スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lage Lund / Unlikely Stories

1

Lage Lund (g)
Edward Simon (p)
Ben Street (b)
Bill Stewart (ds)

Recorded: November 5, 2009, at Systems Two Recording Studio, ,NY
Engineer: Michael Marciano (Criss Cross 1321)

ヒリヒリするような緊張感と冷たい殺気が圧倒する

 2005年モンク・コンペで優勝したノルウェー出身のギタリスト、ラーゲ・ルンドが2010年にリリースしたCriss Crossレーベル2作目だ。ノルウェーの厳しい冬を音にしたかのような寒色系のひんやり冷たい肌触り。荒涼としたモノクロームの世界に、凄まじい勢いで速射砲のように無機的なフレーズが繰り出される。メカニカルなマシンっぽい音使いを武器に、スタンダードが象徴する温和なジャズから最も遠い地点に到達したスリリングな問題作。初の全10曲オリジナルで、強烈に 「自分」 をアピールしたアルバムである。

 メンバーは主役のルンドにエドワード・サイモン(p)、リズム隊は売れっ子のベン・ストリート(b)とビル・スチュワート(ds)。ピアノのエドワードが、アーロン・パークスを思わせる華麗なプレイで実に効果的なバッキング&ソロを取っている。自身のリーダー作も含め、彼のベストワークではないだろうか。明らかに彼のプレイが楽曲に緻密さを与え、一段上のものに仕上げている。ルンドのオリジナル作品では、ピアノがカギを握っていると思わせるゆえんだ。

 主役のルンドは正確なピッキングとクールな音使いで押しまくる。ひところ漂わせていたカート・ローゼンウィンケル臭が消え、本作でははっきり独自のオリジナリティを打ち出している。こんな氷のように冷たいギターを弾くギタリストはほかにいない。

 かたやビル・スチュワートのプレイにも目を見張らされる。細やかなシンバルワークと変幻自在の弾むドラミングで楽曲に山あり谷ありの流れを作って行く。同じルンドのCriss Cross 3作目 「Foolhardy」 (2013年、レヴュー記事はこちら) や、先日リリースされた最新作 「Idlewild」 (2015年、レヴュー記事はこちら) でもビルはレコーディングに呼ばれている。よほどルンドの信頼が厚いのだろう。

 さて実はこのアルバム、リリース当時に聴いていた頃はリスナーを拒絶するかのような緊張感について行けず、聴き疲れして及び腰だった。逆に暖かみのあるスタンダードも交えて構成したCriss Crossデビュー作 「Early Songs」 (2008年) のほうが馴染みやすく、作品として上だと思っていた。

 だが本作を聴き込むうちにハードルの高さが消え、だんだんカラダに馴染むようになった。耳障りと感じていた神経質でクールすぎる音使いが逆に気持ちよくなり、アルバムとしての難解さが頭の中でほぐれて行った。そんなわけで今では彼の最高傑作のひとつと認識している。メンバー個々のプレイもすばらしいが、精巧に作り込まれたアレンジにもぜひ注目してほしい。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。