スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

David Gilmore / Numerology - Live at Jazz Standard

1

David Gilmore (g)
Miguel Zenon (as)
Claudia Acuna (vo)
Luis Perdomo (p)
Christian McBride (b)
Jeff "Tain" Watts (ds)
Mino Cinelu (per)

Recorded: January 13-14, 2010, Live at Jazz Standard, NY
Engineer: Tyler McDiarmid & Geoff Countryman (Evolutionary Music EVMU001)

この単調なライヴが2時間続くとキツいわ

 この盤は書くとメタクソになりそうなので控えていたが、せっかく聴いたんだからやっぱり書こう。M-BASE系ギタリスト、デヴィッド・ギルモアの3枚目に当たる最新作だ。

 リズム隊がマクブライド(b)とワッツ(ds)なので、当然、音が太くて重い。だが (悪い意味で) 重たいノリだ。どんよりしたファンク・ビートが続く。前の2作 「Ritualism」(2000年、レヴュー記事はこちら)、「Unified Presence」(2006年)のような軽快な躍動感がない。メロディの暗さもあり、重く沈みこんだような演奏だ。

 リズムが(拍子は変わっていても)単調で変化がない。同じテンポ、同じパターンで楽曲がえんえん続く。おまけにインプロっぽい雑なパーカッションが、バンド演奏全体に「とっ散らかった散漫な感じ」を与えている。

「いや、こういう雑然とした猥雑な音がコンセプトなんだよ」といわれれば返す言葉がないが、個人的には前2作のほうが明らかに好みだ。この暗くて退屈なライヴを2時間ぶっ通しで聴かされたら相当ツライだろうな、という感じがする。

 リズムのネカティヴ面に気を取られるせいか、ソロパートのよさも伝わってこない。ギルモアは随所でソロを弾いているが刺さらない。すごく買っているゼノン(as)も印象がうすい。なにより残念なのは、個人的に期待しているペルドモ(p)のよさがまったく出てないことだ。

 ベースになるリズム隊が退屈で単調。その上に乗っかるソロも耳に残らない。結局、何も取るところがない。前2作がものすごくよかっただけに、この肩すかしは強烈でした、ハイ。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

刷り込み以外の何物でもないんですが

自分が、この盤で初めてDavid Gilmoreのリーダー作を聴いたので、このライブの雰囲気が彼の持ち味と思ってしまっているのが、自blogのコメントになるのですが。。
その後、1st、2ndも少し聴いたのですが、逆に明瞭に過ぎるというか、ひねりが効いてないというか、そう言うような印象を持ってしまっています。
これはもう、"刷り込み"以外の何物でもないことは明白です。

で、どっちがDavid Gilmoreの本領かって問題なんですが。。
このライブ盤の各曲のタイトルが示す通り、この作品は実験色が強いってことだと思います。
1st、2ndをもう少し聴き込む時間を持ちたいと思います。

コメント内TBさせていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/62640001.html

まあ好みの問題では?

こんにちは。

ギルモアは1st、2ndで軽快に飛んだり跳ねたりしていたのが、
本作では一転して(よくいえば)どっしり重厚に変化した感じですね。

1st、2ndではキメやリフのフレーズがかっこよく、
それが知らず知らずのうちに続けて聴くモチベーションになっていたのですが、
本作では同じパターンの繰り返しでモチベーションが折れました(笑)
(何度も聴き続けるとヘビーでぐったり疲れます(^^ゞ)

どちらが「実験的」か? といえば本作かもしれませんし、
まあそのへんは好みの問題ではないでしょうか。
非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。