スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

David Weiss / The Mirror

David_Weiss_The_Mirror.jpg

David Weiss (tp)
Myron Walden (as)
Marcus Strickland (ts on 1-5)
Xavier Davis (p)
Dwayne Burno (b)
E.J.Strickland (ds on 1-5)

Craig Handy (ts on 6-7)
Steve Davis (tb on 6-7)
Norbert Stachel (bs, bcl on 6-7)
Nasheet Waits (ds on 6-7)

・Recorded February 15, 2004 by Joe Ferla at Avatar Studios, NY (M-1~5)
・Recorded March 24, 2004 by Joe Marciano at System Two, NY (M-6~7) (FSNT 204)

手に汗握るホットな現代版ハードバップ

 のっけからバリバリに装飾されたホーンセクションがテクニカルなキメを繰り返し、華やかな4ビートが豪快に疾走する。変拍子も織り込みながらのアレンジがかっこいい。ウェイン・ショーター在籍時のジャズメッセンジャーズを現代に蘇らせたようなハードバップが聴ける。トランペット奏者、デヴィッド・ワイスが2004年にリリースしたセカンド・リーダー作である。

 骨格になるメンバーは、ワイスの最新リーダー作 「When Words Fail」 (2014年、レヴュー記事はこちら)とほぼ同じだ。フロントは主役のワイスにマイロン・ウォルデン(as)、マーカス・ストリックランド(ts)の3管。リズムセクションはザビエル・デイビス(p)とドウェイン・ブルーノ (b) 、E.J.ストリックランド(ds)が務める。またアルバム後半では5管になり、スティーブ・デイビス(tb)やナシート・ウェイツ(ds)らも参加している。

 収録曲はワイスのオリジナル5曲のほか、ケヴィン・ヘイズの「Our Trip」、ウェイン・ショーター「Mr. Jin」を合わせた計7曲だ。基本的にはデビュー作である前作「Breathing Room」(2001年、レヴュー記事はこちら)の延長線上にある音だが、要所で複数の管楽器が織り成すホーンセクションがきらびやかにアレンジされている。アレンジャーとしてのワイスの能力を証明した一作だ。

 聴き物はワイスとストリックランド、ウォルデンの3管の華麗な競演である。3人ともソロを取ればエネルギッシュで力強い。正統派ハードバップの醍醐味が堪能できる。ただしそこはやはり現代ジャズ。ノリがいい中にも、どこかクールに醒めた装いをまとっているのが今っぽい。

 たとえばM-1やM-4のようにストレートな4ビートでは思わずカラダでリズムを取ってしまう。かと思えばM-2やM-3のようにちょっとクールで漂うような物憂い曲では、ふと物思いにふけってしまう。全体にウェイン・ショーターの影響が感じられるコンポジションである。

 ちなみにジャケ写はアンドレイ・タルコフスキー監督の映画「ストーカー」(1979年)をイメージしたもの。またM-1~3、M-5はいずれも同じ映画からインスパイアされたオリジナル楽曲だ。とにかく理屈抜きで楽しめる逸品。おすすめである。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。