スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Alex Sipiagin / Balance 38-58

1

Alex Sipiagin (tp, flh)
David Binney (as, ss)
Adam Rogers (g)
John Escreet (p)
Matt Brewer (ac-b, el-b)
Eric Harland (ds)

Recorded: October 6, 2014 at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: Michael Marciano (Criss Cross 1378)

男臭さムンムン、新境地を開拓した最新作

 エレクトリック・ベースがメカニカルなフレーズを刻むナンバーで幕が開く。男臭さがムンムンする苦み走ったテイストだ。アダム・ロジャースのかっこいいギターが空間を切り裂く。ロック的な要素を取り入れるなど新境地を開拓したトランペット奏者、アレックス・シピアギンが放つ最新作である。

 メンバーはデビッド・ビニー(as)やアダム・ロジャース(g)、ジョン・エスクリート(p)など、クリスクロス・レーベルではお馴染みのメンバーが揃った。リズムセクションはマット・ブリューワー(b)とエリック・ハーランド(ds)が務める。

 シピアギンのオリジナル5曲にビニーが2曲を持ち寄り、合計7曲。アダム・ロジャースが必殺のソロを決めるM-1や、ふんわりゆらめく魅惑のバラードM-2、畳みかけるようなキメと緩急を使い分けた変化に富むM-3あたりが楽しめた。また全体にダークな色彩が濃いのはいつも通りだが、今回は数曲でエレクトリック・ベースを採用するなど新味を出そうと工夫している。ロックっぽいナンバーM-7の導入もそのひとつだ。

 そんな最近のシピアギンを聴いて思うのは、放っておいても自然にほとばしり出てくる楽想を書き留めて曲にしたというよりも、後天的に身に付けた曲作りのノウハウをマニュアル的に駆使してアルバム作りをしているな、ということだ。

 もちろんそれが悪いわけではなく、プロとはある意味そういうものだ。狙って新しい要素を取り入れながら意図的に目先を変え、リスナーに飽きられることなく 「業」 を営む。それがプロである。

 とはいえそれが高じると、小手先の工夫に囚われすぎ 「仏作って魂入れず」 になってしまうことがある。例えば本作でいえばアレンジしすぎて冗長になったM-4の終盤や、ビニーが作曲したリフを繰り返すだけの単調なロック・ナンバーM-7あたりだろう。

「ロックの分野ならもっと面白い曲がいくらでもたくさんある」、「これを聴くなら本物のロックのほうを聴く」 と私なら思ってしまうので、このM-7にはあんまり乗れない。それより70年代のリトルフィートやジェシ・エド・デイヴィスを1日ぼんやり聴いていたほうがよほど楽しい。もちろん個人的な意見だ。

 そんなわけでシピアギンがプロのノウハウを駆使して作った最新作。プロらしくきっちり一定水準はクリアしており、全体をならしてみれば充分に楽しめる。私みたいに余計なことを考えないほうが、世の中は楽しいのかもしれない。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。