スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jae Sinnett / Zero to 60

1

Jae Sinnett (ds)
Ralph Bowen (ts)
Allen Farnham (p)
Hans Glawischnig (b)

Recorded: September 2015, at Bias Studio, VA
Engineer: Bob Dawson (J-Nett Music 8120)

肉汁したたるレアステーキのようなこってり盤

 ラルフ・ボウエン(ts)が火の玉みたいに吹きまくる。力強くホットな4ビートの饗宴が繰り広げられる。渋さ満開のベテラン・ドラマー、Jae Sinnettが発表したばかりの好盤だ。

 Jaeは1986年にデビュー盤をリリースして以来、本作も含め14枚のリーダー作を発表している。いままで作曲した楽曲は150曲以上。本作は2年ぶりの作品になる。

 メンバーはボウエンに加えアラン・ファーナム(p)、ハンス・グラヴィシュニク(b)と、主役に劣らず渋いところが揃った。その肝心の主役はツボを心得た音数の少ないドラミングで、リーダー作だというのに出しゃばらずチームの骨格になっている。

 1曲を除きすべてJaeオリジナルの計10曲。肉汁がしたたり落ちるレアステーキのような盤である。とにかくこってりドラマチックで熱い、熱い。わかりやすく、だれもが楽しめるこの爽快感と豪快さはすばらしい。

 おまけに楽曲がどいつもこいつもカッコいい。キメのひとつひとつが効いており、テーマもバッチリ決まってる。別段「新しさ」なんてどこにもないが、ふと気がつくと我を忘れてカラダがリズムを取っている。ジャズの、というより音楽の醍醐味ってこれだよなぁ、と忘れていたものを思い出す。

 エネルギッシュでノリノリのジャズが好みの人には絶対おすすめ。汗が飛び散るジャズでなければジャズじゃない、というあなたにはピッタリの1枚だ。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。