スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Will Vinson / Live at Smalls

1

Will Vinson (as)
Lage Lund (g)
Aaron Parks (p)
Matt Brewer (b)
Marcus Gilmore (ds)

Rec. December 4-5, 2012, at Smalls Jazz Club, NY
Engineer: Jimmy Katz (Off Minor OFM-041)

NYコンテンポラリー最前線、クールに醒めた緊張感の高いライヴ

 決して熱く躍動しない。あくまでクールに醒めているところがかっこいい。いかにもNYコンテンポラリー最先端の音だ。自身の最新スタジオ盤 「Stockholm Syndrome」 (2010年、レヴュー記事はこちら) の世界を緻密にステージで再現したようなアルト奏者、ウィル・ヴィンソンの最新ライヴ盤である。

 音の温度感は寒色系でひんやり冷たい。わかりやすくどかどかハジけまくるのでなく、ノリのいい楽曲をやっていながらどこか冷徹さを忘れない。深く思索するような緊張感の高い演奏である。ちょうどラーゲ・ルンドの最新作 「Foolhardy」 (2013年、レヴュー記事はこちら) と目ざすゴールが近い。

 メンバーは絢爛豪華だ。前作 「Stockholm Syndrome」 でもコンビを組んだラーゲ・ルンド (g) とアーロン・パークス (p)。リズム隊はマット・ブリューワー (b) にマーカス・ギルモア (ds)。まさにニューヨーク・オールスターズである。

 オリジナル4曲に、ラーゲ・ルンドのアルバム 「Unlikely Stories」 (2010) 収録の 「Swagger」、ベニー・ゴルソン 「Stablemates」、デューク・エリントン 「Morning Glory」 の合計7曲。アルバムはフュージョン・ライクで清涼感のあるM-1で幕を開ける。いきなりエレクトリック・ベースだ。ブリューワーとギルモアの煽り合いがすさまじく、パークスもクールな彼にしては高揚感のあるいいソロを聴かせている。

 一方、M-3はギルモアの渋いドラムソロで始まる。テーマのあと、ヴィンソンのソロは例によって呆けたように醒めて漂う。続くルンドのソロも徹底的に甘さを排除している。打って変わって暖かみのある既成曲M-4でほっとひと息、続いて 「Stockholm Syndrome」 収録のM-5へ。次のM-6でまた既成曲をはさみ、ヴィンソンのセカンド・アルバム 「Promises」 (2008) に入っていた 「Albemarle」 で幕を閉じる。

 それにしてもヴィンソンとパークス、ルンドは非常に相性がいい。リズム隊の作る土台の上で彼ら3人がワンユニットになり、音の温度感や方向性を決定づけている。特にパークスとルンドが2人1組で展開するバッキングがすばらしい。ギルモアが繰り出す細かい刻みもヴィンソンの音楽性にぴったりマッチしている。

 このテのジャズは聴く人を選ぶが、好きな人ならたまらなく好きなワン&オンリーの個性がある。ヴィンソンは傑作 「Stockholm Syndrome」 で確立した世界をすっかりものにしたようだ。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。