スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Avishai Cohen Trio / From Darkness

1

Avishai Cohen (b)
Nitai Hershkovits (p)
Daniel Dor (ds)

Recorded: May and July, 2014, at Nilento Studios, Sweden
Engineer: Lars Nilsson (Razdaz Recordz RD4616)

チック・コリア風味のハデハデ系・超難度Aクラスのスリル

 過去いままで完全にスルーしてきたベーシスト、アヴィシャイ・コーエン (1970年生まれ) がリリースしたばかりの最新作だ。こわいもの見たさで試しにネット試聴してみたら、なんとデンマークのPhronesisに近い超強烈なピアノトリオだったので速攻ゲットした。

 メンバーは、同じイスラエルの若手でニタイ・ハーシュコヴィッツ(p)とダニエル・ドール(ds)。ニタイは以前、アヴィシャイのデュオ作 「Duende」 (2012) でもフィーチャーされており、一方のダニエルはNYCにあるThe New School for Jazz and Contemporary Musicを2010年に卒業したばかり。重さや太さなど、プレイスタイルがちょっとアントニオ・サンチェスに近い。

 アヴィシャイのリーダー作はなんと通算15枚目を数える。トリオ作としては 「Gently Disturbed」 (2008) 以来の作品になる。よくもまあ今までガン無視し続けてきたもんだ。

 いや、世の中的に 「いま、イスラエル・ジャズがブームだ!」 みたいなマスコミの見え見えの盛り上げ方にずっと抵抗があり、それで避けてきたというのもある。とはいえ、やはり彼らに共通するある種の音楽的な 「脂っこさ」、 濃厚な 「色あい」 がどうも私の皮膚感覚に合わないところが大きい。

 なんせエリ・デジブリは全敗だったし、ギラッド・ヘクセルマンにも痛い目に遭わされてるし。あ、いやトランペッターのアヴィシャイ・コーエンやオマー・アヴィタル(b)、オマー・クライン(p)など、もちろん例外も多いのだが。

 さて私が買ったのは輸入盤なので全11曲だ (日本盤はM-12がボーナストラック)。最終曲のチャップリンによる名曲 「Smile」 以外はすべてコーエンのオリジナルになる。試聴で確認した通り、やはりリズム隊の太さやどっしり感がデンマークのピアノトリオ、Phronesisを思わせる (特にバスドラあたり)

 楽曲的には、リズムの複雑さやテクニカルなところがチック・コリアを彷彿とさせる。ハデハデ系・超難度Aクラスのアクロバチックなテイストだ。ピアノがちょっとラテンっぽいリフを入れたりするところもチック風味か。哀愁を帯びたメロディと、壮絶な離れ業のキメを叩き出す一糸乱れぬ組織プレイ。そして奔流のように繰り出されるインプロヴィゼーション――。全体にまぶしい装飾性を帯び、音数の多さや煌びやかさがひときわ目を引く。

 ひとことで言って音楽というよりサーカスを見せられているような感じ。ぶっちゃけ私には脂っこくうるさすぎて好みじゃないのだが、そういう個人的な好き嫌いは別にして、客観的に言って 「えらいことをやってるなぁ」 という感じはする。要はジェットコースターに乗って 「このハラハラ感がとってもスリリング! 爽快で大好きッ」 と感じるか、「こわい。落ちたらどうするの?」 と思うかの違いというか。ハイ、主観の相違です。

 それにしてもトランペット奏者のほうのアヴィシャイ・コーエンは、マーク・ターナーの 「Lathe of Heaven」 (2014年、レヴュー記事はこちら) でグッと抑えたすばらしいプレイをしていたんだけどなぁ……。まあ肌が合わないもんはしゃーないか。

 てなわけで80代の老人が脂でギトギトのトンカツ食ってるみたいで私にはキツかったが、こういうド派手でわかりやすい音が好みの人にはぴったりハマるかも? 特にチックやマイケル・ブレッカー、アントニオ・サンチェスあたりが好きな人なら鉄板だろう。買う前には試聴することをおすすめします。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。