょっと妖しく不思議な感じ。M-2はトンガった危ない雰囲気でとても好みだ。

 反対に、おどけたような陽気さのM-1や親しみやすい4ビートのM-4、畳みかけるようなM-6はバンドのノリのよさが目いっぱい爆発していて楽しい。

 デイヴ・ダグラスのリーダー作だが、彼ひとり前に出るのでなく、楽曲のよさとアンサンプルでうまく聴かせている。そのため速射砲テナーで知られるイラバゴンはいつもとくらべ抑え気味だ。だがそれでも充分、持ち前の妖気を漂わせている。またリンダ・オーのベースは線の太さはないが繊細でマジカル。ドラマーのロイストンはスネアが相変わらず「コリッ」とした質感で非常に好みだ。

 本作は最初に聴いたときには「?」な感じだったが、2度めで「おおっ?」に変わり、やがて何度も聴くうちグイグイよくなった。ひさしぶりに出会えた優良スルメ盤である。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。