スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Johnathan Blake / Gone, But Not Forgotten

1

Johnathan Blake (ds)
Chris Potter (ts, afl)
Mark Turner (ts, ss)
Ben Street (b)

Rec. February 20, 2014, at the Samurai Hotel Recording Studio, NY
Engineer: David Stoller (Criss Cross 1368)

クリポタが吠える生きる喜び

 底抜けに明るくエネルギッシュな演奏だ。これを「つまらない」という人がいたらぜひお目にかかりたい。力でねじ伏せる正統派ジャズが躍動するサックス2管カルテット。剛と巧をあわせ持つ敏腕ドラマー、ジョナサン・ブレイクがリリースしたばかりの新作だ。

 クリス・ポッターとマーク・ターナー。動と静、陰と陽のまったく対照的な2人の人気ソリストが、ジョナサン・ブレイク(ds)、ベン・ストリート(b)という鉄壁の土台の上に乗っているのだからおもしろくならないわけがない。ジャズの痛快さと生きる喜びに満ちあふれた彼らの演奏を聴いていると、こっちまで心がウキウキ浮いてくる。

 前作「The Eleventh Hour」(2012年、レヴュー記事はこちら)は、オリジナルが10曲中7曲を占める凝った作りだった。効果音を入れるなど、いま風のコンテンポラリーな要素でひとひねりしていた。だが今回のアルバムは、ジャズの王道を豪球一直線でブチ抜くまっすぐな音だ。「これで文句があるなら俺に言ってこい」的な自信と開き直りを感じさせる。

 オリジナル2曲のほか、シダー・ウォルトンやジム・ホール、ポール・モチアンらの作品など合計11曲。オリジナル比率を抑えたことで、彩り豊かなバラエティ効果が出た。ポッターがぶっ飛ばす豪快なナンバーあり、しっとり聴かせるバラードあり、往年の古き良き時代を想わせる佳曲あり。イントロからぐいぐいファンキーな1曲目を聴いただけで早くもノックアウトされてしまう。

 前作とくらべ必要以上にアレンジせず、素材のよさを活かした作りだ。そのため楽曲そのものより、ソロ演奏のほうにスポットライトが当たる仕掛けになっている。実際、緩急をつけた2管のソロの嵐は聴き応えがある。

 ターナーはポッターより力強さで劣るが、そのぶん屈折した独特の妖気がある。一方のポッターは爆発力では現代ジャズ界No.1だ。本作ではそんな彼の奔放な暴力がたっぷり味わえる。また主役ブレイクのドラムソロも11曲中、4曲で聴ける。漫然と叩く長いだけのソロではなく、起伏があり顔が見えるドラムソロである。

 本作にはコンセプトの新しさや時代を占うような先鋭性はない。だが理屈抜きの幸せがある。退屈しないジャズが聴きたい。そんなあなたにぴったりの1枚だろう。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。