Rudy Royston / 303

1

Rudy Royston (ds, per)
Jon Irabagon (sax)
Nadja Noordhuis (tp)
Nir Felder (g)
Sam Harris (p)
Mimi Jones (b on 1,3,5,7,11)
Yasushi Nakamura (b)

Recorded: April 2013, at The Samurai Hotel Recording Studio, NY
Engineer: David Stoller (Greenleaf Music 1035)

待望の初リーダー作だが楽曲のデキが残念賞である

 数々のレコーディングで躍動的なキレのあるプレイを聴かせる敏腕ドラマー、ルディ・ロイストンの初リーダー作がついに登場した。全11曲中9曲がオリジナル。レディオヘッドの曲まである。妖刀ニア・フェルダー(g)、暴れ馬ジョン・イラバゴン(sax)らクセ者をフィーチャーした注目作である。

 だが個人的には (ドラミングを) すごく評価しているロイストンではあるが、アルバムそのものは楽曲が平凡で退屈な印象だ。ロックっぽいコンテンポラリー・ジャズをやりたいのはわかるが、ロックを聴くならもっといいバンドが世の中には山ほどあるのだ。まず土俵の設定自体で墓穴を掘っている観がある。

 またコード進行をテキトーに決め、アレンジもそこそこに 「はい、あとはメンバー個々のインプロで聴かせましょうね」 てな曲作りも散見される。かと思えば最終曲のM-11では「曲中曲」――曲の中に別の曲(M-1)を挿入する――なんていうコケおどしを使っている。いや、「アルバムの幕開け(M-1)と幕引き(M-11)が対になってるんだよ」みたいな作者の意図はわかるが、そんな小手先のギミックに頼るくらいならもっと「本筋」に当たる中身がほしい。

 特にM-1やM-7などは (ニア・フェルダーのバッキングだけはものすごくいいが) リズム隊が曲の頭からお尻までまったく同じパターンを繰り返すだけ。これをミニマル系というならコンテンポラリー・ジャズの一形態としてアリかもしれないが私は買わない。

 静かなだけで寝てしまいそうになるM-9、M-11はもうひと工夫ほしいし、各人のインプロがただ続くだけで山や谷のない平板なM-10もしんどい。聴きごたえがあるのはリズムパターンが面白くフェルダーのいいギターソロが聴けるM-2、メロディーがよく終盤にかけノイジーに盛り上がるM-5、あとはM-8のピアノソロくらい。単品で曲を買うネット音楽配信なら、購入したくなる楽曲がほとんどない。ソロやメロディーなど「断片」は一部よくても、楽曲トータルとして食い足りない。

 結論的には、本人の才能やセンスがわかるオリジナル楽曲の良し悪しを最重視する私としては乗れない作品だった。ただしロイストン自身のドラミングやニア・フェルダーのバッキング(特にM-1、M-7)とギターソロ、イラバゴンの暴れぶりは理屈抜きに楽しめる。個々人のプレイさえよければ楽曲のデキはそこそこでいい、という人にはそれなりに聴けるだろう。

 コンポーザー志向じゃないプレイヤーがリーダー作を出す場合、オリジナル比率を抑えるという方法もある。ロイストンはプレイ自体はすばらしいのだから、その路線でアルバム制作するのもテかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

http://whilelimitless.com/limitless-pill/is-it-real/

ジャズに焦がれて気もそぞろ Rudy Royston / 303
プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR