スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2015 イチ押し新譜ベストテン】 年間ランキング ~こいつは聴き逃すな

【1位】Jeremy Udden - Nicolas Moreaux / Belleville Project (←クリックするとレヴュー記事へ。以下、同)

1

Jeremy Udden (as, pump organ, Prophet 5)
Nicolas Moreaux (b, toy piano)
Robert Stillman (ts, p, pump organ)
Pierre Perchaud (ac-g, el-g, banjo)
RJ Miller (ds)
Pete Rende (CS-60, Prophet 5, pump organ, organ)

ミクスチャー職人が大活躍した2015年

 2015年は、ジャズと他ジャンルをミクスチャーした斬新な作品群が新しいうねりを生み出した年だった。ミュージシャン名を挙げれば、ジェレミー・ユーディーンやクリス・モリッシー、マーク・ジュリアナ、クリス・ライトキャップあたりである。

 彼らの作品にはジャズとポストロック、インディー・フォーク、カントリー、スローコア/サッドコア、エレクトロニカなど種々雑多な音楽が万華鏡のようにブレンドされ、もはや音楽をジャンルで語るのが不毛になった感すらある。

 そこでは歴史的にジャズのトレードマークとされてきたテクニカルなインプロヴィゼーションやインタープレイの意義が薄れ、構成の妙やアンサンブルなど、むしろ楽曲自体の存在価値がみるみる高まってきた。自分のアルバムにスタンダードや往年のジャズメン・オリジナル等を入れず、自身が書き下ろしたオリジナル楽曲で勝負するミュージシャンがふえたのもその流れだろう。

 そんななかにあって、ジェレミー・ユーディーンが今年前半にリリースしたこのアルバム「Belleville Project」は、彼のミクスチャー芸がもはや究極にまで昇華した自身最高傑作といっていい作品である。こけ脅しの奇抜さや大仰さがまるでなく、だれもが楽しめる自然なリラックス感がウリ。手軽にiPodにでも入れ、春になったらオープン・カフェでなごんでくださいな。

【2位】Danny Grissett / The In-Between

2 コンポラ路線に舵を切った野心作

Danny Grissett (p)
Walter Smith lll (ts)
Vicente Archer (b)
Bill Stewart (ds)

【3位】Jesse Van Ruller / Phantom -The Music of Joe Henderson

1 ジョー・ヘンダーソンへ捧げるオマージュ

Jesse Van Ruller (g)
Clemens Van Der Feen (b)
Joost Van Schaik (ds)

【4位】Matthew Stevens / Woodwork

4 若手ギタリスト待望のデビュー作

Matthew Stevens (g)
Gerald Clayton (p)
Vicente Archer (b)
Eric Doob (ds)
Paulo Stagnaro (per)

【5位】Dayna Stephens / Reminiscent

5 漂流感のあるグルーヴが心地いい

Dayna Stephens (ts, ss, bs)
Walter Smith III (ts)
Aaron Parks (p)
Mike Moreno (g)
Harish Raghavan (b)
Rodney Green (ds)

【6位】Alex Norris / Extension Deadline

6 現代オルガン・ジャズの威力

Alex Norris (tp, fl)
Gary Thomas (ts)
George Colligan (org)
Rudy Royston (ds)

【7位】Rotem Sivan Trio / A New Dance

7 ささやくようにギターを弾くイスラエル人

Rotem Sivan (g)
Haggai Cohen-Milo (b)
Colin Stranahan (ds)

【8位】Chris Carroll / Current Shifts

8 怪人レズ・アバシ参加の快作コンポラ

Chris Carroll (ds)
Rez Abbasi (g)
Apostolos Sideris (b)
Roman Filiu O Reilly (as, ss on 4, 5, 6)
Alejandro Aviles (as on 2, 3, 7)
Milton Barreto (ts on 2, 3, 7)

【9位】Mark Guiliana Jazz Quartet / Family First

9 ミクスチャー系ジャズの華

Mark Guiliana (ds)
Chris Morrissey (b)
Shai Maestro (p)
Jason Rigby (ts)

【10位】Chris Lightcap's Bigmouth / Epicenter

10 才人ライトキャップの摩訶不思議な世界

Chris Lightcap (b, ac-g, org)
Craig Taborn (el-p, ac-p, org)
Tony Malaby (ts)
Chris Cheek (ts)
Gerald Cleaver (ds, per)
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。