スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jason Palmer / Wondaland

1

Jason Palmer (tp)
Godwin Louis (as)
Greg Duncan (g)
Luke Marantz (el-p)
Dan Carpel (b)
Lee Fish (ds)

Recorded: December, 2014
Engineer: Chris Sulit (SteepleChase SCCD31800)

今度の新作は人気R&Bシンガー、ジャネール・モネイのカバー集だ

 軽快でダンサブルな独特のリズムがトレードマークの個性派トランペッター、ジェイソン・パーマー。彼がリリースしたばかりの今度の新作は、1985年生まれの人気R&Bシンガー、ジャネール・モネイの楽曲をカバーしたゴキゲンなアルバムである。


 題材になったジャネールは、これまでグラミー賞に6回ノミネートされている売れっ子だ。2010年にデビュー・アルバム「The ArchAndroid」をリリース。第53回グラミー賞で最優秀コンテンポラリーR&Bアルバム賞にノミネートされた。また2013年にリリースした2ndアルバム「The Electric Lady」は、ビルボードチャートで全米最高5位をマークしている。


 さてメンバーを見ると、2013年モンク・コンペ3位のゴッドウィン・ルイス(as)、2009年Gibson Montreux Guitar Competitionファイナリストのグレッグ・ダンカン(g)やリー・フィッシュ(ds)など、過去パーマー作品に参加していた旧友たちが帰ってきた。で、内容は「こうでなくっちゃ」のパーマー節である。


 それにしてもここまで徹底して同じリズムパターンだと、逆に感心してしまう。きっと「オレはこれだ!」みたいな確信があるのだろう。この躍り上がるようなノリを聴いていると、つい知らず知らずのうちにカラダでリズムを取ってしまう。「スタイリッシュ」などという言葉とはまるで真逆の、いい意味で洗練されてないネイティヴな舌触りがいつも通りだ。

 それにパーマーの奏法もまったく変わりない。ストレートで重くエネルギッシュなトランペッターが多いなか、ひょうひょうとした軽いノリで上澄みをすくうような独特のプレイをする。またパット・メセニー的で叙情性が漂うダンカンのギターも相変わらずだ。

 だがワンパターン一辺倒だけじゃない。カバー集だけに原曲のもつ味わいが生かされ、いつものパーマー作品とくらべ哀愁を帯びたメロディーがそこかしこに散見される。特にM-5のリピートされる秀麗なフレーズと、キリリと大吟醸なギターソロには痺れる。

 ただ前作のミニー・リパートン集「Take a Little Trip」(2012年、レヴュー記事はこちら)に引き続きカバー集が相次いだので、次回あたりはオリジナル楽曲でバッチリ決めてほしい。期待してます。


スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。