スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Emmanuel Vaughan-Lee / Borrowed Time

1

Mark Turner (ts)
Dayna Stephens (ts on 5)
Erik Jekabson (tp, flh on 1,3,7,9)
Albert Sanz (p, el-p)
Emmanuel Vaughan-Lee (b)
Ferenc Nemeth (ds)

Rec. May 26 & 28, 2004, at Bay Records, CA
Engineer: Justin Morell (FSNT 209)

現代的な「先っぽ感」と美メロが絶妙にバランスした秀作

 こんなお宝が埋もれているからFSNTは侮れない。アメリカ人若手ベーシストのエマニュエル・ヴォーン・リーが公式デビューした隠れ名品だ。この人はけっこうなメロディ・メイカーで耳に留まるテーマがそこかしこに。捨て曲はただの1曲もなし。ミディアム・テンポの気だるい佳曲がずらり並んでいる。

 渋い作風なのでパッと聴きでは通り過ぎてしまいそうになるが、聴いてるうちにあちこちに潜む絶妙の仕掛け(アレンジ)に気づきハマって行く。何度聴いても飽きないどころか、加速度的にスルメ度が進行する秀作である。

 メンバー的には、マーク・ターナー (ts) とアルバート・サンス (p) のおいしいところがたっぷり出ている。もう煮汁うまうま、みたいな感じだ。ターナーは浮遊感たっぷりに脱力してゆらゆら漂う。かたやサンスは、モノクロームな美的フレージングが自己ベストに近いレベルで仕上がっている。

 オリジナル5曲にメンバーが3曲を持ち寄った。ほかにスティングの名曲 「La Belle Dame Sans Regrets」 も含む計10曲だ。まず冒頭を飾るM-1は、ひときわ現代的なトンガリ感を放つ。7拍子でアップテンポに叩くフェレンク・ネメスのドラムスだけがぽっかり浮いたように聴こえる不思議な世界が広がる。

 かと思えば次曲以降はがらりとムードが一転し、穏やかな美メロの嵐が押し寄せる。ただし手垢のついたベタな美しさでなく、どこかクールに突き放したような都会的で醒めた衣装をまとっているのがミソだ。

 ピアノのきれいなイントロで始まる楚々としたバラードのM-2は、次に入ってくるテナーのフレーズとたおやかなタイム感がなんともいえない。M-4は妖しくダークに泳ぐマーク・ターナーの魅力が満点。続くサンズのピアノ・ソロも行きそうで行かない焦らし方がたまらない。

 一方、不安を煽るM-5のイントロは巧妙に絡まる2本のテナーとピアノ、ドラムスの噛み合わせが緻密にアレンジされている。空間を生かした音数の少ないピアノ・ソロも秀逸だ。中盤のM-6では、本作を象徴するかのような翳りと愁いに満ちたスティング作の壮麗なバラードに圧倒される。ピアノ・トリオによるシンプルな構成もすばらしい。

 全体にうまいアレンジが光るが、かといって個々人のイマジネーションやインプロ度も決して低くない。相反するふたつのエッセンスがきわどくバランスした良盤だ。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。