スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jeremy Pelt / #jiveculture

1

Jeremy Pelt (tp)
Danny Grissett (p)
Ron Carter (b)
Billy Drummond (ds)

Recorded: September 9, 2015, at Systems Two Recording Studios, NY
Engineer: Joe Marciano (High Note HCD7285)

ペルトがストレート・アヘッドな世界に帰って来た

 しばらくエレクトリックな世界をさ迷っていた僕らのペルトが、久しぶりにストレート・アヘッドな世界に帰って来たーー。若手No.1トランペッター、ジェレミー・ペルトがリリースしたばかりの最新作である。今回は盟友ダニー・グリセット(p)のほか、巨匠ロン・カーター(b)、ビリー・ドラモンド(ds)を従えた渋いメンバー構成になっている。

 ペルトは2008年にリリースしたアルバム「November」から、ダニー・グリセットら5人のレギュラーメンバーにより60年代マイルス風味のアルバム作りをしていた。で、「Men of Honor」 (2010年)、「The Talented Mr. Pelt」 (2011年)などの傑作を世に送り出していた。

 ところが2012年に発表した「Soul」(レビュー記事はこちら)から雰囲気が微妙にあやしくなり、「これは煮詰まってきたかなぁ?」と思ったら案の定。次作から突然、作風をまるっきり変えてしまった。その「作風」なるものが全然好みじゃなかったのでひたすらスルーし続けてきたが、今回こっちの世界にまた戻ってきたようなので取り上げる。

 ペルトのオリジナル5曲にロン・カーター曲、スタンダード2曲の合計8曲。リリースノートを見るとM-1〜M-4が「パート1」、オリジナル曲のみで構成するM-5〜M-8を「パート2」としている。これはなんだろう?

 さてフタを開けてみると、アルバム前半は50年代を思わせる大らかなメジャー志向の4ビートだ。「ああ、それでロン・カーターを起用したのか」などと思っていたら、後半になると一転して翳りのあるひねったコンテンポラリー・ジャズに変わった。

 つまり前半は「過去への郷愁」、後半は「現代ジャズ最前線」をパックにし、アルバム構成したわけだ。とすれば個人的には、前半より後半のテイストでアルバム1枚を通して欲しかったが……まあ、たまにはこういうのもいいか。

 パート2の最中に挟まったM-7のバラードがまた滅茶カッコいいのなんの。やっぱりペルトはこうでなくっちゃ。ということで次回作も後半の路線でお願いします(また突然、気まぐれに作風を変えそうで怖い)。名匠ジョー・マルシアーノがエンジニア、内藤克彦がミキシング&マスタリングを手がけた音質もすばらしい。おすすめです。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。