スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The New Gary Burton Quartet / Guided Tour

1

Gary Burton (vib)
Julian Lage (g)
Scott Colley (b)
Antonio Sanchez (ds)

Released. 2013, Recorded at MSR Studios, NY
Engineer: Pete Karam (Mack Avenue Records MAC1074)

ゲイリー・バートンはもはや 「ポップ」 の領域に突入した

 キャッチーで耳に残るメロディーが続出する。「ポップ」と呼んでいいくらいわかりやすく、親しみやすい楽曲がずらりと並んでいる。天才ギタリスト、ジュリアン・レイジを擁するゲイリー・バートンの新作だ。

 メンバーはリーダーのゲイリー・バートン(vib)に、ジュリアン・レイジ(g)、リズム隊はスコット・コリー(b)とアントニオ・サンチェス(ds)という豪華版だ。前作 「Common Ground」 (2011年、レヴュー記事はこちら) で編成された新カルテットである。

 レイジは今やすっかりこのメンバーに馴染んでいる。実にのびのびした演奏だ。また前作では譜面に書かれた通り抑えて演奏していたかのようなリズム隊も、本作ではかなりリラックスし、生き生きしている。明らかに前作より、アントニオ・サンチェスの音数が多くなっているのがおもしろい。

 推測だが、レイジが本カルテット・デビューした前作では彼を売り出すため、リーダーのバートンがリズム隊に 「極力、音数を少なくしてギターを引き立てろ」 とでもオーダーしていたんじゃないか? (それくらい前作ではリズム隊がカッチリ遊びなく演奏していた)。

 バートンは過去にアルバム 「Generations」 (2003)、「Next Generation」 (2004) でも立て続けにレイジをフィーチャーしているし、彼に対する思い入れがよほど強いのだろう。レイジの存在がモチベーションになり、彼のためにわざわざコリーとサンチェス入りのカルテットをセッティングしたのかもしれない。

 さて本作ではメンバーがまんべんなく曲を持ち寄っているが、さすがバートン、ベテランだけに売るためのツボを心得ている。このアルバムは前作同様、かなりメロディアスで聴きやすい。前々回に紹介した、聴き手を冷たく突き放すかのようなラーゲ・ルンドの新作 (レヴュー記事はこちら) と対照的だ。

 楽曲の構成も明らかに一定の法則に乗っ取って作られており、そのぶん意外性はないが覚えやすく安心して聴ける。ただ親しみやすいのはいいが、この作り方だと聴き飽きるのも早いだろう。前作がそうだったように。ジャズに予測不能な 「スリル」 を求める人には向かないかもしれない。

【関連記事】

『The New Gary Burton Quartet / Common Ground』
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。