スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズの聴き方は2通りある

 ジャズの聴き方は大雑把にいって、2通りある。ひとつはプレイヤー個人の演奏を重視する聴き方。そしてもうひとつは楽曲の良し悪しを重んじる聴き方だ。

 前者は 「個人技こそジャズの醍醐味だ」 という価値観だから、必然的にプレイヤーのソロやインタープレイに耳をそばだてる。するとどちらかといえば、「このアルバムは似たり寄ったりの曲が多いぞ」 とか、「このアルバムは楽曲がつまらないな」 などという聴き方にはならない。

 一方、後者は曲のデキにこだわり、楽曲がよければそのアルバムは作品性が高いと評価する。すると当然、「その盤はオリジナル曲の比率が高いかどうか?」 が大きなポイントになる。

 またこのタイプはソロの出来不出来より、むしろ楽曲の構成 (作曲法) を見ながら、どちらかといえばバンド全体のアンサンブルを注意して聴く。この場合、そのアルバムにいくらすばらしい個人のソロやインタープレイがあったとしても、まず大前提として楽曲がよくなければそのアルバムを良いとは認識しない。

 ちなみにこれは 「どっちがいい悪い」 とか 、「どっちが正しい / まちがっている」 という問題じゃない。単なる価値観のちがいである。そしてこの価値判断の差異は、当然レヴューの書き方にも表れる。つまり個々人のレヴューは、かなりちがった切り口になる。

 とすれば他人のレヴューにいくら 「このアルバムは出来がいい」 と書いてあっても、それをそのまま鵜呑みにはできない。なぜなら前述の通り、人によってチェックポイントがまったくちがうからだ。

 となれば他人のレヴューをうまく読み分け、自分のCD購入の参考にするには、まずそのレヴュアーは自分と同じ価値観かどうか? をあらかじめ把握しておくことだ。(これはその人のレヴュー記事を何本か読んでいるうちに自然とわかる)

 そして自分と同じ価値観を持つレヴュアーが 「このアルバムはいい」 と書いてあれば、買う。逆に自分と正反対の価値観を持つレヴュアーが 「このアルバムはいい」 と書いてあったら、買わない。

 この方法でムダのないCDの買い方ができるはずだ。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

No title

最近疑問に思うのですが、なぜ男性はJAZZが好きなのか?
自分がプレイするしないにかかわらず、男性ファンが圧倒的に多いように思います。
女性はヴォーカルあがりとか、クラシックピアノから入った人が多いですね。

今年キースのコンサートに行った時、ほとんど全員男性と言っていいほどの男女比でした。
みんながどういう点を聴いているのかな~と思っていました。

ソロを聴くというのも、リズム感グルーブ感か、アウト感か、メロディックな作曲能力か、コードの
ハーモナイズの力量か、ヴォイシング(ピアノの場合)を聴くか。

「好き」という人にインタビューしたいと思っていました。

私は、曲のサウンド、全体のサウンド、とソロが如何にしてコードや音列の縛りから自由になるのか、自由の度合いを聴きたいです。


関係ないですが、東京ジャズに国立ビッグバンドが出演したので、出演者を見に行ったところ、小曽根さんがゲスト出演していました。

フレーズ云々以上にピアノの音色とタイム感がさすがでした。原点ですね。

No title

こんにちは。

>ソロを聴くというのも、リズム感グルーブ感か、アウト感か、メロディックな作曲能力か、

リズムやグルーヴ感はソロでなくても聴けるので、あえてひとつに絞ればやはりメロディを聴いてるんじゃないですかね。アウトしてるかどうか、というのもメロディを聴くうちに含まれそうだし。
非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。