スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Matt Slocum / Black Elk's Dream

1

Walter Smith III (ts on 1,2,6,9,10)
Dayna Stephens (ts on 3-5,7,9,11)
Gerald Clayton (p)
Massimo Biolcati (b)
Matt Slocum (ds)

Recorded: April 2013, at Tedesco Studios, NJ
Mixed and mastered: Michael Marciano (Chandra Records CHR8096)

ジェラルド・クレイトンの萌え立つピアノがおいしい

 ニューヨークの若手ドラマー&コンポーザー、マット・スローカムがリリースしたばかりの3rdリーダー作だ。当ブログのいち押し天才ピアニスト、ジェラルド・クレイトンの萌え立つようなプレイがすばらしい。彼のピアノを聴くためだけに買っても損はない1枚である。

 メンバーはスウェーデン人ベーシストのマッシモ・ビオルカティとクレイトン(p)、スローカム(ds)のリズムセクションに加え、曲に応じてウォルター・スミス3世(ts)とデイナ・スティーブンス(ts)が参加している。ちなみに彼ら5人は全員バークリー出身だ。

 スローカムは決して重たくならない軽やかなプレイが特徴のドラマーである。だがプレイヤーとしてだけでなく、コンポーザーとしても優れている。論より証拠、(パット・メセニーの「Is This America?」を除き)今回もすべてオリジナルの12曲で勝負している。アルバム・タイトルにある通り、ネイティヴ・アメリカンであるスー族のメディスンマン(呪医)、「ブラック・エルク」にインスパイアされた楽曲を揃えた。

 幕開けは、夜明けを想わせるゆったりした美メロのスローバラードだ。デキのいいコンポジションに早くもうっとりさせられる。一方、M-5では、哀愁のメロディを乗せたスピード感豊かな演奏が疾走する。全編にクレイトンの美しいピアノを散りばめ、要所をホーンで締める構成である。ほかにスローカムがスネアとタムのコンビネーションでリズミックなプレイをするM-2、のんびり陽気な4ビートのM-3、スミス3世がドラムとのデュエットでソロを取るM-6が印象に残った。

 スローカムのデビュー盤「Portraits」 (2009年、レヴュー記事はこちら)は本作のリズムセクションに加え、曲によっては同じホーン陣が加わる布陣だった。

 続くセカンド盤では、デビュー作からホーンを抜いたおいしいピアノトリオ編成に変えた。で、セカンド盤のレビューでは「クレイトンが生きるピアノトリオに変えて大正解だ」と書いたのだが、今回はM-8を除き全曲にホーン陣がまた復帰した。そのスミス3世とスティーブンスは抑えた演奏でチームプレイに徹している。

 結論として聴き物はやはりクレイトンのピアノである。M-1では、ソロ冒頭の1小節で必殺の美メロをかまし早くもわくわく。かと思えばM-2やM-5ではリズミカルなフレージングでノリのいいプレイを見せる。M-7のインプロもリリカルを絵に描いたようで圧倒的だ。まるでメロディの玉手箱である。クレイトンは自身のリーダー作では効果音モドキやヴォイスを入れるなど余計な小細工満載だが、ぜひ今後は本盤のように純粋なピアノ演奏だけで真っ向勝負するアルバム作りを期待したい。

 と、なんだかクレイトンのリーダー作みたいな書き方になってしまったが、スローカムのコンポジション+クレイトンのピアノが最大のキモなんだから仕方ない。テナーの2人は明らかに付け足しみたいになっているのが残念だ。彼らはあまりにも抑えたプレイぶりで何のためにいるのかよくわからない。ピアノトリオにすれば主役がはっきりするのだが、この編成では軸が見えないまま全員が遠慮し合ってなんとなくアルバムが終わってしまう。スローカムは作品作りを根本から見直す時期に来ているのかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。