Stefano Bollani / Joy In Spite Of Everything

Stefano_Bollani_Joy_In_Spite_Of_Everything.jpg

Mark Turner (ts)
Bill Frisell (g)
Stefano Bollani (p)
Jesper Bodilsen (b)
Morten Lund (ds)

Recorded: June 2013, at Avatar Studios, NY
Engineer: James A. Farber (ECM 2360)

ビルフリやターナーが化学反応したECMらしからぬ解放感

 結論から言えば、この新譜はかなりの逸物である。ビル・フリーゼルの奇妙な明るさが随所であふれ出しており、彼がマーク・ジョンソンやメセニーと組んでやらかした名盤「The Sound of Summer Running」(1998)みたいなありさまになっている。そこに化学反応を与えるのが、(これまた組み合わせ的にありえない)マーク・ターナーなんだからやってられない。ちなみにボラーニ・トリオとビルフリ、ターナーは初顔合わせだ。

 もちろんこんなジョークが成立するのは軸になるボラーニ・トリオあればこそだが、組み合わせも含めてこの快挙がECMで実現したのは画期的だろう。先日レヴューしたマーク・ターナーのECM初リーダー作(レヴュー記事はこちら)といい、最近のECMは(いい意味で)すっかりおかしくなってきたようだ。

 その証拠に本盤のオープニングを飾るのは、昔なつかし渡辺貞夫の「カリフォルニア・シャワー」を思わせる陽気なカリビアンである。リゾート気分で腰をふりふり、ってあなた、いやこれECMなんですよ? (何度も言うけど)

 続くM-2も明るく楽しいメロディーだし(ECMなのに「明るく楽しい」?)。いったいマンフレート・アイヒャーの脳内でどんな心境の変化があったのか本人に聞いてみないとわからないが、何かとんでもない事態(内部改革?)が進行中であることだけは確かなようだ。おそらくECMは今後大胆な柔軟化路線を取るつもりなのだろう。

 さて話を本題に戻そう。

 本作は全曲ステファノ・ボラーニによるオリジナルであり、ECMの戦略うんぬんはともかくこのステキなアルバムを世に送り出したのがボラーニの才能であることは言うまでもない。

 アルバム構成は前半の明るく美しく躍動する「軟」路線から、後半の静かで思索的な「硬」派路線までバラエティに富んでおり、リスナーはジェットコースターに乗ったお客さん気分で「次は何が飛び出すか?」とハラハラドキドキ。決して聴き手を飽きさせないおすすめの1枚である。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

whilelimitless.com/limitless-pill/nzt-48/

ジャズに焦がれて気もそぞろ Stefano Bollani / Joy In Spite Of Everything
プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR