スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Steve Cardenas / Melody in a Dream

1

Steve Cardenas (g)
Thomas Morgan (b)
Joey Baron (ds)
Shane Endsley (tp on 3,7,9)

Rec. Octover 8-9, 2012, at The Bunker Studios, NY
Engineer: Aaron Nevezie (Sunnyside SSC1297)

あの「夏草の香り」が帰ってきた

 冬も終わり、ぽかぽか陽気が続く春爛漫の今日このごろ。もうあと2ヵ月もすれば、子供のころに嗅いだあの夏草の香りのする季節がやってくる。そんなのんびりした自然をまとうギタリスト、スティーブ・カーディナスの新作がリリースされた。

 4枚目のリーダー作にあたる本作は、まるでデビュー盤「Shebang」(2000年)に回帰したかのようなナチュラルテイストでいっぱいだ。このCDを聴きながら夕暮れどきにぼんやりしていると、薄闇の向こうにあるはずのない地平線が見えてくる――。そんな地球を感じさせるほのぼのしたアルバムだ。

 メンバー構成はトーマス・モーガン(b)、ジョーイ・バロン(ds)のリズム隊とのトリオを基調に、スティーブ・コールマンとの共演で知られるトランペット奏者シェーン・エンズレイも3曲プレイしている。NY先端系のモーガンを使っているのでもっとトンがった音なのかな? と思ったが、蓋をあけてみるとそんなことはない。リラックスムードでいっぱいの作品だった。

 オリジナルは10曲中3曲とカーディナスにしては少なめだが、オリジナル曲とそうでない曲との区別がまるでつかない。アルバム全体がすっかりカーディナス色に染め上げられている。強烈な「自分色」をもつアーチストがモノを作るとこうなるんだなぁ、と感心しきり。前作のようなノリノリの曲はないが、何かをふっ切ったような、肩の力が抜けたくつろげる1枚だ。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。