スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Matthew Stevens / Woodwork

1

Matthew Stevens (g)
Gerald Clayton (p)
Vicente Archer (b)
Eric Doob (ds)
Paulo Stagnaro (per)

Recorded: May 26-27, 2014, at the Clubhouse Studio, NY
Engineer: Paul Antonell (P-VINE RECORDS PCD-93908)

若手イチ押しギタリスト、待望のデビュー作見参

 ひとことでいってクールな枯山水。淡々としていて端正な音だ。まったく新しいコンテンポラリー・ジャズの地平を提示している。あえていえばずっと共演してきたトランペット奏者、クリスチャン・スコットの作品世界に近い。若手ギタリスト、マシュー・スティーヴンスがリリースしたばかりのデビュー作である。

「わかりやすさ」 みたいな言葉とは対極にある世界だ。かなりアレンジは凝っているが、耳に残るリフやキャッチーな仕掛けをほとんど使ってない。そのためハデさはないからパッと聴きではピンとこないかもしれない。だが2~3日聴くうちすっかり気持ちよくなってくる。典型的なスルメ盤だ。

 若いのにずいぶん渋い作りでまとめてきたなぁ、という感じ。ちょうど同じ時期にリリースされた、ホットで派手でひたすらわかりやすいジョン・パティトゥッチの新作 「Brooklyn」 (2015年) とはまるで対照的な音である。

 メンバーは天才ピアニストのジェラルド・クレイトンに、粘っこいノリのヴィセンテ・アーチャー(b)が目をひく。あとはエリック・ドゥーブ(ds)とパウロ・スタナーロ(per)。M-4とM-5でクレイトンが緊張感のあるすばらしいピアノソロを披露している。欲をいえばドラムが軽くてやや物足りないが、まあ及第点だろう。

 ちなみにマシューは今年2015年1月に自己のトリオ・ユニットを率い、ベン・ウィリアムス(b)、ジャマイア・ウィリアムス(ds)という豪華メンバーで来日している。生で観た人もいるだろう。

 さて本作はマシューのオリジナル12曲に、デヴィッド・ボウイの 「Sunday」 を加えた計13曲。熱くエネルギッシュで有機的、とはいえないが、かといって無機的というのともちがう。似た作風のミュージシャンが思い当たらない。その意味ではオンリーワンといえるだろう。聴く人を選ぶタイプのジャズだが、比較的テイストが近いクリスチャン・スコットの諸作よりデキは上かもしれない。

 マシューのプレイはギターソロを熱くバリバリ弾きまくる、というよりもテーマっぽいリフを提示したり、緻密なバッキング構成で貢献している。全体のアンサンブルで聴かせる典型的なコンポーザー・タイプだ。楽曲を重視してけっこう音色を変えながら、それぞれの曲に個性的な表情をもたらしている。

 このあたりは、サイド参加で実績を積み上げてきた彼ならではのアプローチだろう。とはいえもちろん、ほとんどの曲ですばらしくテクニカルなソロを決めたり、アコギも披露している。意味もなく速弾きに走ったりせず、フレーズで聴かせるいいギターを弾く。

 彼はつい先日リリースされたばかりの盲目の若手ピアニスト、ジャスティン・カウフリンの秀作 「Dedication」 (2015年、レヴュー記事はこちら) でも獅子奮迅の活躍をしている。興味があればぜひ聴いてみてほしい。かなりいい作品だ。

 マシュー (愛称マット) は、1982年カナダのトロント生まれ。バークリー音楽院では、最優秀ギタリストに授与されるジミ・ヘンドリックス賞を受賞している。バークリー卒業後はニューヨークに拠点を移し、クリスチャン・スコットの3作目 「Rewind That」 (2006年) に参加。以降、「Christian aTunde Adjuah」 (2012年) までクリスチャンの4作品でプレイし、楽曲提供もしている職人肌だ。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。