スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Avishai Cohen / Into The Silence

1

Avishai Cohen (tp)
Bill Mchenry (ts)
Yonathan Avishai (p)
Eric Revis (b)
Nasheet Waits (ds)

Recorded: July 2015, at Studio La Buissonne, France
Engineer: Gerard de Haro (ECM 2482)

静まり返った街に朝もやが漂う

 トリオで暴れまくった「Triveni」三部作を経て、あの乱暴者のアヴィシャイをECMがこう変えたーー。しんと静まり返った朝の街に、ゆったり漂う朝もやを音にしたような盤。叙情的で、どこまでも粛然とした地平が広がる。トランペット奏者、アヴィシャイ・コーエンがリリースしたばかりのECM初リーダー作である。

 メンバーはまずイスラエル人ピアニストのヨナタン・アヴィシャイ。彼はこれまでアヴィシャイとさまざまな形で共演してきている。ドラマーのナシート・ウェイツも同じだ。そのほかビル・マクヘンリー(ts)とエリック・レヴィス(b)が加わっている。

 すべてアヴィシャイによるオリジナルで合計6曲。このアルバムは彼の父デヴィッドとの思い出に捧げられており、父の最期の日々を描いている。 ちょうどアヴィシャイが参加したマーク・ターナーの「Lathe of Heaven」(2014年、レヴュー記事はこちら)から、激しさや刺激成分を抜いたようなテイストだ。アブストラクトなところはかなり共通項がある。

 一曲が長く複雑な構成を取っており、各人のインプロヴィゼーションがふんだんに盛り込まれている。とはいえきっちりアレンジした部分もあり、フリーのように出たとこ勝負の音ではない。

 ある面では環境音楽のようでもあるし、またある面ではミニマリズムの影響を受けているような感じもある。仕事で疲れているときに、かけっぱなしにして何も考えずボーッとしていれば気持ちよくなれそうな音だ。

 ただしこういうジャズをやるなら、なぜナシート・ウェイツを起用したのだろう。彼は荒削りな激しさを叩かせてこそ生きるドラマーのような気がするが。ただそれをいうならなぜエリック・レヴィスを使うんだ? って話になるか。

 いやぁ、ECMだからやっぱりこういう静けさ系になるんだろうけど、このメンツを見てもっと骨のある音を予想していた。でもタイトルが「Into The Silence」なんだから読んで字のごとしか。いやはや、参りました。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。