スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chris Lightcap's Bigmouth / Epicenter

1

Chris Lightcap (b, ac-g, org)
Craig Taborn (el-p, ac-p, org)
Tony Malaby (ts)
Chris Cheek (ts)
Gerald Cleaver (ds, per)

Recorded: December 16-17, 2013, at Brooklyn Recording, NY
Engineer: Andrew Taub (Clean Feed CF315CD)

才人ライトキャップの摩訶不思議な世界

 ひとクセもふたクセもある超豪華メンバーが織り成す摩訶不思議な音の世界。ジャズに軸足を置きながら、ちょっとだけポップ、でもフリーやロック、ミニマルの要素もある。それらをミクスチャーしながら、高度なテクニックとアレンジでハイセンスに聴かせる。そのボーダレスな音楽性が聴き手の固定観念を消し去り、頭の中をすっかり洗い流してくれる――。

 前回紹介したジェイコブ・サックス作品とは方向性が違うが、聴く人を選び、この音にハマれる人とそうでない人にハッキリ分かれるという意味では同じだ。トニー・マラビー、クリス・チークの対照的な強力二管が跳梁し、夢魔の地平が姿を現す。才人ベーシスト、クリス・ライトキャップがリリースしたばかりの最新作である。

 メンバーは、前述したダブル・テナーにワサビを利かせるのがクレイグ・テイボーン (p)。かたや低音組は主役のライトキャップ(b)と業師ジェラルド・クリーヴァー(ds)がタッグを組む。いずれもマルチな才能を持ち、ジャズをどう料理して聴かせるか? をテーマに活動している人脈だ。

 ライトキャップのリーダー作としては、今回とほぼ同じメンバーでレコーディングした前作 「Deluxe」 (2010年) に続く作品になる。自身のオリジナル7曲に、ルー・リードの 「All Tomorrow's Parties」 を加えた合計8曲を用意した。個人的にはM-3~4、M-6~8が印象に残った。

 まずM-3は冒頭のスリリングなベースソロに前衛的なピアノが乗っかってくる不穏なムードのナンバーだ。脱力し、当てどもなく彷徨するチークのソロがおいしすぎる。ドラムはおもちゃのタイコのようにドコドコ叩きまくり。最後はマラビーがアヴァンギャルドに決めて安息を得る。

 続くM-4はヒーリング・ミュージックのように静謐なナンバーだ。全編を覆うゆったりたゆたうサックスが心地いい。緊張感のあるトンガった曲が居並ぶ中で唯一ホッとさせてくれるオアシスのよう。一方、妖しいリフを刻むベースが麻薬のように効いてくるM-6は、ソロ一番手のチークがなんともいえない侘びサビ感を演出している。スパイシーなエレピのソロをはさみ、三番手のマラビーが力強く咆哮して再度テーマを呼び込む。冴えたコンポジションである。

 M-7は弱々しくたなびく2本のサックスとピアノの響きがスペーシーな広がりを感じさせる。小刻みなペースのリフレインと大らかなテナーの音の伸びの対比が効果的だ。たくさんの音で空間が満たされ、密度の濃い至福の時が流れて行く。ミニマル的な快感を生み出す魔術のような曲である。

 最終曲のM-8はロックのリズムに乗り、2本のテナーが同時にインプロを繰り広げる。だがそれをソロとしてではなく効果音として聴かせるような狙いが見える。ピアノが背後で狂ったように跳ね回り、かと思えばいつのまにかテナーがメインメロディに戻って静かにエンディングを迎える。

 なおこの最終曲は、伝説のロック・バンド、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのデビュー盤 「The Velvet Underground and Nico」 (1967年) の6曲目に収録されていたルー・リードのナンバーだ。アンディ・ウォーホールのバナナの絵のジャケットで有名なあれ、である。この曲を最後に持ってくるあたり、ライトキャップの芸術に対する思い入れを覗かせる。アルバム全体に詰め込んだエッセンスの多彩さといい、きっと多芸多才な人なんだろうな。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。