スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dayna Stephens / I'll Take My Chances

1

Dayna Stephens (ts, bs)
Charles Altura (g)
Gerald Clayton (P, Hammond B3 Organ)
Joe Sanders (b)
Bill Stewart (ds)
Becca Stevens (vo on 6)

Recorded: January 23, 2013, at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: Michael Marciano (Criss Cross 1361)

ひらひらと舞う 「NYスタンダード」 のグルーヴ感

 スーッと滑らかなノリのオープニングから、統一感のあるテイストの曲が続く。絶対に力むことなく、むしろ脱力してふらふらと漂うようなプレイスタイルは、今やマーク・ターナーと並び2010年代の 「NYスタンダード」 になった。バークリー音大出身の若手テナー奏者、デイナ・スティーブンスが2013年にリリースしたキャリア最高傑作である。

 メンバーは現代最強の布陣だ。ギターには若手有望株のチャールズ・アルトゥラを起用し、ピアノには天才ジェラルド・クレイトン。リズム隊はジョー・サンダース(b)とビル・スチュワート(ds)のコンビである。ほかに1曲だけ、ベッカ・スティーヴンズがヴォーカルでゲスト参加している。

 デイナのオリジナル5曲と共作1曲を含む、合計10曲。なんともいえない浮遊感のあるM-1からのったりしたテーマがツボにくるM-3、粘っこくファンキーなM-4、テーマにインパクトがあるM-8、ぐいぐい乗せる4ビートのM-2やM-5、M-9など、これぞ2000年代以降のコンテンポラリー・ジャズの見本という感じ。どれも最高の選曲とアレンジ、コンポジションだ。おそらくどんな好みの人が聴いても 「すごくいい!」 と飛びつくだろう。

 まずなんといってもチャールズ・アルトゥラのうねうねしたギターにはまったく興奮させられる。特にバリバリと空間を引き裂くようなM-2や、ぐっと踏ん張りながらかっこよく粘るM-4、逆に抜き気味のプレイが映えるM-5のソロが印象的だ。泣きをかました哀愁たっぷりのM-8もハマってる。本作で初めて彼を知り、もっと聴きたくてネット検索しまくったが、ほかの参加作が苦手なチック・コリア盤しかなくて泣く泣くスルーした笑えない経緯がある。

 かたやクレイトンのソロも眩しい光を放つ。手探りのような抑え方がたまらないM-1に、細かくリズムを刻むノリのいいM-2、たっぷりためて壮大に盛り上げるM-3のピアノにはうっとりさせられる。サイド参加でこれだけ完璧に一定水準をクリアしたプレイを続けられるという意味では、いまやアーロン・パークスに待ったをかける存在になりつつあるといえるだろう。

 それにしてもこのひょうひょうとしたデイナの軽いノリにぴったり寄り添えるのは、ビル・スチュワートのドラミングならではというところがある。これが例えばエリック・ハーランドなら、良くも悪くももっとずっしり重いノリになる。本作のスチュワートの4ビートのように、スイスイ軽やかに泳ぐようなグルーヴにはならない。

 また個人的には買ったCDにヴォーカルが突然出てきた瞬間いつもゲンナリするのだが、本作ではM-6でベッカ・スティーヴンズが夢見るようなすばらしい歌を聴かせている。この曲は全体の中でいいお飾りになっており、チョイスにセンスを感じさせる。

 最新作 「Reminiscent」 (2015年、レヴュー記事はこちら) をリリースしたばかりのデイナだが、同盤で初めて彼を聴き興味を持った人にはもってこいの1枚。おすすめです。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。