スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jason Palmer / SongBook

1

Jason Palmer (tp)
Greg Osby (as)
Ravi Coltrane (ts)
Warren Wolf (vib)
Leo Genovese (p, kb)
Matt Brewer (b)
Tommy Crane (ds)

Rec. October 28-29 2006, at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: Joe Marciano (Ayva Music AYVA037)

脱力系トランペッターの肖像

 つい先日、5枚目のリーダー作「Places」を発表したばかりのトランペット奏者、ジェイソン・パーマーのデビュー作である。真っ向から力で勝負するのでなく、ひねりを利かせた旨みで聴かせる。2000年頃のクリス・チークやマーク・ターナー的な浮遊感があちこちに見える味わい深いアルバムだ。

 パーマーはバリバリ全開で吹きまくるタイプではない。適度に「抜き」ながら、でもそこに宿る独特の雰囲気がたまらない、というタイプのトランペッターだ。「エネルギー感こそ命だ」みたいな古いタイプの吹き手ではなく、いかにも新世代のプレーヤーである。そこが聴き手を選ぶポイントかもしれない(私は思い切り好みです)。

 メンバーは師匠格のグレッグ・オズビー(as)に加えラヴィ・コルトレーン(ts)、ウォーレン・ウルフ(vib)、レオ・ジェノヴェーゼ(p, kb)。リズム隊は、パーマーがオズビーのクインテットへ加入したとき知り合ったというマット・ブリューワー(b)とトミー・クレーン(ds)だ。

 全9曲オリジナル。途中ファンキーなペースから一気に全員がなだれ込むM-1、浮遊感の漂うM-2、サンバ調のM-3、のっけから4ビートでノリよく走るM-4、ミステリアスな浮遊感でいっぱいのM-5、踊るようなリズムでこっけいなテーマが展開するM-8あたりが耳に残った。

 デビュー作で全曲オリジナル勝負、これだけ引き出しの多さを見せつけられると思わずフォローしたくなる。ご多分にもれず、過去のリーダー作を全部まとめ買いしてしまいましたとさ。

 パーマーは1979年生まれ。2005年にグレッグ・オズビーのグループに参加、その翌年にレコーディングした本作ではオズビー人脈が見て取れる。2009年にはカーマイン・カルーソー・インターナショナル・ジャズ・トランペット・ソロ・コンペティションの最優秀賞に輝いた。本作以降も「Nothing To Hide」(2010)、「Here Today」(2011)、「Take A Little Trip」(2012)、「Places」(2014)とコンスタントにリーダー作を出している。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。