スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Joonas Haavisto / Blue Waters

1

Joonas Haavisto (p)
Antti Lotjonen (b)
Joonas Riippa (ds)

Recorded: February 27-28, and April 20-22, 2009, Finland
(Rockadillo Records ZENCD2130)

フィンランド産ピアノトリオが紡ぐ氷の夢

 いま圧倒されて口もきけない状態になっている。途方もない埋蔵量の金脈を掘り当てたような気分である。1982年フィンランド生まれのピアニスト、ヨーナス・ハーヴィストが2009年にリリースしたデビュー作。どこまでも透明でモノクロームのめくるめく永遠が続く。

 いままで過去に聴いたピアノトリオでベスト3をあげるとしたら、ブラッド・メルドー、マーク・コープランド、そしてこのヨーナスだろう。それほど独自の個性と鮮烈なインパクトがある。一撃でリスナーを捕らえる武器をもっている。

 彼はこれまでに2nd盤の「Micro to Macro」(2012年、レビュー記事はこちら)、3rd盤「oku」(2016年、レヴュー記事はこちら)を発表しているが、このデビュー作がいちばん耳に残るメロディーが多くてわかりやすい(ポップという意味ではない)。初めて聴く人にはやや重苦しい最新作の3rd盤より、完成度が高い2nd盤か本作をおすすめしたい。

 1曲を除きすべてオリジナルの全8曲。ぎらぎらとエネルギッシュで熱い音か? サラサラと静かに流れ出す清水のような音か? といえば明らかに後者だ。いや案外ノリのいい曲もやっているのだが、決してわかりやすくホットに熱くならない。しんしんと底冷えのする氷室から密やかに漏れ出す音、という感じ。極寒で自然が厳しい故国フィンランドの空気感に満ちている。極めて現代的なジャズである。

 3rd盤の日本語版解説にはキース・ジャレットの影響を受けていると書いてあったが、ぶちゃけ、この人は誰にも似ていない。彼にしか放てないとっておきの音の言霊をもっている。ヘルゲ・リエン・トリオみたいに絶対ポップにならないでほしい。どうかこのままそっと、たおやかに。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

松岡美樹

Author:松岡美樹
予定調和じゃない最近のJAZZが好物です。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。