スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Marc Copland Trio / Haunted Heart

mc_h

Marc Copland (p)
Drew Gress (b)
Jochen Rueckert (ds)

Rec. April 2, 2001, at The Studio, NY
Engineer: Jon Rosenberg (HatOLOGY 690)

静謐な音の断片が生み出す空気感

 このアルバムは演奏を聴くというより、「空気感を味わう」という表現の方がふさわしい。

 マーク・コープランド (p) が操るピアノからポツリ、ポツリとたどたどしく断片的な音符が立ち上る。それらの音は尾を引くような余韻に包まれ、空間にぽっかり浮かんでは消える。

 音と音のはざまには間(ま)がたっぷりあり、その何もない空間とそこに置き去りにされた音、そして静謐感にあふれた余韻が織り成す独特の「空気の感じ」。それを体感するのがこのアルバムの醍醐味だ。

 コープランドが仕掛ける異空間に放り込まれた数々のスタンダード曲が、予想もしない方法論によって翻訳され、まったく新しい楽曲に生まれ変わる。そんなコープランドの創造の瞬間に立ち会える名作である。

 ただ旋律が美しいだけでなく、時おり混じる不協和音的な危ない音が刺激的だ。サポートするドリュー・グレス (b) 、ヨッケン・リュッカート (ds) の場の作り方もすばらしい。特にピアノ独奏のルバートから、リズム隊が入ってインテンポになる瞬間がスリリングである。平凡なプレイヤーなら、こんな独特のタイム感をもつピアノに合わせ、楽曲として成立する形にして演奏するのはむずかしい。

 儚い系ピアノトリオが辿り着いたひとつの究極。「繊細な」とか「叙情的」などと平凡な言葉をいくら並べたところで、この圧倒的な空気感の前にはただ空疎なだけだ。文字表現の無力を思い知らされる名盤である。前回のレヴュー作に引き続き、本作も2000年代のエポックメイキングな1枚であることはまちがいない。

(追記)

 2002年にリリースされた本盤オリジナルのタイトルは、「Haunted Heart and Other Ballads」 (hatOLOGY 581)。その後、2010年にタイトルを「Haunted Heart」と短くし、(HatOLOGY 690)として再発された。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

これは素晴らしい作品ですよね。

Grass_hopperさん,こんにちは。先ほどJeremy Peltの方にコメントさせて頂きました(TBはやはりうまくいきませんでした)が,Marc Coplandがアップされていたので,思わず反応してしまいました。続けてのコメントで恐縮です。

私は相当のCopland好きだと言ってよいと思っていますが,本質はトリオもしくはソロで最も表出されるミュージシャンですね。そんな彼のトリオ作の中でも,本作は最高の出来と言ってもよいでしょう。大好きです。同じメンツでの新作”Some More Love Songs"ももうすぐ発売されるようなので,無茶苦茶期待が高まっている私です。

Drew Gress

Grass_hopperさん
Drew Gress、良いですよね。Fred Hersch絡みで知った人ですが、彼のリーダー作で完全に惚れました。今でも定期的に聴いてます。
音楽狂様同様自分もCoplandは好きです。この盤は持ってないんでチェックしたくなりました。新作も楽しみですね。

まとめレスで失礼します。

まとめレスで失礼します。

中年音楽狂さん、こんばんは。

おっしゃる通り、コープランドはなるべく小ユニットで、
スペースがあればあるほど生きるタイプのプレイヤーだ思います。
このアルバムは芸術と呼ぶにふさわしいですね。
新作も出るのですか? いい情報を得られました。ありがとうございます。

ki-maさん、こんばんは。

Drew Gressは、マイフェイバリットなベーシストのベスト5に入ります。
かなり器用なタイプのプレイヤーで、いろんな傾向のジャズをこなしますね。
かつ、それぞれの傾向ごとに、プレイの完成度がそろって高いです。
この盤は衝撃的ですから、iTunes Storeかアメリカ版のアマゾンあたりで
ぜひ試聴なさってみてください。かなりの確率で気に入られると思いますよ(笑)

No title

Grass_hopperさん、始めまして。

いつも楽しく拝見させて頂いています。

この2002年盤の "Haunted Heart and Other Ballads" を聴いて彼の世界にぐ~っと嵌まりました。一曲目のアレンジでやられたって感じでした。この不思議な空間と間の取り方、ちょっと違和感の或る旋律がまた癖になりそうな言葉ではいい表せない魅力を感じました。

最近、トピックで取り上げておられる Ralph Alessi を聴く機会がありました。こんなに素敵なサウンドを持ったトランペッターに出会えた事がとても幸せに思えました。リヴューを読んでから実際のプレーを聴いたのでなるほどと共感できました。

おっ、Ralph Alessi をお聴きになりましたか。

まん丸クミさん、はじめまして。

そうですね、この盤は文章ではなかなか表現できない味わいがありますね。
おっしゃる通り、アレンジも相当すごくて原形を留めてないし(笑)
コープランドはリズムの感覚が独特なのと、時折あぶない音を使うのがポイントな感じ。

あ、Ralph Alessi をお聴きになりましたか。彼はメロディーのセンスがよくて、
いいアルバムがたくさんありますね。ぜひこれを機会にハマってあげてください♪
非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。