スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Patrick Cornelius / While We're Still Young

1

Patrick Cornelius (as, ss, fl)
Jason Palmer (tp)
John Ellis (ts, b-cl)
Nick Vayenas (tb)
Miles Okazaki (g)
Gerald Clayton (p)
Peter Slavov (b)
Kendrick Scott (ds)

Recorded: December 14, 2014, at Avatar Studios, NY
Engineer: Tyler McDiarmid (Whirlwind Recordings WR4682)

しゃれたテイストと壮麗なアレンジがまぶしい

 豪華な衣装を身にまとった貴婦人のようなアルバムだ。総勢4管でホーンアレンジをばっちり決め、ツワ者たちが次々にソロを取る。洒脱なテイストと壮麗な音の厚みで圧倒する。NYの若手サックス奏者、パトリック・コーネリアスがリリースしたばかりの5枚目になるリーダー作だ。

 NY人脈を散りばめたメンバーも豪華である。鬼才ジョン・エリス(ts)が目についたかと思えば、真正天才ジェラルド・クレイトン(p)、元M-BASE派のマイルス・オカザキ(g)までいる。これでボトムを支えるのがケンドリック・スコット(ds)なんだから言うことはない。

 アルバムは全6曲すべてコーネリアスによるオリジナルだ。長い曲が多く、10分近いものが半分の3曲も収録されている。この楽曲の長さは裏を返せば、作品を追うごとにコンポーザー志向を強めて行った彼が、いかにアレンジ面を練り上げて作ったかを表している。

 だがその意図はわかるが、いかんせんちょっとアレンジ過多だ。重厚といえば重厚だが、各楽曲が本来もって生まれたダイヤモンドの原石のような素の魅力が薄れてしまっている気がする。編曲という厚化粧で塗り固めたため地肌の美しさが伝わってこない、みたいな感じ。装飾が多すぎるのだ。

 もちろんある種交響曲のような本作の厚みある音が好きだ、という人はいるだろう。だが個人的には、残念ながら気持ちよく聴けない。例えばしだいに演奏が熱を帯び盛り上がってきたというのに、突然キメが入ってめまぐるしくリズムパターンが変わり、という調子が続く。しゃべりすぎるアレンジのせいでせっかくのノリが寸断されてしまう。「演奏者が乗ってるんだから、もっとストレートにビシッと最後まで通してほしい」的な不完全燃焼が残る。コーネリアスは、ちょっと頭でっかちになっているんじゃないか?

 振り返ればコーネリアスの2nd盤「Fierce」(2010年、レヴュー記事はこちら)は、ワイルドな魅力にあふれたアルバムだった。その奔放な作風は次作の「Maybe Steps」(2011年)にも受け継がれ、前作とくらべ装飾的な要素も加味したバランスのとれた良盤になっていた。

 その後、彼のアレンジ重視の傾向は4作めの傑作「Infinite Blue」(2013年、レヴュー記事はこちら)で結実し、ひとつの頂点を極めたといえる。で、その次に出たのが本作である。印象としてはアレンジに凝りまくる路線がさらに高じ、もはや作品として許容できる限界点を越えてしまった感じがする。いや、もちろんこの華美な音作りが「いい」と感じる人はいると思うが、個人的にはあまり乗れない。

 てなわけで次回作は原点に帰り、ひねりすぎずにもっとストレートな音が聴きたいなぁ、とそっと呟いておくとしよう。

ここに音源あり
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。