スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bill Stewart / Space Squid

1

Bill Stewart (ds)
Seamus Blake (ts, ss)
Bill Carrothers (p)
Ben Street (b)

Recorded: September 23-24, 2014, at Sear Sound Studio, NY
Engineer: Jon Rosenberg (Pirouet Records PIT3089)

明るさと不安感が同居する不思議な世界

 ある場面では明るく陽気だなぁ、と感じさせるが、別の瞬間にはやたら不安感を煽られる。暗く落ち着かない気分がめらめらめらと湧き上がる。人気ドラマー、ビル・スチュワートの今度の新作は、そんな相反する真逆のエッセンスが同居する不思議なテイストだ。

 いったいなぜか? それはピアノとサックスが狙いすまして正反対の音使いでプレイしているからだ。ビル・キャロザーズ(p)とシェイマス・ブレイク(ts)。現代ジャズを代表する2人の役者である。

 キャロザーズは繊細でナイーヴ、不安をかき立てるような異端なハーモニー漂う独特のピアノを弾く。キャリア初期にサイド参加したジェイ・エプスタイン盤「Long Ago」(1997年)の頃からスタイルはまったく変わってない。本盤ではそんな彼のユニークな持ち味がアルバム全体に色濃く反映されている。

 例えばサックスが奏でる主旋律を聴けば暖色系の基調であるはずのM-1などは、ピアノの冷たいフレーズ感のせいで逆に寒色系の装いをまとっている。もちろんこれはM-1だけでなく、ほかのすべての楽曲にいえる。サックスのシェイマス・ブレイクが暖かみのある明るいフレージングでプレイしているのと好対照で、彼ら2人が演出する真逆のテイストがアルバムにミステリアスな彩りをもたらしている。

 統一感がないといえばその通りだが、逆に彼らの狙ったミスマッチぶりが実におもしろい効果を上げている。リスナーの脳内に意図的に違和感を作り出すことに成功している。

 ゆえに初めて聴いた瞬間には「なんだこれは?」と思わされるが、何度も聴いているうちに「なるほどそうか」と説得力が湧く。ひとことでジャズといってもいろんな切り口があるんだなぁ、と妙に感心してしまう。その意味ではジャズの懐の深さと幅の広さを教えられるアルバムだ。

 わかりやすいジャズではなく捻りが利いているが、繰り返し聴くほどに新しい発見がある。飽きない盤だ。ストレートに躍動する陽性のジャズが好みの人にはウケないかもしれないが、単純明快じゃないチトひねくれた音が好きな人には向く。思索に耽りたい冬の夜長におすすめの1枚である。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。