スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jure Pukl / The Life Sound Pictures of Jure Pukl

1

Jure Pukl (ss, ts)
Adam Rogers (g)
Sam Harris (p)
Joe Sanders (ac-b, el-b)
Rudy Royston (ds)

Melissa Aldana (ts on M-3)
Sachal Vasandani (vcl on M-6)

Recorded: September 26, 2014 at the Samurai Hotel Recording Studios, NY
Engineer: David Stoller (FSNT 458)

東欧の鬱蒼と茂った深い森のような暗さがじんわり

 スロベニア出身で、ニューヨークを拠点に活動するサックス奏者、ユーレ・プカルが7枚目のリーダー作を発表した。いかにも東欧っぽい暗くてダークな雰囲気が全体を覆う。フリー的な要素も散りばめられ、「好きな人はすごく好きだがダメな人はダメ」 なリスナーを選ぶジャズである。

 プカルは1977年生まれ。ウィーン音楽院でサックスを学んだ。渡米後はバークリー音大でジョー・ロヴァーノやジョージ・ガゾーンらに師事。2003年のデビュー作 「The Wizard」 以来、コンスタントに6枚のリーダー作をリリースしてきている。

 さてメンバーは豪華絢爛だ。若手ギタリスト界ではもはや帝王のアダム・ロジャースに、ルディ・ロイストンの初リーダー作 「303」 (2014年、レヴュー記事はこちら) での好演が光ったサム・ハリス(p)、そのロイストン本人も参加している。ベーシストはこれまた若手のホープ、ジョー・サンダースを持ってきた。ひとクセもふたクセもある顔ぶれにわくわくさせられる。

 主役プカルのオリジナルが8曲、その他2曲の合計10曲。圧倒的に暗かった前作 「Abstract Society」 (2012) のような救いようのない悲壮感はないが、それでも鬱蒼と茂った東欧の深い森のような空気感が続く。ただし選んだメンバーのせいで適度なコンテンポラリー感があり、その意味ではなかなか楽しめる。

 リズム隊を組むサンダースとロイストンはどっちも 「ハジける系」 でマッチングが抜群にいいし、ハリスのほかにない個性的なピアノソロも魅力的だ。またアダム・ロジャースはいつもより微妙に抑え気味なところが味わい深い。

 楽曲的にはエレクトリック・ベースを採用したノリのいいM-1や、ロジャースがナチュラルトーンで迫るギターソロ入りのM-2がいい。また浮遊感が漂うバラードのM-3、ハリスが弾く例によって不思議系のピアノソロが絶妙なM-5が印象に残った。一方、M-7ではこのテのアルバムでは珍しく男性ヴォーカルをフィーチャーしているが、メロディラインが涼やかで非常によく雰囲気のある歌物に仕上がっている。

 ただひとつ惜しいのは、全体に持って回ったくどいアレンジが頻出する点だ。例えばM-1などは 「いい感じでバンド全体のノリが出てきたな」 と思ったら突然曲の途中でリズムがなくなり、無味乾燥なフリー調に変わってしまう。せっかく前半で生まれたグルーヴ感が台無しだ。

 またM-6は中間部の楽想はいいのに唐突にベースソロで曲が始まる構成にしていたり、M-3にしろわざわざ曲の冒頭を退屈なサックスの独奏で立ち上げる意味がわからない。かたやM-4の頭もつまらないフリー調でスタートする。ひとひねり多すぎるのだ。

 こんなふうに凝り過ぎたアレンジのせいでそれまでの流れがブチ切られ、せっかく盛り上げたバンド全体の勢いが寸断されてしまう。そこがもったいない。あちこちいじり回しているために曲がかえって散漫な印象になり、「聴き続けよう」 とするリスナーの求心力も損なわれる。コンポジション自体はいいのだから、もっとストレートに曲を作ればいいのにと感じた。

 あとは好みの問題だが、やっぱりちとテイストが暗いかなぁ。とはいえこればっかりは彼の個性なんだろうから、まあしゃーないか。

2
Pukl's Web Site: http://www.jurepukl.com/

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。