スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nate Radley / Morphoses

1

Nate Radley (g)
Loren Stillman (as, ts)
Matt Pavolka (b)
Ted Poor (ds)

Recorded: May 9-10 and June 19, 2013, at Bunker Studios, NY
Engineer: John Davis (FSNT 452)

ビルフリ調のカントリー・フレイバー漂う最新作

 オープニングでいきなりビル・フリーゼルみたいな朗らかで開放的なナンバーが飛び出してびっくり。アルバム全体にカントリー・フレイバー漂う奇妙な明るさを散りばめ、新境地を開拓した問題作だ。ニューヨークの個性派ギタリスト、ネイト・ラドリーがリリースしたばかりの3rdリーダー作である。

 参加メンバーは盟友ローレン・スティルマン(as, ts)にマット・パヴォルカ(b)、テッド・プア(ds)と、気心の知れた顔ぶれが揃った。ちなみに主役のラドリーは、スティルマン率いるグループ「バッド・タッチ」のメンバーでもある。

 全9曲すべてラドリーのオリジナル。だが中身は過去作とちょいちがう。アコギを使ったキャッチーなメロディのM-4や、ロック的でノリのいい8ビートのM-5、おおらかで気持ちよいバラードのM-6など、屈折した作風だった今までの彼からは考えられないストレートな曲作りをしている。

 とはいえよく聴くと、たとえば明るく開けっ広げに聴こえるM-1も、中間部ではラドリーらしい翳りのあるコード進行がスパイスとして顔を出す。また憂いのある従来路線の曲もM-2~3、M-7~9と巧妙に散らしている。そんなわけで新・旧路線の楽曲が複雑に絡み合い、アルバム全体が陰と陽のないまぜになった不思議な空間を形成している。意表を突くリズムの変化と七色のコードワークで聴かせる点は相変わらずだ。

 こんなふうに細かく聴くと、楽曲の構成やメロディー&リズム・アレンジに驚くほど凝っているのがわかる。なかでも陰影感のあるメロディがのたうつM-2や、リズミックな導入部がおもしろいM-3、イントロのアコギと冒頭のメロディが鮮烈なM-4、サビがよくギターソロがかっこいいM-8あたりが強く印象に残る。

 振り返ればデビュー盤の「The Big Eyes」(2011年、レヴュー記事はこちら)、セカンド作「Carillon」(2013年、レヴュー記事はこちら)のどちらにも似ていないが、ただし散りばめられたエッセンスはどこか共通している、という不思議なバランスを保っている。

 この3作目で次はどこへ行くのか、見当もつかなくなったラドリーの今後に目が離せない。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。