スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Harris Eisenstadt / Canada Day IV

1

Nate Wooley (tp)
Matt Bauder (ts)
Chris Dingman (vib)
Pascal Niggenkemper (b)
Harris Eisenstadt (ds)

Recorded: January 25, 2015, at Water Music, NJ
Engineer: Sean Kelly (Songlines Recordings SGL1614-2)

ちょっとフリーをまぶしたラルフ・アレッシ風、音の玉手箱

 カナダ・トロント出身の若手ドラマー、Harris Eisenstadtがリリースしたばかりの最新アルバムだ。作品のテイストはどこかミステリアスであのラルフ・アレッシを思わせる。トランペット奏者ネイト・ウーリーやサックス奏者マット・バウダーなどフリー人脈を迎え、ちょっとフリーのエッセンスをまぶしたうつむき系のコンテンポラリー・ジャズである。

 全7曲すべてハリスのオリジナル。このテのちょっと妖しい作品には欠かせない曲者ヴィブラフォン奏者、クリス・ディングマンが効いている。ワァ〜ンと余韻をたなびかせるヴィブラフォンの響きがなんとも面妖だ。

 とはいえラルフ・アレッシ作品と同様、ただ妖しいだけじゃない。おどけたようなアレンジやきっちりノリのいい部分も作りながら、アルバム全体を通して飽きがこないよう工夫している。昨今の若手ミュージシャンの例にもれず、演奏だけでなくコンポジションまですべて含めたトータルで作品として押し出してくる熱量がある。

 そういえば日本の歌謡曲もざっくり70〜80年代までは「歌手」と「作曲家の先生」がハッキリ別だったが、その後「シンガー・ソング・ライター」なる言葉がもはや死語になるほど一般化し、両者の区分けがどんどんなくなっていったなぁ、などと本題とまったく関係ない感慨に耽ってしまった。

 てなわけで秋の夜長に物思いに耽るにはオススメの思索系ジャズ。お好みの人はぜひどうぞ。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

いつも楽しく拝読しています。
とても貴重な情報を提供して下さり、ありがとうございます!

こんばんは。

ありがとうございます!
励みになります。

今後ともよろしくお願いします。
非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。