スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Opus 5 / Tickle

1

Seamus Blake (ts)
Alex Sipiagin (tp, flh)
David Kikoski (p, el-p)
Boris Kozlov (b)
Donald Edwards (ds)

Recorded: August 15, 2014, at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: Michael Marciano (Criss Cross 1383)

なんだか「頭で」こねくり回して作った音だ

 彼らの新作を聴くのは毎回、楽しみだ。リズムアレンジに凝り、あのテこのテで2010年代の新しいハードバップのスタイルを提示するユニット、OPUS 5の4枚目のニューアルバムである。はてさて、今回はいったいどんな仕掛けが隠されているのだろうか?

 メンバーはいつも通りのスタメンがならぶ。シーマス・ブレイク(ts)とアレックス・シピアギン(tp)をフロントに、デヴィッド・キコスキ(p)、ボリス・コズロフ(b)、ドナルド・エドワーズ(ds)がリズムセクションをつとめるクインテットである。

 全7曲すべてメンバー各自が持ち寄った。のっけから思わせぶりなドラムソロで幕が開く。そしてラストナンバーは導入部にベースソロをあしらう、という起承転結ぶりだ。

 ただし残念ながら、今回の新作はどうも退屈だ。もともと音を作り込むタイプの彼らだが、今回はかなり「頭で」こねくり回して作っている感じがする。だから「カラダで」素直に音楽を楽しめない。

 あれこれアレンジにを凝りまくり、飽きさせない工夫はしてあるのだが……かえってそれらの細工が心に響かない。なんだか仏作って魂入れず、な感じがする。

 いやぁ、それがコンセプトなのはわかりますよ。でも、さすがにここまでアレンジしまくらなくてもいいのでは? もうちょっとストレートに音を出したほうがいいんじゃないか? どうもアレンジの塊を耳にねじ込まれているようで、原曲のよさが伝わってこない。

 メロディがあまり耳に残らないし、かといって丁々発止のインタープレイが展開されるわけでもない。とにかくひたすら人工的なアレンジの塊だけがそこにある、みたいな感じ。

 セカンドやサードアルバムもかなり凝った造りだったが、程よいところで止めていた。その意味じゃ湯加減がちょうどよかった。だがその凝りようがさらに高じて、今回はこうなってしまいました、てなところ。

 とはいえ彼らのファンで、いつも新作を待ち望んでいる人なら楽しく聴けるのだろう。要は好みの問題だ。私はどうしても素材(楽曲)のよさを重視するので、こういう聴き方になる。なのでまあ、そのへんは話半分で参考程度に聞き流してくださいな。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。